2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

上野 2 オリンパスOM-1

2007_12_05_olympus_om1_006_0

2007_12_05_olympus_om1_006_02

2007_12_05_olympus_om1_006_06

2007_12_05_olympus_om1_006_07

2007_12_05_olympus_om1_006_08

2007_12_05_olympus_om1_006_09

2007_12_05_olympus_om1_006_13

2007_12_05_olympus_om1_006_17

2007_12_05_olympus_om1_006_18

2007_12_05_olympus_om1_006_19

2007_12_05_olympus_om1_006_21

2007_12_05_olympus_om1_006_22

DNPのセンチュリア400を入れてみました。このフィルム比較的明るめに写る気がしたので前回のフィルムよりもASAを大きくして1段と1/3アンダーになるように調節して撮影を始めました。

結果、日差しが強かったフラミンゴやペンギンなどの屋外のところでは暗くなりすぎちゃいました。ガクっ。。。

そのかわり、照明の暗い小動物の室内写真はちょうどイイ具合に!外に居なかったナマケモノ君はお部屋に居りましたw 格子にダラっとぶら下がってたw

パンダはやっと撮れた自分としては貴重なショット!!! だって私が行くといつも後ろ向いててこっちを見てくれないんですよぉ。この時、奥の方をウロウロしてから前へ歩いてきたので慌ててピント合わせてパチリ。すぐに後ろに戻ったから撮れてないかもぉ。。。と思ってたけど写っててよかったぁ(^.^)

パンダも撮れたしってことで、本来のお目当てだった上野の森美術館のシャガール展へ。イジスという写真家が撮ったシャガールの製作風景の写真展も併設されていて興味深い展示でした。今回のシャガール展にはパリオペラ座の舞台装飾や衣装デザインの作品なども含まれていたため、私としてはとても参考になる展示だったのですが、写真のタイトルのつけ方には不満がありました。外国語のタイトルとは違った日本語タイトルをつけているのだけど、情報としては不完全に感じたから。

実はチラシにもバレエ関係の作品が展示されていることを示唆する情報は一つもないのです。確かにチラシの表面写真は今見るとパリオペラ座の天井画を製作するシャガールの写真でちょうど「白鳥の湖」の部分に修正を入れてるところなのですが、チラシの場合どうしても場所や会期などの情報に目が行くのでこれを見ただけではすぐにはわかりません。

裏面の解説文でもオペラ座関連の写真があることは特に触れられていない。実際のところ、彼のリトグラフの最高傑作ともいわれる「ダフニスとクロエ」に関する写真は、リトグラフを刷ってる場面ではなくて、ほとんどがパリオペラ座のバレエ公演の美術と衣装を製作している場面なのです。こういうのはダンス研究者やバレエファンにも貴重な資料でもあるはず。私はたまたま見ることが出来たから良かったけど、知らずに見逃した方もいるでしょう。こういう情報は欲しいところです。ウェブでは少し触れられていたみたいですが。。。

また写真のタイトルも『バレエ「ダフニスとクロエ」の衣裳の打ち合わせ』とだけなっていたりするのですが、原語タイトルだと主役が(クロード・)ベッシーだと判ります。(顔知ってりゃあわかりますが。。。)ベッシーさんと言えば、超辛口なローザンヌバレエコンクールの解説で日本でも有名。若い頃は可憐で美しいプリマだったのねぇと思うだけでも面白いんですからちゃんとタイトルはつけて欲しい。皆さん英語やフランス語が読めるわけではないんですから!(当時はよく知らなかったのですが16歳の時、京都で受けたバレエの短期講習、先生はベッシーさんでしたw よくまあ私みたいなヘタクソに一週間切れなかったもんだ(爆)ひょんなところで接点ありましたw)

日本ではほとんど舞踊関連をメインにした展覧会や図書館などがないのですから、こういう展示が重要になるのです。だからもう少し情報を出していただけるとありがたいなと思います。よろしくお願いしますです。

西郷さんをパチリして、レストラン聚楽で開業当時の再現カレーを頂いて帰りました。レトロ美味いカレーでしたwww

<オマケ>

東京で舞踊関係の資料を探すには。。。

1)国会図書館 蘆原英了コレクション (蘆原氏が収集した資料がたくさん)

2)新国立劇場情報センター (舞踊関連本翻訳で有名な小倉重夫氏の資料がたくさん)

3)早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 (舞台関連資料多数)

この辺りで探すのが手っ取り早いかな?

上野動物園へ1 オリンパスOM-1

2007_12_05_olympus_om1_005_20

2007_12_05_olympus_om1_005_18

2007_12_05_olympus_om1_005_16

2007_12_05_olympus_om1_005_14

2007_12_05_olympus_om1_005_21

2007_12_05_olympus_om1_005_23

2007_12_05_olympus_om1_005_26

2007_12_05_olympus_om1_005_29

2007_12_05_olympus_om1_005_30

2007_12_05_olympus_om1_005_35

2007_12_05_olympus_om1_005_36

2007_12_05_olympus_om1_005_37

上野で展覧会を見るついでにカメラを持って動物園に行ってきましたw

ASAを一段分ずらせばオーバー気味なのが直るかな?と400のフィルムを800で撮影しました。

夜、家で露出計とOMの露出計の値を比較したら大体1~1.3ぐらいのズレだったので一段アンダーで撮ったのですが。。。

夜景や日陰だと一段強ぐらい絞ってちょうど良い露出になるようですが、明るい場所(順光でバッチリ明るいところや青空など)では絞りすぎになってしまい、どアンダー。。。ネガフィルムってオーバーなのはかなり救えますが、アンダーは救いがたいものがある。。。ウウウ。

タイから送られたという金ぴかの建物の写真などは酷くアンダーになり、かなり補正して復帰しました。(フォトショップ偉い!)

透過光で撮った紅葉なども空が真っ黒というか深い群青になってしまったりしたコマもあり大変なことに。。。明るいところだと1/3段ぐらいのズレなようです。

内蔵露出計のシステムを理解していないのでよく解りませんが、低輝度と高輝度とで光を感じる部分が違うのかな?おそらくそんな構造なんでしょうね。

まあ、機械式カメラですから単体露出計を利用すれば問題なく撮れるわけですが、カメラに露出計が付いてると手軽で便利なんですがねぇ。。。やっぱり一度サービスさんに診てもらった方がイイのかなぁ。。。買った時は特に露出計に問題があるとは言ってなかったんですがねぇ。。。中古屋さんも撮影チェックはしないからわからないか。まあ、しゃあない。

最後のヒツジさん、フィルムの最後で少し切れてしまったのが残念でした。カワイイ!!!

つづく

はけの森美術館へ オリンパスOM-1

2007_12_04_olympus_om1_005_0

2007_12_04_olympus_om1_005_01

2007_12_04_olympus_om1_005_02

2007_12_04_olympus_om1_005_03

2007_12_04_olympus_om1_005_04

2007_12_04_olympus_om1_005_05

2007_12_04_olympus_om1_005_06

2007_12_04_olympus_om1_005_07

2007_12_04_olympus_om1_005_08

小金井市には「はけの森美術館」(旧中村研一美術館)があります。

以前は私設の記念美術館でしたが、現在は市が管理しています。

JR武蔵小金井駅からは少し遠くて不便ではありますが落ち着いた雰囲気のこじんまりした美術館。あまり知られていないのか平日は空いていることが多いのですが、その分ゆっくりと作品を眺められます。

この秋、この美術館で「堂本印象美術館展」が開催されていましたので終了間際に駆けつけました。(現在は作品替えのため休館中。来年10日過ぎに開館します。)生前中村研一氏と親交のあった堂本印象氏の作品を京都から持ってきて展示してました。点数は少なかったですが初期から後期にかけての作品が並び堂本氏の作風がドンドン変化していく様が手に取るようにわかる興味深い展覧会でした。もっと早く観に行ってここで紹介すれば良かったなぁ。今さら言ってもなぁと思いますが(苦笑)

この美術館、裏手に「美術の森」と名づけられたお庭があります。前にも写真を載せたことがありますが、そこで落ち葉などをパチリしてきました。森の中の離れは一年ほど前からシュークリームで知られる「オーブンミトンカフェ」として開業。そのせいか森も以前より少しきれいになってました。はけの道を散歩してホゲェ~としながら展覧会を観てカフェでお茶するなんてイイですよねぇw 一月からは現代美術の展覧会が始まるそうですから、また自転車に乗って出かけてみたいと思います。

カメラの方は。。。前回、露出計がオーバーなのよねぇと言っていたOM-1。とりあえずASAを一段分大きくして撮影してみました。オーバーになることはなかったみたいです。しかし、どうやらこの方法だと問題もあるらしい。数本撮った感じだと低輝度とそれ以外で露出計のズレ具合が違うみたいです。ムムム。その点についてはまた次回。。。

青梅でアート 2 オリンパスOM-1

連続アップです。

2007_11_19_olympus_om1_004_12

2007_11_19_olympus_om1_004_14

2007_11_19_olympus_om1_004_13

猫かいぐり公園と言いますw

2007_11_19_olympus_om1_004_15

2007_11_19_olympus_om1_004_18

2007_11_19_olympus_om1_004_19

神社の境内に折り鶴の形のオブジェw

2007_11_19_olympus_om1_004_21

2007_11_19_olympus_om1_004_23

2007_11_19_olympus_om1_004_34 2007_11_19_olympus_om1_004_30

2007_11_19_olympus_om1_004_31

2007_11_19_olympus_om1_004_32

こちらの折り鶴は多摩青梅七福神さんのお社の内部です。

2007_11_19_olympus_om1_004_36

今回久し振りに青梅に出かけて、写真館や写真屋さんが何件もあるのに驚きました。しかも隣接しているのです。三件続いていると思ったらバス通りにも写真屋さんがあったりしてちょっとビックリ。青梅って写真文化が進んでる街なのかな?

猫のイラストが描かれた一風変わった公園があったり、バカボンが大きく描かれてたりw 青梅売り物のレトロな映画看板は2年前に行った時とは少し変わっていました。ずっと同じなのかと思っていたら掛け換えてるんですねぇ。

この日は天気が良く空気も澄んでいたので遠くの山もスッキリ見えてましたw

坂の写真もパチリwww

青梅って祭日や週末などと絡めて色々なイベントを企画しているのでちょっと足をのばしてお出かけしてみるのもいいかもしれません。(^^)

つづく

青梅でアート 1 オリンパスOM-1

2007_11_19_olympus_om1_003_21

2007_11_19_olympus_om1_003_23

2007_11_19_olympus_om1_003_24

2007_11_19_olympus_om1_003_272007_11_19_olympus_om1_003_25

これ、立体アート作品です。手前にビデオ映像作品もありました。

ココより下はリバーサルフィルム使用です。

2007_11_19_olympus_om1_004_0

2007_11_19_olympus_om1_004_01

2007_11_19_olympus_om1_004_03

2007_11_19_olympus_om1_004_04

2007_11_19_olympus_om1_004_06

2007_11_19_olympus_om1_004_08

2007_11_19_olympus_om1_004_09

2007_11_19_olympus_om1_004_11

11月のある晴れた日、青梅へ出かけました。

JR青梅駅から東青梅駅までの地域で「出会いのよりしろ―総天然色の無意識―」というアートイベントが開催されていました。

多摩美や武蔵美などの学生のアート作品を青梅の街のお米屋さんの蔵や神社の境内、バス停など様々な場所に展示しウォーキングしながら見て回るという企画展でした。

青梅は街自体昭和レトロイメージで色々イベントを開催していますが、今回は現代アートとの融合でした。約ひと駅の間に47人の作品が点在しているので全ては見て回れませんでしたが興味深いイベントだと思いました。ただ、空気が冷たくて。。。サブかった。青梅の街を歩きながらパチパチ。作品を見つけたはパチリと楽しんできましたw

あまり宣伝が行き届いていなかったせいか、平日にアートを見に来ていた人は少なくてちょっと残念でした。地図付きのチラシは都内の美術館などでも配布されてたのですけどねぇ。。。街中の表示が小さな字で控えめだったので展示を探すのにちょっと迷いました。せっかくのイベントだからもう少し工夫した方が良かったかな?いくつかコースを作ってスタンプラリーみたいにハンコを集めたら温かいお茶とか甘酒のサービスがあるとかだと、もう一つ遠くまで行ってみようと思ったかもwww それに触って壊されると困るけど、近隣の幼稚園児や小中学生などに動員を掛けても良かったかもなぁと思いました。なんか宝探しみたいで地図の見方も覚えられるし、美術教育的価値に加えてパブリックアートのコンセプトを楽しみながら教えられるかなとも感じたので。

作品の写真より街の写真の方が多くなりましたが、チョコッとご紹介です。つづく

原宿の外れ オリンパスOM-1

2007_11_17_olympus_om1_003_12

2007_11_17_olympus_om1_003_13

2007_11_17_olympus_om1_003_14

2007_11_17_olympus_om1_003_15

2007_11_17_olympus_om1_003_16

2007_11_17_olympus_om1_003_17

2007_11_17_olympus_om1_003_18

原宿近辺にも新たにギャラリーなどが出来ているようなのでちょっと出かけてみました。普段歩かない道を歩くと色々と発見があるものです。

いわゆるファッションの街、原宿のイメージとは少し違うかなwww

ピンク色の飛行機の車体みたいなお店は面白かったのでパチリ。ここは今風です。でもそこを過ぎるとオシャレながら何処となく懐かしい雰囲気があったりする。線路脇のペンキの感じが気に入ってパチパチ。コレだけ見てたら原宿とは思いませんねw

最後はこの日頂いたチョコケーキ!アメリカ系のカフェだったのでアチラ風に頭が痛くなるほど甘いのが出てくるかと思いましたが、日本人向けの味付けで美味しかったですw

府中市美術館 オリンパスOM-1

2007_11_17_olympus_om1_002_01

2007_11_17_olympus_om1_002_02

2007_11_17_olympus_om1_002_04

2007_11_17_olympus_om1_002_11

2007_11_17_olympus_om1_002_16 2007_11_17_olympus_om1_002_12

2007_11_17_olympus_om1_002_13

2007_11_17_olympus_om1_002_14

2007_11_17_olympus_om1_002_17

2007_11_17_olympus_om1_002_19

2007_11_17_olympus_om1_002_20

2007_11_17_olympus_om1_002_21

2007_11_17_olympus_om1_002_23

2007_11_17_olympus_om1_003_0

2007_11_17_olympus_om1_003_04

府中の市立美術館に初めて行きました。

前々から興味深い展覧会を開催していて気になっていたのですが行きそびれてました。

府中へは武蔵小金井駅前からバスが出ているのでそれに乗って出かけたら社宅団地の前の停留所で降ろされました。典型的な団地スタイルwww こんなところで降りて美術館に辿り着けるのかと少々不安でしたが小学校の前をテクテク歩いていくと公園の入り口が見えてきました。無事到着w

市立美術館って聞いて想像していたよりもずっとモダンな建物で驚きました。外観を撮影などしてから企画展へ(ぐるっとパス利用で割引ですwww)

今回はキスリングという画家の展示ということで、終了間際に駆け込みました。この人の作品、見たことはあったと思いますが、このようにまとまった展示を観るのは初めて。どんな人かもよく知らずに行きました。いつも同様の無謀さwww だが、、、良かったんです、とっても! ちょっと甘い感じのイラストレーションに近いテイストを持った油絵。初期のものから晩年のものまで揃っていたので年代によって少しずつ色の選び方が変化しているのもわかったし、思い切って行ってみてよかったです。明らかにフォビスムやキュビスムに影響を受けた作品もあったし変遷が見て取れました。中でも素敵だったのが女性を描いた作品。ちょっと小悪魔的でカワイく描かれていて魅力的でした。存命中から花形画家だったというのが解る感じ。とっても見やすい画風でした。お気に入り作家になりましたw

常設展は版画でしたが、こちらも非常に素晴らしい。版画作家については無知なので有名なのか無名なのか高いのか安いのかなどはサッパリわかりませんが、展示作品全体が醸し出す雰囲気があり、寄せ集めではないキューレターのセンスの良さを感じました。小ぶりとはいえ十分な広さのある館内はとても見やすかったし、近くの小さな市立美術館でこんなに楽しめるなんてちょっと嬉しくなりました。また展示が替わったら常設展だけでも見てみたいと思わせてくれました。侮れません!

朝一番で出かけたけどあっという間にお昼を過ぎてしまったので美術館併設のカフェで昼食。日が出てきたので外のテラスで頂きました。食後は美術館周辺の都立府中の森公園をお散歩。いくつかのオブジェを発見したのでパチリ。ここはオブジェも結構オシャレで凝ってます。噴水や日本庭園もあったりします。うーん、満足www

また一台増えちゃいました。。。 オリンパスOM-1

2007_11_13_olympus_om1_001_0

2007_11_13_olympus_om1_001_02

2007_11_13_olympus_om1_001_03

2007_11_14_olympus_om1_001_04

2007_11_14_olympus_om1_001_05

2007_11_14_olympus_om1_001_15

2007_11_14_olympus_om1_001_16

2007_11_14_olympus_om1_001_17

2007_11_14_olympus_om1_001_18

2007_11_14_olympus_om1_001_21

2007_11_14_olympus_om1_001_27

新しいボディーが増えたので試写してみました。

自分でもアホだと思いますが、また買っちゃいました。。。今回はOM-1ブラックです。

伯父のM-1を集中して使い始めたらこの使い勝手の良さにヤラレテしまい、予備にもう一台買っておこうということになりました。もう一台あればM-1が壊れても修理に出せるしイイかなと。。。

試写結果は。。。どうも露出計がちょっとずれてる気がします。ものすごく天気の良い午前中に撮影しているせいもありますが、オーバー目の仕上がり。ネガも黒めに上がっているのでオーバーなんだと思います。全体的にオーバーなのでASA感度で調節して使えばとりあえずはカバーできるかな? いずれにせよ近いうちに点検してもらった方が良いかもしれません。。。

ブラックボディって剥げると真鍮の金色が出てくるのかと思いきやこれは銀色が出るのですねぇ。。。最初、後塗りボディだったのかと思いましたが、地金が銀色のと真鍮のと2種類あるんだそうです。剥げ易いみたいでストラップなどが擦れると下地がすぐに見えるようです。その辺は気になるけど、フィルムレールもキレイだったしファインダーも明るく、露出計以外はスムーズな動きをしているのでこのまま使用することにしました。

露出は数本撮りながら様子をみようと思いますが、これでM-1持ってOM-1をサブに持って行けばかなりガンガン撮っても安心かなwww レンズは一個で使いまわせるので荷物減るし助かります。ムフフ。

OMシリーズの露出についてご存知の方がいらしたら教えていただきたいのですが、基本的に明るめの設定なのでしょうか?(ニコンは暗めというか渋めに適正露出を出すように設定されている気がします。)情報求む!です。よろしくお願いいたします。ペコリ。