2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

昭和のカメラで昭和なモノ撮り ニコンF-501

2007_01_20_nikon_f501_016_02

2007_01_20_nikon_f501_016_19

2007_01_20_nikon_f501_016_03

2007_01_20_nikon_f501_016_07

2007_01_20_nikon_f501_016_20

2007_01_20_nikon_f501_016_09

2007_01_20_nikon_f501_016_21

モノを撮るのは苦手なのですが、ここのところ部屋にコモって生活していたので、試しに チャレンジしてみました。リビングのちゃぶ台?の上に色画用紙を広げて撮っただけですけどねw

カメラは久し振りに、ニコンのF-501.これにNo.3のクローズアップレンズをつけて、小さなものにぐっと寄って撮ってみました。

私、とにかく物持ちがよいというか、モノを溜め込む習性があるというか、普通の人なら捨ててしまうような変なものを後生大事に持って続けていたりします。今回登場するのもそういうモノの一部。きっと20歳ぐらいの人には、これが何なのか、何に使う道具なのかわからない人もいるだろうなぁ(爆)

実は、この道具たちは比較的小さいものなので、今ほどセキュリティーがうるさくなかった時代はお裁縫セットと一緒に必ずカバンの中に入れておいて、海外旅行などに連れて行ってました。もう、これを持って飛行機には乗れないと思いますが。。。

今は、日本だけでなく海外でも缶ジュースは、ほぼ全てプルトップだし、缶詰も缶切り不要なものが多いので、あまり必要なくなってしまいましたが、外国で缶切りが無いと開けられない時など、重宝したりしてw

栓抜きもほとんど使わなくなりましたねぇ。こちらは昭和のモノではなくて、復刻版。2005年かな?ポッピーのオマケだったと思いますが、この栓抜き欲しさにコンビニで買っちゃいました。銀色でシンプルなところがいい感じw

マッチは、25年ほど前に渋谷ファイヤー通りにあったカフェのもの。この「バドマン」キャラクター、最近とある洋服屋さんで目にして懐かしくなり、取り出して撮影してみました。(ブックマッチは少しだけコレクションしていて、東京ディズニーランドや米国のディズニーランドやディズニーワールド、NYのクラブやレストランのものを所有してますw ディズニー系は禁煙時代になってからはマッチなんて作ってないんだろうなw ある意味貴重かも!)

今年の初梅 ニコンF501

2007_01_22_nikon_f501_016_22

2007_01_22_nikon_f501_016_23

2007_01_22_nikon_f501_016_24

2007_01_22_nikon_f501_016_e

              

              

                         

                 

本当はここで、お正月の写真が来るはずでしたが、急遽変更。今朝撮ったばかりの「梅の花」を少しアップします。雨上がりで、ちょうどこれから晴れてくるというところだったので、少し暗いですね。雨粒も見えます。

フィルムの残りが数枚だったので、4枚しか撮れなかった。全部載せちゃおうw 35ミリ-70ミリの標準ズームに、ニコン純正No.2のクローズアップレンズを着けて撮ってます。フィルムは初めて買ったけど、フジのFT400というフィルム。

撮ってる私の後ろで道路工事中でして、さっさと撮っちまったので、イマイチですが。。。

今日も朝はとても寒かったけど、花を見ると気分は春!うれしいなぁ(^^)

天皇賞の日 トイカメラ他

2006_04_30_nikon_13_12006_04_30_nikon_29

2006_04_30_nikon_342006_04_30_nikon_35 2006_04_30_taz_01

2006_04_30_holga_03_22006_04_30_holga_07 

天皇賞の日、お天気も良かったので夫婦そろって府中競馬場に出かけました。府中は広いし、明るいし、最近はテーマパークのように改装されていて、競馬場=おっさん臭いというイメージがないので、GI開催日に「ひなたぼっこ」に出かけます。

この日は、ニコンにはコニミノの白黒100を入れて行きました。あとは、最近手に入れた35ミリのトイカメラには、ポラロイド銘柄のAGFAHDプラス400、ホルガにコダックUC100を入れて、ユルユル写真&試し撮りとなりました。

トイカメラを使うのは久し振りです。暗いだろうと思ってISO400を入れましたが、荒れぐらい天気が良ければ、100や200でも大丈夫だったようです。すこしオーバー目でした。

ホルガもF=8で暗いカメラだからISO400をお薦めします!といろんなところに書かれているけど、私はいつも100を入れてます。フラッシュのついてない「120N」なので、天気の良い日に外で撮るのですから、100でいいでしょ。この日ぐらい明るければ、F=11か16ぐらいでも良かったかも。(残念ながら絞りは変えられない。)多重露光した写真は、明るすぎたから、白く飛びました。

この日、すっごく興味深かったのは、実は他の人が持っていたカメラ。他の行楽地に比べてカメラを持っている人の比率はかなり低いと思われます。(ほとんどの人が、新聞とペンを手に持ってますから、カメラを持つ余裕がございませんです。)

その中で、カメラを構えている人を見てみると、面白いことに200ミリ以上の望遠レンズを装着したカメラを手に一生懸命写真を撮っているのは、女性なのですw 男性陣は標準レンズやコンパクトカメラの方がほとんど。

パドックの手すりにへばりついてキャノンの望遠を構えていた3人組、その横にいたやはり望遠レンズの女性もさることながら、レース場のゴール位置をほぼ正面から狙える位置に陣取っていた女性は、デジタル一眼に500ミリぐらいの望遠をつけて、アルミのカメラケースに腰掛けて新聞で出走場のチェックをしながらの撮影でした。30代ぐらいのキレイな女性で、新聞記者ではなさそうだったけど、機材はプロ並みでした。

競馬もカメラも「男のもの」というイメージは完全に覆されておりますです。

ちなみに、天皇賞は当てました。予想通り、ディープインパクトとリンカーン!が来ました。しかし、いつも枠連で100円しか買いませんから、当選金は390円、チャリーンでしたw

今年の連休は、写真三昧なのでしたw

フィルタでクラクラ ニコンF-501

2006_04_17_nikon_001_022006_04_17_nikon_001_05_12006_04_17_nikon_001_102006_04_17_nikon_001_122006_04_17_nikon_001_132006_04_17_nikon_001_242006_04_17_nikon_001_252006_04_17_nikon_001_37

中古カメラ屋さんにカメラを見に行くと、デッドストックのフィルタの山が!廃業したカメラ屋さんから入手したというレトロな紙箱入り新品フィルタが山積みになっていました。値段もリーズナブルで300円か500円。

普段はけっこう値がはるのでクロス、ミラージュ、ソフトのフィルタや分厚いクローズアップレンズは買わないでいますが、この値段なら10枚買っても一枚分!

色々買い込んでしまいました。中には現在製造されていない種類もあり、どんな効果が出るのか試しに使ってみました。(フィルタを使っていない写真も混じってます。)

気に入ったのが小さくて白い花とクロスレインボーフィルタの組み合わせw 花弁からの反射光が虹色に光って、なんだかカワイイです!

難しかったのは、ミラージュフィルタ。被写体がズレズレでいくつも写るんですが、花の背景に建物が入ってしまうと、その建物も倍倍になっちゃって、ちょっと気持ち悪い。フレーム内に入れるものを限定しないとダメなようです。乱視の画像のようでちょっとクラクラするのが難点か。。。(私の場合、普段から満月はクローバー型に見えてます。)

フィルムはコニカミノルタのシンビ100プロフェッショナル。こんなにたっぷり色が出るとは。冬場はもっとあっさり暗めの写りでしたが、太陽光の色が違うんでしょうねぇ。まったりしっとりした感じになりました。

フィルタを付けるとちょっと暗くなるみたいでした。(露光倍数がかかるってことかな?)AFカメラなんだけど、露出を調節した方がいいのかな。カメラの説明書を読まないと。。。AFカメラの気持ちは、まだつかめていません。トホホ。。。

新芽 ニコンF-501

2006_04_06_nikon_002_052006_04_06_nikon_002_062006_04_06_nikon_002_072006_04_06_nikon_002_102006_04_06_nikon_002_122006_04_06_nikon_002_172006_04_06_nikon_002_22

最近、天気が安定しなくて写真日和が続きませんが。。。

春はお花だけではなく、陽光に透けている新芽たちに心を奪われます。

なにか、ホワっとした元気をもらえる気がします。

池の鯉も深呼吸。また写真を撮りに出かけたいな。。。

ズーム望遠で寄り寄り ニコンF-501

2006_04_06_nikon_001_032006_04_06_nikon_001_052006_04_06_nikon_001_13

2006_04_06_nikon_001_152006_04_06_nikon_001_2012006_04_06_nikon_001_182006_04_06_nikon_001_23

よく見てみると、このカメラで撮った写真をアップしていませんでした。(それにしても、すごいカメラの数になっていますねw)

このカメラ、母のお古のAF一眼レフです。20年前に発売されてすぐに購入し、約10年間、撮りまくったカメラです。よって、かなりキズも付いているし、カメラケースは風化して表面がボロボロと剥がれてきます。

AFなので電池が入っているのですが、なんと単3×4本なので、重い!あまりの重さに母も根をあげ、Canonの一眼レフに買い換えて、あまり使われていませんでした。そこで、昨年秋に、私が貰い受けたというわけです。(最近はそのCanonも重く感じるらしく、サイバーショットでパチパチして、小さなプリンタでおうちプリントして楽しんでる母。)

私が持っているカメラの中では一番ズームが効くので、桜や野球などの写真を撮る時に続けて連れて行きましたが、重くてヒジが痛くなりました。これで撮ってる頃、母が腱鞘炎になっていた理由がよーく分かりました。

ニコンでカメラの検査をしてもらったら、シャッターにエラーが出る、広角ズームの無限遠が出ないなどの不良を指摘されましたが、まだまだ現役。シャッターエラーも200枚に一枚ぐらいの割合でしょうか。今月はまだエラーは出ていません。

私を一万枚ぐらいは写してくれたカメラですから、本当に壊れるまで、ガシガシ使ってやろうと思います。AFが迷ったり、ズレたりするのが、ちょっと気になりますが。。。