2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

西荻窪から中野へ ミノルタα-3xi

2007_10_05_minolta_a3xi_002_16

2007_10_05_minolta_a3xi_002_17

2007_10_05_minolta_a3xi_002_18

2007_10_05_minolta_a3xi_002_20

2007_10_05_minolta_a3xi_002_21

2007_10_05_minolta_a3xi_002_22

2007_10_05_minolta_a3xi_002_23

2007_10_05_minolta_a3xi_002_24

2007_10_05_minolta_a3xi_002_25

2007_10_05_minolta_a3xi_002_27

2007_10_05_minolta_a3xi_002_28

連続アップです。

西荻窪を撮影していて「ヘッドスパ」をやっている美容院を発見。その時予約を入れて翌日体験してきましたwww エステなどで人気が出ているので一度やってみたかったんですよねぇ!人気が出たので最近は町の美容室でもこれを取り入れるお店が増えているようです。

「ヘッドスパ」って丁寧なシャンプーと頭のマッサージという感じですが、気持ちエエですw 頭にはツボがたくさんあるから時間をかけて洗ってもらっていると眠くなる(爆)頭皮がキレイになるだけでなくリラックス効果が高いのがイイ感じ。女性はもちろんだけど会社で頭を使ってる男性こそ体験するといいような気がします。抜け毛予防にもなるらしいしw

この日も晴れていたので美容院に行く道すがらに数枚撮って、スパ終了後中野に向かいました。中野駅前周辺で色のキレイなものをパチリ。アグフアVista100だったので赤などキレイに出ました。スーパーもカッコよく写っちゃった(爆)ここでフィルム終了。

中野に通い慣れた方なら既にお分かりかと思いますが。。。そのままフジヤカメラへ直行。このミノルタ君とはバイバイしました。カメラを買い取りに出したのは初めてかな?ウチに一眼レフがなかった時にどうしても使いたくなって安いのを衝動買いしたもののその後ニコンやオリンパスを貰ったりペンFが修理から戻ってきたりしてマウントが増え過ぎ、使う機会がなくなってました。家で眠らせてるのがずっと気になっていたので良かったかな?思ったよりも高い値段で買取して貰えたのでこれもラッキー!誰かのおウチでしっかり使ってもらって下さいませ。(フジヤの在庫リストにないからボディーは既に売れたと思う。)

しかし、出来上がったネガを見ると結構イイ色出てますねぇ。。。ミノルタ、良かったのかも。後の祭りですが。。。

東京のど真ん中 3 アニーハーフ, ミノルタα-3xi

2007_10_03_annyh_004_20a

2007_10_03_annyh_004_22

2007_10_03_annyh_004_23

2007_10_03_annyh_004_25_2

ここまでアニーハーフ。

2007_10_03_minolta_a3xi_002_01

2007_10_03_minolta_a3xi_002_02

2007_10_03_minolta_a3xi_002_05

2007_10_03_minolta_a3xi_002_07

2007_10_03_minolta_a3xi_002_09

2007_10_03_minolta_a3xi_002_13

こちらはミノルタ。

相田みつを美術館を出て次は出光美術館に向かうことにしました。

しかし、有楽町の駅前のビルが姿を現していたので気になってオープン直前の姿をパチリ。マリオンに加えてイトシアと高層ビルがニョキニョキです。金曜日にオープンしたばかりですが、ドーナツ屋さんは3時間待ちだったとか。。。3時間並んで疲れた身体に甘いドーナツはさぞ美味しいことでしょうwww

出光美術館は帝劇ビル9階にあるというので、トットコトットコ歩いて行きました。有楽町のコンコース、レトロねぇとパチリ。そして愕然とする。アメリカンファーマシーがない!無い!やっぱり無い!!!もう随分前に有楽町店は丸ビルに移転したそうです。。。あそこに昔懐かしいアメリカンな店舗があったのが好きだったんだけどなぁ。。。子供の頃によく行った神戸のファーマシーと似た雰囲気が好きでした。。。再生するのかと思っていたら、移転だったんですねぇ。ちと悲しい。。。

日比谷シャンテの前を通り、宝塚劇場を通り過ぎて劇場へ。そしてハタと気づく。またしても日生劇場へ来てしまった。。。私、いつも帝劇へ行こうと思って日生に行っちゃうんですよねぇ。帝国ホテルがあるからついつい帝劇と思うと帝国ホテル側へ行ってしまう癖がついてます。(何回間違えれば学習するのだろうか。。。)

日生劇場はジャニーズ事務所の翼君の公演中だったのでカメラ片手の女子がタムロシテマシタ。そんなところへカメラぶら下げたオバサンが混じってしまって。。。恥ずかしいったらありゃしない(爆)日生の外観をパチリして、そそくさと歩き出しました。

皇居に面した通り沿いに帝劇へ。この辺りもビル、外観がステキなのでパチパチ。第一生命の看板は右から左へ書いてあるのをパチリ。そして、肝心の帝劇の写真を撮り忘れました(爆)

出光美術館では「仙厓・センガイ・SENGAI 禅画にあそぶ」開催中(~28日まで。)これもぐるっとパスで入館できる展覧会だったので日本画や禅画などは見たことがなかったのですが行ってみました。大受け!って受けてイイのかどうかわかりませんが、漫画の原点、ヘタウマ絵の源って感じです。筆でスイスイ、サラサラと描いただけなのに物凄く特徴や雰囲気がとらえられているんです。そしてカワイイwww 愛らしい表情なんです。いやあこんな画があったなんて知らずにいて損しました。(世の中知らないことだらけだわ。。。何見て生きてきたのやら。。。)

私のお気に入りは「とど画賛(天保3年)」と「花見画賛」。両作品とも絵葉書が売られていたので即購入www お花見の絵は宴席をスケッチしたものですが、15人ほどの人物にキャプションがついてて「おやぢ寒がる」とか「踊る」「見ている」とか書いてある。しかもグシュグシュと黒く塗りつぶされた人物には「書きそこない」って。あまりの大らかさに美術館の中で笑いを堪えるのに苦労しました。

この展覧会も若い人の方が多かったくらい、大学生ぐらいかなぁ。。。年配の人よりも若い人が熱心に見入ってました。今やアートの関心は欧米ではなくて和モノにあるのかな?アメリカモノに憧れて育った年代の私からすると、とっても不思議な感じがします。アニメやマンガなど欧米が日本の真似をする時代ですから、海外作品よりも日本作品を見る方がいいのかもなぁ。。。

そんなこんなでこの日は終了。今回はぐるっとパスを使い切り、随分と儲けさせていただきましたw 大満足w

東京のど真ん中2 ミノルタα-3xi

2007_10_03_minolta_a3xi_001_19

2007_10_03_minolta_a3xi_001_20

2007_10_03_minolta_a3xi_001_24

2007_10_03_minolta_a3xi_001_23

2007_10_03_minolta_a3xi_001_26

2007_10_03_minolta_a3xi_001_27

2007_10_03_minolta_a3xi_001_28

2007_10_03_minolta_a3xi_001_212007_10_03_minolta_a3xi_001_32

2007_10_03_minolta_a3xi_001_33

2007_10_03_minolta_a3xi_001_36

銀座は高級でお洒落な街のイメージだけど、かなり変わった看板があったりしますw

なんたって、ヒサヤ大黒堂の大きな一文字が燦然と輝いております。

つばめグリルもいつの時代の看板かわからないようなデザイン。オジサンはドン・ガバチョみたいだし。。。つばめグリルを写したらつばめタクシーが前を通ってました。スキャンして気がついたwww

アサヒペンのペンキの缶が宙に浮いてるのも、かなり不思議。しかもこれ、自転してるしw梅田の斜めになったプロミス看板同様不思議ですwww

パテック・フィリップはブランドですが、この看板(白黒だとイマイチわからないが年季が入っててタイムスリップしそうですw)

ポーラ ミュージアム アネックスもいつもすてきな展示を行っている所。残念ながらこの日は展示を変更中で開いてませんでした。

東京駅から京橋経由で歩いて有楽町に到着。東京国際フォーラムの相田みつを美術館へ。今まであまり興味がなくて一度も入ったことがなかったのですが、ぐるっとパスで入場できるので入ってみたら結構イケル!気づくのが遅すぎ(爆)標語風というか説教臭いイメージがあったのですが、書の実物を見てみると全然違うのね。。。どの言葉も自分自身に言ってると感じました。だから言葉が強いのかな。。。観に来ていたのは意外に若い人、カップルが多かったです。これには驚きました。私が知らんかっただけか。。。

「書」って上手い下手とか全然わからないのですが、これを見たあとに普通の素人の書道展を観に行ったら書家の作品と素人の作品はこれほど違うものかと愕然としました。(素人って言ってもお習字の先生とかも居るんですが。。。)何が違うって「文字から言葉が染みて来るか来ないか」という感じ。やはりどんな作品もナマで見て感じないといけませんねぇ。。。反省反省。 つづく

東京のど真ん中 1 ミノルタα-3xi

2007_10_03_minolta_a3xi_001_01_2

2007_10_03_minolta_a3xi_001_03

2007_10_03_minolta_a3xi_001_05

2007_10_03_minolta_a3xi_001_06

2007_10_03_minolta_a3xi_001_07

2007_10_03_minolta_a3xi_001_08

2007_10_03_minolta_a3xi_001_10

2007_10_03_minolta_a3xi_001_14

2007_10_03_minolta_a3xi_001_16

2007_10_03_minolta_a3xi_001_17

2007_10_03_minolta_a3xi_001_18

東京駅から日比谷辺りにも美術館があるのでカメラを持って出かけました。

東京駅は街になるのキャッチフレーズで東京駅周辺の開発も進められていますが、駅のこちら側に出ると相変わらずドーンと大丸、ガランとした大通り、リムジンバスってな風景で大阪駅周辺のように人が歩いてないって感じです。

駅前の道をまっすぐブリジストン美術館へ向かいましたが、この日は展示切り替えのため休み。入れず残念。この周辺、平和のオブジェやキリン、卵?のようなパブリックアートがありますが、あまり皆さん関心がないようで、誰も立ち止まって見たりはしないようです。

銀座方面へ向かうと明治屋のビル。武蔵小金井の明治屋は数年前に閉店してしまいました。輸入菓子と調味料ぐらいしか買わなかったけど。。。それにしてもこのビル、ステキ!なんだかマンハッタンの建物のようでしょ?モノクロで撮ると余計にそんな感じに見えます。う~ん、イイねぇイイねぇw

もう少し歩くとパイロット(万年筆)のカフェとミュージアムがあります。何も食べなくても入れるのでツカツカと階段を上ると豪華絢爛な蒔絵の万年筆とかペンの歴史とか色々コンパクトに展示されています。最近、高級文具に人気があるようですから一度見てみるのも楽しいかもw 昔のカートリッジインクが飾ってあり、とっても懐かしい気分になりました。中学生ぐらいの頃、万年筆にハマったもんです。(シェーファーの安モンw)カラーインクで交換日記なんかを書いたなぁ~w

また少し歩くとイナックスのギャラリーがあります。現在「石はきれい、石は不思議展」開催中!河原や世界各地で拾った綺麗な色の石がたくさん陳列されています。ただの石なんですが、ほんとにさまざまな色のものがあり、思わず「おおお!」と思っちゃいますw

この辺り、歩いてみると見るところがたくさんあります。ワクワクしながら散歩しましたw 

つづく

AGFAウルトラを使ってみた 続御嶽渓谷 ミノルタ

mitake_ultra_01mitake_ultra_22mitake_ultra_15mitake_ultra_30mitake_ultra_16mitake_ultra_23mitake_ultra_37 

ずっと使ってみたいと思っていたけど、ちっとも手に入らなかったフィルム、アグファのウルトラ100をヤフオクで入手したので、御嶽渓谷の紅葉を撮るのに使ってみました。

紅葉は中間色が多いからか、よく言われるような、濃厚ではっきりした色はあんまり出ませんでしたが、こうやってスキャンしてみると、純正プリントで見たときよりも色が鮮やかな感じです。

渓谷では釣りをしている人、バーベキューしている人、スケッチしている人も居たけれど、一番印象的だったのは、カヌーしていた人でした。何人もの人が、川の流れを下ったり上ったりして、練習してました。都心からこんなに近いところで、こういう遊びも出来るんだと感動!何枚も写真を撮ってしまいましたw

時期ハズレですが、ミノルタ一眼

mitake_pl_09

mitake_pl_05mitake_pl_12mitake_pl_08

mitake_pl_03 

年も明けたのに、今さらですが。。。2005年11月中旬に出かけた御嶽渓谷の写真をアップしてみたいと思います。フィルムをスキャンできるようになったので、やっとハーフのポジ写真などがアップできるようになったので、気に入ったものをチョコチョコあげて行こうと思います。

ズームレンズ付きのミノルタの一眼レフにAGFAのVistaを詰めて、PLフィルターを使用して紅葉を撮ってみたものです。レンズがイマイチなのか、ピントがシャープでないのが気に入らないのですが、色味は結構面白いものが出せたような気がします。

ネイチャー系?!の写真ですが、どんなもんだろ。雰囲気出せてるかな。まずは、ノーマルな写真から行ってみたいと思います。