2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

微妙な和風キャラクターw フラッシュフジカAFデート

2007_03_21_flash_fujica_006_13

2007_03_21_flash_fujica_006_14

2007_03_21_flash_fujica_006_15

2007_03_21_flash_fujica_006_17

2007_03_21_flash_fujica_006_19

2007_03_21_flash_fujica_006_20

2007_03_21_flash_fujica_006_22

2007_03_21_flash_fujica_006_24

2007_03_21_flash_fujica_006_e 2007_03_21_flash_fujica_006_23

神田明神の続きです。例の大きな鳥居の横に、甘酒屋&お土産物さんがありました。そこには大きなタヌキが!瓦も立体フィギュア!うーん。立体モノに弱い私としては撮らずにいられまへんw

神田明神は神社そのものというより、そこここにあるモノが面白くて、パチパチ撮っちゃいました。理由はわかりませんが、エビスさんが2つもあって、いい味出してるし(笑)予想外に楽しめました。

同じ場所をリコーでも撮ったので、次回は久々にリコーの画像をアップしたいと思います。

ノブはないけど。。。 フラッシュフジカAFデート

2007_03_21_flash_fujica_006_0_1

2007_03_21_flash_fujica_006_05

2007_03_21_flash_fujica_006_06

2007_03_21_flash_fujica_006_08

2007_03_21_flash_fujica_006_10

2007_03_21_flash_fujica_006_11

2007_03_21_flash_fujica_006_12

フィルム巻上げノブがポロっと割れてしまったフラッシュフジカですが、まだ使えるかなあと思って、持ち出しました。詰めたフィルムはフジの400FT。フジカにはフジフィルムでしょうと、単純な発想ですwww

昨日は天気が良かったので、前から気になっていた御茶ノ水方面へ出かけました。JR御茶ノ水駅から湯島聖堂、神田明神へ。その後、徒歩で湯島天満宮、東大前を歩いて友人のお家(寺町の中のお寺)を訪ねて、駒込から帰ってきました。

受験シーズンも一段落したからか、神社はそれほど混んでなかったです。(受験シーズンに神社が混むと思うのは、思い込みなのかな?笑)

ペンキの塗り替えをしている最中のようで、キラキラピカピカと色鮮やかでした。

何度かに分けてアップしようと思います。それにしても、神社の鳥居とマンションが交錯する景色って。。。なんだかなあ。。。

フラッシュフジカAFデートで撮る仙台

2006_08_24_flash_fujica_005_120012006_08_24_flash_fujica_005_090012006_08_24_flash_fujica_005_070012006_08_24_flash_fujica_005_00012006_08_24_flash_fujica_005_040012006_08_24_flash_fujica_005_130012006_08_24_flash_fujica_005_140012006_08_24_flash_fujica_005_18001

2006_08_24_flash_fujica_005_22001_22006_08_24_flash_fujica_005_230012006_08_24_flash_fujica_005_280012006_08_24_flash_fujica_005_34001

すっかり更新が滞っております。一週間ぶりの更新。。。なのにまだまだ仙台の思い出写真が残ってるという、なんとも間抜けな状況。。。今回はカメラを換えてアップしてみようと思います。

旅行で写真を撮るためにその昔に作られたと思われるカメラ。だから、旅行に連れて行きました。コニカミノルタのJX400を詰めて、大崎八幡宮や周辺のお寺巡りでパチパチしてみました。

大崎八満宮は修復工事が終わって間もないからか、目の覚めるような色彩。キンピカで、朝からビックリしてしまいました。望遠ズームではないので天女様などの細部までは写ってませんが、目がチカチカするほどの模様は見えるかな?(写真をクリックすると倍ぐらいの大きさになって少し見えるかも。。。)入り口付近の屋根の下に飾られた武将の絵なども日陰で薄暗かった割にはきっちり写ってくれてました。

この日はまず八幡宮へバスで行き、そこからテクテクと歩いて北仙台方面のお寺が並ぶ方面へ抜けました。あまりにたくさんのお寺を連続して見て回ったので、どれがどれやら。。。名前が分からなくなっちゃいましたwww ただ、暑い日だったのでこのお寺巡り、かなりツラカッタw 苦行か?いやいや、運動部の頃のトレーニングを思い出しました。お寺と神社が横一列に並んでいるのですが、どれも坂の上にあるので階段を昇らないとたどり着けません。車道から階段を昇りお参りして降りて来て、また次の階段を昇ってお参りして降りて。。。の繰り返しを6回かな?最後の方では、腿に乳酸がwww まあ、おかげで最近、脚がしまったような「気」がします。(気のせいですけど。。。)

そんなこんなで写した写真、思ったよりもキレイに、なんだか昔の絵葉書ちっくに写ってくれて満足してますwww

福生その2 フラッシュフジカAFデート

2006_06_07_flash_fujica_18 2006_06_07_flash_fujica_16

2006_06_07_flash_fujica_21

2006_06_07_flash_fujica_20 2006_06_07_flash_fujica_23

2006_06_07_flash_fujica_24

福生報告の続き。実は、福生で一番驚いたのは駅前の西友でしたw 物凄く広い店舗で郊外型モールのような雰囲気なのです。しかもJRの駅前。駅から陸橋で直結している。24時間営業の食品売り場も、さながらアメリカのスーパー並みの大きさで、食材なども都心の店舗と違うようです。

衣料品売り場にはOshkosh(オシュコシュ)のベビー服なんかも揃えてあるし、ベビー用品が充実してて、何でも揃うって感じです。スーパーというよりもデパートに近いかな。買い物もしないのに、ウロウロしてしまいましたw(スーパー大好き。海外でも必ず行きます。)

駅のホームでもパチリ。電話ボックスを写してたら、車内の車掌さんに怪訝な顔されちゃいましたw(ボケてるけどわかるかな?) 最近、電車や駅を撮るもんだから、ダンナに「鉄子」と言われる始末。私は断じて「鉄」ではありません。(キッパリ!)ただシャッターを押したくなるだけだもん。でもこれって、「鉄ちゃん」の兆候かな。。。

フジカハーフとともにフラッシュフジカにも、フジのフィルム、スペリア100を入れて試してみました。やはりこちらもいい感じ、アグフアより落ち着いた雰囲気です。せっかく違うフィルムで試してみたのだからともう一度最初のコダックゴールドの写真をスキャンして画像をじっくり見てみました。今見返すと、そんなにひどくはないんですねぇ。最初に「こりゃあ、ダメだ!」と思ったのは、劣悪なプリントのせいかもしれません。葉っぱの緑の色具合は変ですが、緑以外は悪くない。

やっぱり、プリントって大事だなあ。もっと研究が必要だわ。変なプリントがカメラのせいになってしまっては、カメラちゃんがかわいそ過ぎますね。

余談:カラーフィルムの現像を激安ショップに頼んだら、間違えて同時プリントしてきました。プリントはいらないので返品して、ネガだけ持って帰りました。プリントの具合をチラッとチェックしましたが・・・(ノーコメント)。まだまだ機械の自動補正だけでは自然な色を出すのは無理なようですね。こんなことやってると、さらにプリントが衰退しそうで悲しい。。。

たてもの園 フラッシュフジカAFデート

2006_05_31_flash_fujica_0 2006_05_31_flash_fujica_022006_05_31_flash_fujica_032006_05_31_flash_fujica_042006_05_31_flash_fujica_08

2006_05_31_flash_fujica_12

2006_05_31_flash_fujica_162006_05_31_flash_fujica_192006_05_31_flash_fujica_202006_05_31_flash_fujica_21

クロス現像写真の後半部分は小金井公園内にある「たてもの園」で撮影したものです。それほど広い博物館ではないのですが、懐かしい気分にさせてくれる建造物がたくさんあって、一つ一つ中に入って見学していると、あっという間に時が過ぎてしまいます。

下から2番目と3番目の写真は1937年に建てられたという写真館を移築したものですが、バウハウス風のデザインで素敵です。(流線型の印象はありますが、非対称のデザインだからアールデコではないと思います。)この写真館の内部写真は、エイムックのカメラマガジン2に掲載されています。

現在、昭和三十年代の生活を回顧する展示もあり、昔のおもちゃや雑誌、電器製品などもあり、ウルウルっとした気分になります。思ったよりも楽しめるので、お近くの方は是非、ご覧下さい。

以前、このカメラの記事で、色乗りが良くないので白黒専用機になりそうと書きました。ずっとそう思っていたので、あまり出番がありませんでした。しかし、リコーR1でフィルムによってかなりの差が出ることを知り、このカメラを持ち出しました。

色、出ます。ごめんなさい。フジさん、失礼いたしました!フジノンレンズは約30年経っても良く写ります。色の相性の良くなかったのは、Kodakのフィルムでした。やはりライバル会社だけあって、イメージしている色味が違うんでしょうねぇ。フィルムとレンズがケンカするのか、気持ちの良い色が出ませんでした。

今回は、ポラロイド銘柄のAgfa HD plus 400を入れてみました。アグフアとは相性がいいらしい。原色がクッキリ出て華やかな印象になりました。茶色などもシットリとちょっとだけ欧風な感じが出てます。やはり、このカメラも違ったフィルムを入れて好みの相性を見つけるべきかも。

それにしても、2台で一円!で手に入れたカメラでこんなに写るなんて。。。調べてみたら、1978年当時、定価が49,800円もしたんですね。当時の大卒初任給の半分弱の価格です。上等なカメラだったんだ。そりゃあ、写るはずです。AFやAEもしっかり動いていて、暗いところでフラッシュなしでも写りました。日付は2000年に対応していないので使ってませんが、月日だけを表示することも可能なので、使おうと思えば使用可。

白黒だけでなく、カラーでも出番が増えそうです(爆)。

超ひさしぶりのモノクロ写真 Flash Fujica AF Date

flash_fujica5flash_fujica6

flash_fujica7 

flash_fujica1

flash_fujica2                                                           

いったい、何年振りでしょうか。白黒のフィルムで写真を撮りました。たぶん、高校の写真部だった時以来のことだと思うなぁ。。。

このカメラ、ヤフオクで落札したもの。実はカメラ2台をなんと1円で手に入れてしまいました。さっそく、カラーフィルムを入れて試写しましたが、もう一台のミノルタ製はイマイチ、ピントが甘い気がしてお蔵入り。こちらは、カラーの色乗りがあっさりしすぎてて、私の好みではないので、お蔵入りしかけました。でも、時間が経って、そのカラー写真を見てみると、色は気に食わないものの、描写は悪くない。AFもちゃんと働いてるし、使わないのがちょっともったいない気がしました。

そこで、カラーの色が気に入らないなら、白黒にしちゃえば、その点は問題なくなると判断し、さっそく、コニカパンの400(ネコの絵のお手軽価格フィルム)を詰めてみました。

フラッシュフジカですが、今回はフラッシュを使わず、日中の公園や夜のイルミネーションやウィンドウディスプレイを撮ってみました。

結果は、けっこう、良いんでないかい?イルミネーションはISO400では今ひとつ、遊びが足りなかったようですが、ディスプレイはきれいに写せたような気がします。ちょっとクリスマスな気分かな?

このカメラ、これからは、モノクロ専用機になりそうです。(^^)