2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リコー・エルニカな年末

2007_12_30_ricoh_elnica_012_05

2007_12_30_ricoh_elnica_012_06

2007_12_30_ricoh_elnica_012_07

2007_12_30_ricoh_elnica_012_09

2007_12_30_ricoh_elnica_012_10

2007_12_30_ricoh_elnica_012_12

2007_12_30_ricoh_elnica_012_14

2007_12_30_ricoh_elnica_012_15

2007_12_30_ricoh_elnica_012_18

2007_12_30_ricoh_elnica_012_19

2007_12_31_ricoh_elnica_012_25

お正月写真の最中ですが、年末を挟みます。

久しくエルニカ35を使ってなかった、しかもモノクロは撮ってないぞ!と思い、コダックPlusXを詰め込んでブラブラした時のもの。

年末まで撮影して現像タンクに入れたものの帰省準備で忙しく、タンクのまま放置してました(苦笑)やっと現像したぁw

長尺フィルムを詰替えたのですが、カシメ部分がちゃんと閉まってなかったのか、フィルムの最初の方、光が被ってました。次に詰替える時は気をつけよう。。。

エルニカは骨太な感じに写るはずなのですが、このスキャン画像を見る限りではそうでもないですねぇ。。。どうも、スキャンすると明るめになるらしく、他のカメラで撮った写真も少しオーバー目に出てきます。たぶん、暗室でプリントするともっと黒が締まるはずだが。。。(ネガはそんな感じ。) スキャン時に露出調整した方がいいかな?いつも横着してオートだから明るいのかも。。。

風景はというと、年末って感じでひとけがございませんです。ガランとしてますなぁ。。。郊外の住宅街とはこんなもんですかね。

真ん中辺りの写真。閉店してしまったイタリアンレストランです。店の名前を外した跡が残ったまま、いまだに新しいテナントが入りません。この店、気に入っていてたまに食事に行ってました。いつも年末にはイタリアンお節を注文、31日に自転車で取りに行ってたのになぁ。。。残念です。。。

サンタ帽を被ったスイカのペンギンは新宿南口JRビルの前。今回はサザンテラスのイルミネーションを撮りに行かなかったので、年末までペンギンの存在を知りませんでした。これって、新しい試みですよね?今までは居なかったと思う。ペンちゃん、カワイイ!!!ペンギンはモノクロなので白黒写真でよかったわけですが、カラーでも撮りたかったなぁ。。。

灘から三宮へ向かうがありゃ? リコーエルニカ35

2007_04_06_ricoh_elnica_011_0

2007_04_06_ricoh_elnica_011_01

2007_04_06_ricoh_elnica_011_02

2007_04_06_ricoh_elnica_011_05

2007_04_06_ricoh_elnica_011_06

2007_04_06_ricoh_elnica_011_07

2007_04_06_ricoh_elnica_011_08

2007_04_06_ricoh_elnica_011_10

2007_04_06_ricoh_elnica_011_12

2007_04_06_ricoh_elnica_011_14

               

美術館のあとランチを食べに三宮のカフェに行くことにしました。関西の雑誌でカフェ特集があり、どの頁を開いてもオシャレ!しかもおいしそうなので行きたくて行きたくて、もう全店ハシゴしたい気分www とはいうものの、この辺りを歩くのは初めてだったので写真を撮らずに居られません(爆)

エルニカ片手にそこら中パチパチしながらゆっくりと三宮に向かいました。そこここに面白いものがw 最初のオブジェはマンション群の一角にあったもの。何でしょうかねぇ?よくわからないけど、信号待ちしながらパチリ。足元にはカワイイ消火栓。陸橋から神戸方面を見ると青空にキレイな雲が!

片側5車線の道路っちゅうのもすごいなあ、1つずつ行き先かなんかが書いてあるぞと、車が少なくなるのを待ってパチリ。ガラス張りのビルをパチッ。メッサ安いジュース自動販売機もパチリ。

阪神岩屋駅前まで来るとオブジェと青空がいい感じなのでパチリ。神戸方面へは滅多に乗らない阪神電車に乗ることにしてホームへ。関西の電車の駅って乗車位置のマークが可愛いなあとパチッw 電車が来たので「鉄子」したもののピント合わせず。。。まだまだ鉄子が板についてませんねぇ。。。

駅に新型車両の「普通」電車(各駅停車のこと)が入ってきたのでふと見ると、行き先表示の下には阪神タイガースのシールが貼ってあるwww イイネ、イイネ(爆)と思いきや、ここでカメラがフリーズ。。。巻き上げてる途中の中途半端なところで動かなくなった。ヤバイ、なんじゃこりゃあ。。。確かにさっきフィルム交換した後から巻上げが重かったような気はするが。。。やだやだ!レバーが直角になったままのカメラを片手に電車へ乗り込みました。三宮まであれこれ見てみましたがニッチもサッチも行かないので、レバーを折らないように気をつけながらカバンにしまい、三宮はサムライZで撮る事にしました。

それにしてもこういう時は気が気ではありませんねぇ。電車の中でドキドキ。ついに壊れたのか!修理か!とか思いましたが、悩んでもしょうがない。その後、撮影中のフィルムを巻上げ取り出しましたがうんともすんともです。電池は換えたばかりだから関係ないと思いましたが、東京に持ち帰り、とりあえず電池室の蓋を開けてもう一度閉め直したら! 

ジャジャ~ン! 巻上げレバーが動き出しました。電池が入ってないとシャッターが切れないカメラではありますが、こんなことになるとは。。。水銀電池がなくなり、LR44二個を代用したり、アルミ箔で隙間を埋めたりしているから接触が悪くなったのかもしれません。シャッターがしっかり落ちきらない状況だったのかな。。。 いずれにせよ、修理せずに復旧したのでバンザイ!!! なんせ、2000円で購入しましたから、いつ壊れても可笑しくないのですが、こんなにキレイに写るんだもん。やっぱり壊れて欲しくないですわw

あっ、そうそう。後日談には続きがありましたw 途中で巻き上げたフィルム(フジの400FT)ですが、巻き上げた時の枚数を覚えていたので、もう一度装填し直して、キャップを着けたまま空シャッターを切ってコマを進めましたw このカメラAE機能付ですが、アンダーでもシャッターが切れるのでこういうことが可能ですw 続きの部分で少しコマ間が大きく開きましたが、コマがダブルこともなく、ちゃんと最後まで写しきれました(^^) ケチケチ爆裂でんなぁ(大笑い)

灘の県立美術館へ リコーエルニカ35

2007_04_06_ricoh_elnica_010_0_1

2007_04_06_ricoh_elnica_010_01_1

2007_04_06_ricoh_elnica_010_02

2007_04_06_ricoh_elnica_010_03

2007_04_06_ricoh_elnica_010_05

2007_04_06_ricoh_elnica_010_06

2007_04_06_ricoh_elnica_010_07

2007_04_06_ricoh_elnica_010_08

2007_04_06_ricoh_elnica_010_09

2007_04_06_ricoh_elnica_010_10

2007_04_06_ricoh_elnica_010_11

2007_04_06_ricoh_elnica_010_12

2007_04_06_ricoh_elnica_010_14

2007_04_06_ricoh_elnica_010_15

2007_04_06_ricoh_elnica_010_18

2007_04_06_ricoh_elnica_010_20

2007_04_06_ricoh_elnica_010_26

2007_04_06_ricoh_elnica_010_27

2007_04_06_ricoh_elnica_010_32

2007_04_06_ricoh_elnica_010_33

2007_04_06_ricoh_elnica_010_34

2007_04_06_ricoh_elnica_010_35

2007_04_06_ricoh_elnica_010_36_1

                       

         天気がよかったので5年ほど前に灘区に出来た兵庫県立美術館に初めて行ってみました。安藤さん設計の美術館なんだそうです。阪神間で育ったものの今まで灘で電車を降りたことがありませんでしたw 初めて行ってみたら、まあ綺麗な建物がたくさんあってびっくり!!! 淡路大震災の後、色々建て直したりして綺麗になったんでしょうね。新しいビルがたくさんありました。

まず家からJRへの道すがら、カワイイ看板があったのでそこからパチリ!灘の駅でパチリ、美術館への道でパチリ、美術館の外周でパチパチパチリ。たくさん撮ってみましたwww

それにしても美術館も斬新ですが、それにもまして周辺の高層住宅が近代的というかこの世のものと思えないほどの建物が多くて、ついついそれらの写真を撮ってしまいますねぇ(爆)

美術館の方は、最近のものは真っ白なのが多いので、石やコンクリートを多用しているので落ち着いたシックなイメージです。階段が多く効果的なデザインになっていますが、お年寄りや車椅子の人には不便かもしれないなと思いました。もちろん、別にエレベーターなどが設置されていると思いますが、階段のところにエスカレーターが付いていないから、同じ通り道で入れないですねぇ。。。

また特別展と常設展示の移動はエレベーターがメインの移動手段ですが、ものすごく混雑した場合には結構並ばないといけないかもしれません。。。ちょっと微妙かな。。。5月に設計者自らが美術館開館5周年を記念した講演会をするということなので、参加してみたい気もします。スケジュールがあい、当選したらの話ですけどw

フィルムは(たぶん)コダックHD400。このフィルムも在庫があと僅かになりました。期限はまだありますが、フィルムがカールしてしまうので先に使い切ろうと精進してます(苦笑)

イイ色出します リコーエルニカ35

2007_04_05_ricoh_elnica_009_0

2007_04_05_ricoh_elnica_009_06

2007_04_05_ricoh_elnica_009_07

2007_04_05_ricoh_elnica_009_10

2007_04_05_ricoh_elnica_009_12

2007_04_06_ricoh_elnica_009_17

2007_04_06_ricoh_elnica_009_19

2007_04_06_ricoh_elnica_009_24

先日御茶ノ水方面でも撮影した時も「いい仕事」してくれましたので、こちらにも連れて来ましたwww

あっさり色のフジ400FTを入れてみましたが、いい感じです。ムフフ! サムライZほど繊細には写りませんが、いい雰囲気は出せたかな?

1メートル弱ぐらいまでしか寄れないのが残念ですが、最後の写真のように手前にピントを合わせて背後をボカすことも可能でしたwww

庭のカエルの置物まで撮ってみました(苦笑) 昔はもうちょっと彫りが深かったように記憶してますが、かなり原型を失ってますなあ、このカエルw でも写真に撮ると、カワイイ!!!

つづく

PS

最近変なトラックバックがたくさん付いてしまうので、トラックバック受付を控えています。トラックバックしたい!と思われる方いらっしゃいましたら、コメント欄に書き込みして下さい。お手数ですがよろしくお願いしますですぅ。。。

神田明神から本郷通り リコーエルニカ35

2007_03_21_ricoh_elnica_008_21

2007_03_21_ricoh_elnica_008_22

2007_03_21_ricoh_elnica_008_23

2007_03_21_ricoh_elnica_008_24

2007_03_21_ricoh_elnica_008_25

2007_03_21_ricoh_elnica_008_26

2007_03_21_ricoh_elnica_008_29

2007_03_21_ricoh_elnica_008_31

2007_03_21_ricoh_elnica_008_32

2007_03_21_ricoh_elnica_008_33

2007_03_21_ricoh_elnica_008_35

2007_03_21_ricoh_elnica_008_36

前回の続きです。神田明神前の甘酒屋さん。入口や蔵みたいな建物がステキだったのでパチリ。ふと見ると、隣のビルの看板?が雰囲気良かったので、これもパチリ。

徒歩で湯島天満宮に向かいました。途中、坂の標識をパチリと撮ったら、前を行くカップルの男性に振り向かれてしまった(汗) どうやらこの辺り、ホテル街なのね(苦笑)お邪魔しちまったようです。すみません。。。 なんかこの辺りスゴイ並びになってて、区立図書館の隣がホテルだったり。。。エエンかいな??? 本借りてついでに休憩ってカップルは居ないやろけどねぇ。。。

湯島天満宮は春分の日でしたが、梅見も受験も終わった後でかなり空いていて、屋台は出てたけど人はそれほどいませんでした。外人さんがチラホラいたけど。神社の飾り具合は神田明神とよく似てました。ただ梅園があるので文様が梅にちなんでいてカワイイ!かなりキュートです。来年は梅が満開の時に行こうっと!

さて湯島天満宮を出て東大方面へ歩いたのですが、この通りは面白い!一階はサンクスだけど上はどう見ても昔の建物のデザイン。おそらく古いビルにコンビニが入ってチグハグなのねというのから、いい味出した居酒屋さんや東大にも白い塀があったりして。。。やはりこの通りは朝早い時間か真夏の太陽の高い時期にもう一度行かねば!(冬の午後は逆光になるみたいです。)かなり楽しい本郷散歩でしたw

久々のエルニカ リコーエルニカ35

2007_03_21_ricoh_elnica_008_01

2007_03_21_ricoh_elnica_008_02

2007_03_21_ricoh_elnica_008_03

2007_03_21_ricoh_elnica_008_04

2007_03_21_ricoh_elnica_008_07

2007_03_21_ricoh_elnica_008_09

2007_03_21_ricoh_elnica_008_14

2007_03_21_ricoh_elnica_008_17

前回フジカで撮ったのと同じ場所を撮ってみました。フィルムはコダックHD400。種類の違うフィルムなので単純に比較できませんが、やはりこちらの方が濃い目でしょうか?HD400のポップな色も出ました。AFの精度が怪しいフジカよりは二重像合致式レンジファインダのこちらの方がピントがシャープじゃないかなと思います。

しばらく使っていなかったら電池切れしてしまったエルニカ35。貴重な水銀電池でしたが切れてしまったものはしょうがない。電池が切れるとシャッターが切れない機種なので、LR44のボタン電池2個を代用して、隙間にアルミ箔を詰めて使用しました。電圧その他どうかな?と少し不安でしたが、撮影済みネガを見ると問題ないようです。これで行きます。

それにしても中古屋さんで2000円で買った古い古いカメラがこれだけ写っちゃうんじゃ、新しいカメラの立つ瀬がない(苦笑)90年代の普通のコンパクトカメラって定価が3万円ぐらいだったのに、トイカメラみたいな写りのものが多いし。。。(高級コンパクトはしっかり写りますけど。)バブリーなカメラがフィルムカメラの寿命を縮めたのか!なんて思います。

つづく

はけの道とおうちプリント リコーエルニカ35

2006_08_08_ricoh_elnica_007_02a001_12006_08_08_ricoh_elnica_007_04a001_22006_08_08_ricoh_elnica_007_05a001_12006_08_08_ricoh_elnica_007_06a001_12006_08_08_ricoh_elnica_007_08a001_12006_08_08_ricoh_elnica_007_19a001

カメラが増えすぎて、なかなか出番が回ってこなかったエルニカ35に久しぶりにフィルムを通しました。

カメラを手にするとついつい電車に乗って出かけてしまいますが、市内にも美術館があります。中村研一氏の個人美術館だったのですが、しばらく休館し、今年の春、市立の美術館として生まれ変わりました。

現在はマティスの油絵を髣髴させるような中村氏の作品展を開催中です。
秋からは若手アーティストの現代アート展が開催される予定で、それに伴い、子供向けのワークショップも開催されます。(現在ワークショップ参加者募集中。)

美術館の裏は小さな森。小説の題材にもなったという話もあります。その中に喫茶室があるのですが、現在リフォーム中。秋にはオープンするかな?

向かい側には南北に「はけの小路」があります。夏場なので蚊が多く閉口しましたが、大きなカタツムリがいたりして和む空間です。

美術館とはけの小路の間を通る東西の道が「はけの道」。ここを西に向かっていくと果樹園がありキウィがタワワと成ってます。10月過ぎないとダメみたいですが、直売とかするらしき雰囲気。その頃なら涼しいしお散歩しながらもぎたてキウィをお買い上げというのも乙ですねぇwww

<おうちプリント>
春先、家で写真を印刷してもキレイに出来ずに落ち込みました。スジスジになっちゃうのでガッカリ。(CanonBJ S530)

問題は単に使いすぎたプリンタヘッドにあったようです。数年前にプリンタを買ってから何千枚も文章や資料を印刷していたのに一度もヘッドを交換していなかった!ついに先日文字がカスレて読めない状態に陥りました。最新式のプリンタ購入も考えましたが、どう考えてもヘッドの問題だろうと思ったので、3500円ほどでヘッドを買ってきました。

そしたら、写真を印刷しても滑らかで何の問題もないwwwスジは一本も出てません。古いプリンタだから印刷できないのではなくて、古いヘッドだからムラが出ていただけなのでした。おうちプリントなさる方は、機械が古いからとあきらめないで!プリンタヘッドを使い込み過ぎないで、交換することをお薦めします。ものすごくキレイに印刷できますよ。

それから、プリンタドライバにはいろんな機能が盛り込まれています。今まで知りませんでしたが、色々見ていくと特殊効果という画面にVividフォトというのがありました。これをチェックしただけで、くすんでいたコスモスの色が華やかに垢抜けた感じになりました。かといって、フォトショップで彩度を上げたときほど、カラーバランスが崩れていません。それぞれのドライバにこのような手軽に使える機能があるはず。なんとなく「パッとしないな?」と思ったらこのような機能を使うのも写真をキレイに仕上げる手だと思います。写真用のペーパーにも癖があって、青みが強く出るものとそうでないものがあります。いろいろ試して、自分のマシンにピッタリの組み合わせを探してみると、見違えるようなおうちプリントが出来るかもしれませんw

銀座の裏通り リコー エルニカ35

2006_05_29_ricoh_elnica_003_232006_05_29_ricoh_elnica_003_202006_05_29_ricoh_elnica_003_19

2006_05_29_ricoh_elnica_003_222006_05_29_ricoh_elnica_003_17_12006_05_29_ricoh_elnica_003_18 

2006_05_29_ricoh_elnica_003_24

日付が前後しますが、銀座の写真をアップしてしまいます。

この日、ポーラ美術館アネックスで開催されていた針穴写真展の最終日に駆け込みで見に行きました。

浦安に住んでいた頃は、銀座が便利だったのでよく行きましたが、最近はトンとご無沙汰しています。昔は、ソニービルにAV(オーディオヴィジュアルね!)を見に行くのが楽しみでしたが、今は「何が何でもソニー!」って感じでもなくなったので。。。

針穴写真は、とってもステキでした。今回は静物画の世界。パリの街並みの写真も見たかったなぁ。。。

その後、銀座の裏道を歩いてみたら、随分変わっていました。欧風イメージのboulangerieが出来てて、ここだけ女の人でい~っぱいだったのには驚き!しかし、このパン屋さんの真正面は昔ながらの床屋さんなんですよ。なんか不思議なバランスですね。

他にも「カライライス」のカレー屋さん(公衆電話付)とかサイケちっくな飲み屋さんとか、昭和の日本から新世紀のTOKYOまで一緒くたになってて、これまた妙な感じがしました。

日本橋方面のビルの上には、カラフルなペンキの缶が乗ってるし!(写真じゃ小さくてよく見えないけど。)やっぱり東京は変な所ですwww

巣鴨 その3 リコー エルニカ35

2006_05_29_ricoh_elnica_003_01_12006_05_29_ricoh_elnica_003_03_22006_05_29_ricoh_elnica_003_04_12006_05_29_ricoh_elnica_003_052006_05_29_ricoh_elnica_003_06

2006_05_29_ricoh_elnica_003_12

2006_05_29_ricoh_elnica_003_14

2006_05_29_ricoh_elnica_003_15

フィルム コニカミノルタJX400

商店街に戻ってきて、とげ抜き地蔵尊にお参りです。ナデナデすると痛いところが直ると言うお地蔵さんは黒山の人だかりだったので、遠くで眺めてました。(オバちゃんの中に割って入る勇気が出んかった。。。)

路上では、からくりテレビのインタビューをしてたりして、思わずパチリ。JR巣鴨駅に戻る途中のレコード屋さん、タワーやHMVとは一味違うディスプレイは、かなりのインパクトを与えてくれました。

改札に入ろうとしたら近所からチンドンヤさんの音楽が聞こえてきたので、Uターンしてみると、駅前のパチンコ屋さんの前で宣伝中でした。最後までタイムスリップしたような巣鴨の一日でしたw

巣鴨 その2 リコー エルニカ35

2006_05_29_ricoh_elnica_002_02006_05_29_ricoh_elnica_002_032006_05_29_ricoh_elnica_002_062006_05_29_ricoh_elnica_002_092006_05_29_ricoh_elnica_002_112006_05_29_ricoh_elnica_002_122006_05_29_ricoh_elnica_002_132006_05_29_ricoh_elnica_002_142006_05_29_ricoh_elnica_002_162006_05_29_ricoh_elnica_002_212006_05_29_ricoh_elnica_002_222006_05_29_ricoh_elnica_002_25

2006_05_29_ricoh_elnica_002_19                                                                                                                        コニカミノルタ センチュリア200

巣鴨と言えば「とげぬき地蔵」というイメージですが、それだけではないみたい。裏手の小さなところにお猿さんが祀ってありました。私が写真を撮っている間だけでも、地元の人(と思われるおじさんとおばさん)がお参りに来ました。

なんとなく懐かしいお店や建物、看板をパチパチしてみました。