2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

都立殿ヶ谷戸庭園 イハゲー・エクサIa

2006_04_06_exa_135_012006_04_06_exa_135_032006_04_06_exa_135_122006_04_06_exa_135_162006_04_06_exa_135_182006_04_06_exa_135_212006_04_06_exa_135_23

昨年末に衝動買いしたカメラ、まだあまり撮影していないのですが、昨日、エグザクタ・マウントのレンズを購入してしまったので、レンズの試し撮りを兼ねて、お花を撮ってみました。

新しいレンズは、エンナとかいうドイツのレンズで135ミリのF2.8。

EXAというカメラ、一眼レフなのですが、シャッタースピードがとっても遅く、1/175までしかありません。今の時代、フィルム感度がどんどん良くなっているので、こんなにゆっくりだと、晴天の日には結構、辛いものがあります。そこで、コニカミノルタのJX100を入れて、出かけました。本当は、ISO50のフィルムを入れたいところですが、もうほとんど売っていないので、しょうがないです。いつもどおり、露出は勘!シャッターが遅いので、絞り込んで撮りました。

何事も適当な私ですので、三脚もなし。だから、ピントがかなりズレてます。(ガーン)言い訳させていただくと、このカメラのファインダはとっても暗いので、開放でピントを合わせて、それから絞りを動かすのです。手持ちですので、絞りを動かしている間に、身体が動いてしまって、ピントが甘くなる。。。絞り込むと、ピントがずれているのがわからない(ほど暗い)ので、そのまま、シャッターを切ってしまうのでありました。あ~あ。

それでも、中古で購入したレンズには問題はなかったようで、「ほんわか」した感じに、写ってくれました。桜ではない、春の草花、かわいかったので、おすそ分けいたします。