2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

汐留 モノクロ リコー オートハーフS

2008_06_13_autohalf_s_008_15

2008_06_13_autohalf_s_008_18

2008_06_13_autohalf_s_008_18a

2008_06_13_autohalf_s_008_20

2008_06_13_autohalf_s_008_23a

2008_06_13_autohalf_s_008_25a_2

2008_06_13_autohalf_s_008_28

2008_06_13_autohalf_s_008_29a

2008_06_13_autohalf_s_008_30

2008_06_13_autohalf_s_008_30a                          

                        

                         

                       

                        

                   

汐留から浜離宮恩賜庭園に行った時の写真。

なんだか近代的というかなんというか別世界のようです。

浜離宮恩賜庭園は初めて行きました。遠くに東京タワーが見えたりして、隣の近代的?なビルとは全然違う雰囲気。

ここの写真、もう少し続きますw

久々半分 吉祥寺 リコーオートハーフS

2008_03_22_autohalf_s_007_032008_03_22_autohalf_s_007_03a

2008_03_22_autohalf_s_007_04_2 

2008_03_22_autohalf_s_007_04a 2008_03_22_autohalf_s_007_05

2008_03_22_autohalf_s_007_10a

2008_03_22_autohalf_s_007_11_2

2008_03_22_autohalf_s_007_11a

2008_03_22_autohalf_s_007_13

                     

                      

                      

                      

                      

                   

オートハーフ、久々の登場です。もっと使わねば。。。

私、全然知らなかったのですが神田川は吉祥寺井の頭公園の中から始まってるんですねぇ。この石碑を見つけてビックリしました。

最後の写真は「ジェラルミン(飛行機好き)」な人にはビックリな撮り方w ポツンと蚊のような飛行機(爆)

モノクロな新宿 リコーオートハーフS

2008_01_19_autohalf_s_006_13a

2008_01_19_autohalf_s_006_14a

2008_01_19_autohalf_s_006_16a_2

2008_01_19_autohalf_s_006_17a

2008_01_19_autohalf_s_006_18a

2008_01_19_autohalf_s_006_19

2008_01_19_autohalf_s_006_20a

2008_01_19_autohalf_s_006_24

2008_01_19_autohalf_s_006_25

2008_01_19_autohalf_s_006_25a

                                                   

                      

                    

                    

                     

新宿でもハーフでパチパチw 新宿、特に西新宿にはカメラ関係のショールームがあり、ギャラリーもたくさん。ニコン、ペンタックス、エプソンなどのギャラリーで開催している写真展を見に出かけることも多くなりました。大抵無料だし、話題の作家の写真を間近で見れるのはやはり楽しい!

ギャラリーを見終わった後は少し足を伸ばして公園へ。この日公園の広場ではフリーマーケットが開催されていました。冬で寒い中、ご苦労様です。。。週末にしては人が少なかったのはやはり寒さのせいでしょうか。。。

でもこういうノンビリした都会の週末もいいもんです。(寒い以外はwww)公園から見る都庁舎も粋に見えたりしてw 

モノクロな立川 リコーオートハーフS

2008_01_09_autohalf_s_006_0

2008_01_09_autohalf_s_006_00a

2008_01_09_autohalf_s_006_0a

2008_01_09_autohalf_s_006_01

2008_01_09_autohalf_s_006_02

2008_01_09_autohalf_s_006_04 2008_01_09_autohalf_s_006_06

2008_01_09_autohalf_s_006_06a

2008_01_09_autohalf_s_006_08

2008_01_09_autohalf_s_006_102008_01_09_autohalf_s_006_10a

今日も立川に行きましたが、これは以前行ったときに撮ったもの。

薬屋さんの店先に居るサトちゃんとカエル君ですが、今日見たらサトちゃん、違う服着てマフラーしてました。どうやら意外に衣装持ちらしい。ムムム。今日も撮れば良かったなぁ。。。また今度行って撮ろうっと!

この時立川を散歩してて気づいたのは、ダンス教室の多さ!いわゆる社交ダンスのスタジオだと思うのですが、何件もあるんですねぇ!これには驚きました。

鉄道模型やマンガ、フィギュアなどだけでなく、中高年に人気のダンス教室もあるとは。。。立川、スゴイ。イケテますねぇ。マニアックにハマルと立川へって感じでしょうかね(爆)

白バイの写真は数枚撮っちゃったんですが。。。これ、信号待ちの最中なんですがぁ。。。横断歩道の上で停車しちゃぁいけないんじゃなかったかなぁ??? アレレと思ってバチバチ写しちゃいましたwww

モノクロな原宿3 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_21

2007_08_26_autohalf_s_005_21a

2007_08_26_autohalf_s_005_23

2007_08_26_autohalf_s_005_25

2007_08_26_autohalf_s_005_26a

2007_08_26_autohalf_s_005_27a

2007_08_26_autohalf_s_005_28

2007_08_26_autohalf_s_005_30

2007_08_26_autohalf_s_005_30a

2007_08_26_autohalf_s_005_31

2007_08_26_autohalf_s_005_31a

2007_08_26_autohalf_s_005_32

                          

                 

                         

                      

                   

表参道ではまだまだ「よさこいダンス」が続いていましたが、チラ見しながら景色をパチリ。あとでネガを見てみるとこの辺りから露出の調子が安定してきたような気がするような。。。日陰とかコントラストの強いものもそれなりになってきました。セレンからの電気が上手く回るようになってきたんだとイイなぁw

表参道のオシャレなビル、夕方の少し傾いた木漏れ日がキレイだったのでパチリ!表参道ヒルズもパチリ。ヒルズ内は坂が多くてあまり入る気が起こらないのですが、外観は新しいビルにしては圧迫感がなく結構好きです。

ウェンディーズの角から裏道へ。タコス屋さんまだありました。この通りもお店が増えましたねぇ。昔はもっと一軒家やアパートがあったように思いますが。。。それにしてもこれでもかというような電線!店舗が増えると電気の容量も増えるから増設増設でしょうか。

バイクや落書きなどハードなものもパチリ。竹下通りの交差点でもパチリ。なんだか物足りない風景ですねぇ。。。パレフランスのビルが解体されて久しい。たしかここには超高層ビルが建設される予定なのですがどうなったんでしょうか?当初の計画では今年の3月頃には出来上がっているはずだったような。。。あんなに大きなビルさえも解体して建て替えてしまう原宿。本当に変化の激しい街です。

竹下通りのネオンサインの看板。コロコロとお店が変わる竹下通りですが、この店、25年前からあります。(一瞬アルバイトしたことがある!すぐに辞めてラフォーレ原宿のバイトに変えちゃいましたがw) 店長、昔と同じ人だったみたい。ヒェ~!

駅に向かいながら一軒ハガキを貰っていたお店があることを思い出し、ちょっと迂回。お店チェックを済ませてから裏道を戻りました。なぜかロンドンのチューブ風の看板とプレスリーとロデオの牛が!面白かったのでパチパチ。

街はすっかり変わったけど、やっぱり原宿は妙にオモロイ街ですw

モノクロな青山2 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_16a

2007_08_26_autohalf_s_005_132007_08_26_autohalf_s_005_15a2007_08_26_autohalf_s_005_15_22007_08_26_autohalf_s_005_162007_08_26_autohalf_s_005_18a

2007_08_26_autohalf_s_005_13a

2007_08_26_autohalf_s_005_14

2007_08_26_autohalf_s_005_19

2007_08_26_autohalf_s_005_20

2007_08_26_autohalf_s_005_20a

                         

                       

                      

                    

                       

                       

公演鑑賞後、久しぶりの青山だったので少し散策。たしかこの辺りにトイカメラショップがあったなぁ。。。なんて思いながら歩いてみました。カメラ屋さんは日曜日で休業してましたが、その近くにラ・プラースというオシャレな空間が出来ているのを発見。すでに一年ぐらい前からあったみたいですね。こちら側に行くことがほとんどないので全く知りませんでした。ウッドデッキの低くて広い空間。246沿いにこんな空間があったなんて。。。驚き!

裏道に入ってみるとお風呂屋さんがある場所です。もうすぐ開店時間だったので年配の方が15人ほど列を作ってました。民家の合間にはクリーニング屋さんもあるしお稲荷さんもあるし、普通に住宅街なんですが、一本向こう側はラ・プラース。なんとも和洋折衷というか不思議な空間になってますw

いつも思うけど、東京って都会だけど田舎です。不思議な街。。。

つづく

モノクロな原宿・青山1 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_00

2007_08_26_autohalf_s_005_0

2007_08_26_autohalf_s_005_00a

2007_08_26_autohalf_s_005_01a

2007_08_26_autohalf_s_005_03

2007_08_26_autohalf_s_005_03a

2007_08_26_autohalf_s_005_04a

2007_08_26_autohalf_s_005_26

2007_08_26_autohalf_s_005_10a

                                                                                                                              

                     

                       

                       

                     

日付が前後してしまいましたが8月末に撮ったもの。先日カラーフィルムで試写した修理後のオートハーフを連れ出してみました。今回はプロスト400の自家現像。自宅で初めて現像した分なので色々失敗もあるみたいですが、その点は目をつぶって下さいませ。。。

この日は青山のスパイラルホールでダンス公演があったのでそれを観に出かけました。JR原宿駅から表参道を通って246に出ればいいやと気軽に出かけましたが、原宿駅に着いてビックリ。エライ人。夏休み最後だから混んでるのかなぁ、それにしてもスゴイ人だなあと思っていたら、何とこの日は表参道でよさこいイベントの日だったのでした。ゲゲっ!表参道をさっさと抜けることが出来るのだろうか。。。不安になりつつもカメラを取り出し撮りながら急ぎ足で歩く私(爆)

よさこいは延々と続いておりましたが、とにかくスパイラルへ到着。公演観ました。

つづく

美術館へ行こう (修理した) リコーオートハーフS

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_02

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_02a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_06

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_06a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0_2

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0_3

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_09a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_10

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_11

                             

                          

                      

                       

                      

お正月に富山で購入したオートハーフS。前回は露出が変でも工夫したら撮れるという記事を書きました。でもやっぱり直せるうちに直してもらうのが良さそうかなと思い、7月に修理に出しました。

修理後の試写がこれ!アグフア・ヴィスタ100の12枚撮りを入れてオート露出でパチパチしてみました。

修理したてのせいかオート露出がアンダー気味に感じます。以前他のカメラを修理した時もフィルム1本目はアンダー気味、3本目ぐらいから安定した経験があるので、これから使っていくうちにイイ具合になるかな?と楽観視しています。少し暗めな感じがロモっぽい気もしないではない。これって、イマドキ?(爆)

タイトルの「美術館へ行こう」なんですが、庭園美術館がイイんです。9月17日までディアギレフが率いたバレエ・ルッスの衣装や衣装デザイン画などの展示をしています。フォーキンが着用した衣装など実物も(触れられませんが)間近で見ることが出来ます。男性ダンサーが意外と小柄だったんだなぁと改めて思いました。

このような展示はなかなか間近で見れないことが多いので、ニジンスキーやディアギレフ時代のロシアバレエに興味がある方やバレエ好きの人、近代~モダンアートに興味のある方は出かけてみてはいかがでしょう。お薦めの展覧会でした。

庭園美術館のあとは一駅電車に乗って恵比寿の写真美術館へ。金曜日は夜遅くまで開館しているので夕暮れ時に出かけても大丈夫。私が観に行ったマーティン・パー展は終わりましたが、鈴木理策さんの写真展が今日から始まります。昭和のドキュメンタリー展も開催中。聞くところによるとイイらしい!

今日から9月。芸術の秋です。美術館巡り、いかがですか!!!

オーバー気味のオートハーフ リコーオートハーフS

今日は、ちょっとカメラオタクな内容ですが。。。

お正月に旅先で購入したオートハーフS。最初の試写で光漏れしたので、モルト(遮光剤)代わりにお習字の下敷きを両面テープで貼り付けて、光が漏れなくなりました。(亀戸を参照)。

でもフィルム感度を適正にした写真は、暗めの商店街などでは写りが良かったけれど、明るい場所では白っぽく露出オーバー気味になっていました。

シャッターが粘って速いシャッターが切れない可能性もありますが、もう一つ考えられるのは露出計となるセレンの経年劣化。1965年生まれのカメラですから、セレンが弱っている可能性が高い。私の個体は薄っすらながら適正露出の黄色マーク、露出不足の赤マークが出ているので、セレンが完全にダメにはなっている訳ないので、フィルムを入れるときにASA感度を調節して対応してみることにしました。

「オートハーフは写りがイマイチ」なんて意見もあるようですが、それは嘘だと思います。たしかに2.5mの固定焦点なので近くのものにピントが合わないこともありますし、シャッター速度も125分の1の一速ですが、かなりシャープなレンズが搭載されているので、天気の良い日に絞り込んだ状態で撮影すれば深度が深くなり、かなりの範囲がくっきりと写るように作られてます。

ボワっとしたあいまいな写りの原因は大抵の場合、古いセレンが弱っていて絞り込めていないのが原因だろうと思います。40歳以上のカメラですからどこかが弱ってても当たり前。人間と同じでしょう。使う側が調子を合わせてあげればいいんだと思います。このカメラはトイカメラとは違い、絞りを設定できるので自分で絞りこんで撮影すればバッチリです。しかし、オートハーフと言うからには、露出計を使わずAE機能を使って何も考えずに押すだけで撮りたい。だから露出がアバウトでもOKのISO100ネガフィルムを入れて、ASA感度を小刻みに変化させながら試写しました。

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_14_2

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_12a_1

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_11_1

  

                   

                    左からASA100、ASA200、ASA400で撮影したものを同じ条件でスキャン。(写真をクリックすると大きくなります。)足元を撮っているのでピントの合う距離よりも近いのですが、結構写ってます。

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_100m2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_200m2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_400m

                           

                     

遠くの白いビル。ASA100だとボワっとソフトフォーカス気味が絞れてるとラインがクッキリしてきます。

近景も遠景も少しずつ違いが出ているのでセレンAEが死んでいないことは明らか。絞りも微妙な変化に合わせて動いていることが確認できます。(実際にはここに掲載したよりもさらに細かく3分の1段階ずつASAを変化させました。ちゃんとグラデーションになってます。)今回の試写の結果を見ると、私のオートハーフSはASAを1段と3分の1~2変えてやるとちょうど良いようでした。

今までこのカメラで撮った感触から、1段以上は変化させた方が良いと思っていたので、段階で撮影した後、ASA400に固定して周辺を撮ってみたのが以下の写真。カメラが苦手そうなところばかりを写してみましたが、良く撮れました。これなら文句はありません。 

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_17

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_17a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_19a_1

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_20a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_21a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_23a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_25a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_29

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_30a_1   

                                                            

オートハーフの写りがイマイチだなあと思っている方、一度、オート設定でASAを変化させて試写してみるのをお薦めします。ポジフィルムでチェックするのが一番ですが、ネガでも違いは確認できるので、期限切れや激安フィルムを入れて同じ所を撮れば、修理が必要かどうかチェックできますよぉ。100円現像なら格安です (^^)v 

亀戸へ リコーオートハーフS

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_07

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_08

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_08a

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_09

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_09a

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_10

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_10a

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_11

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_12a

2007_04_26_ricoh_autohalf_s_002_13

                         

                     

                     

                   

すでに新緑の季節でアジサイの時期になってきましたが。。。春は、花を撮るには事欠きません。いろんな花があるもんです。この日は、母がテレビの情報番組で藤祭りをやってるらしいよと言うので、珍しく亀戸まで出かけました。

駅から亀戸天神までの道のりが面白かったので、パチリパチリとしてみました。おばあちゃんの原宿・巣鴨に負けず劣らず、渋いお店が残ってます。新しいお店と交互に出てくるので目が離せませんwww

Gパン屋!直球なネーミングがステキw

フィルムはアグフアヴィスタ100。お正月に富山で買ったオートハーフに入れてみました。前回撮影したとき少々光漏れしたので、100円ショップで買った習字用下敷きをモルト代わりに貼ってみました。光漏れはなくなったみたいで大成功。ただ、撮り終った感じだと露出計のセレンはかなり疲労している感じです。こればかりはしょうがないので、今後は撮り方を工夫することに。この点はまた後ほど。。。

より以前の記事一覧