2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

テレ6だけどフルサイズでモノクロ キヤノンオートボーイテレ6

2008_04_21_autoboy_tele6_017_10

2008_04_21_autoboy_tele6_017_11

2008_04_21_autoboy_tele6_017_13

2008_04_21_autoboy_tele6_017_14

2008_04_21_autoboy_tele6_017_15

2008_04_21_autoboy_tele6_017_19

2008_04_22_autoboy_tele6_017_20

2008_04_22_autoboy_tele6_017_26

2008_04_22_autoboy_tele6_017_29

2008_04_22_autoboy_tele6_017_31

ひさびさのオートボーイテレ6登場。

フル&ハーフサイズ切り替えのAFコンパクトカメラで、普段はハーフで撮ることが多いけど、今回はフルサイズで。。。

このカメラ、暗くなってくると強制的にフラッシュを焚くので夕方はピカピカ光っちゃいます。おかげでブロンズ像が異様な雰囲気に。。。面白いからいいやwww

普通に良く撮れちゃうカメラなので立場的には微妙。。。なんですが、何も考えなくて良いという点ではいいのかな?ゴロっとしてて大きめなのは最近の小さなコンデジを見慣れると不便だけど(実際小さなデジイチより大きいかも。)まあ構えやすいから良しとしよう。

<ペンスケ展>

ご来場ありがとうございます。ブログ他ネット上ではいつもお話しているけれど、初めてお目にかかる方もあって、オフ会気分です(^^) こんなにいろんな方にお会いするんなら、ダイエットしてエステにも通って少しでもプリティになっておけば良かったかしらん。。。とか思ったりして(爆)時すでに遅し。(爆×100) 飾ってもしょうがないから、自然体で行くことにしますwww 午後、会場に横にデカイのが居たら私ですので、お声掛けてくださいませ。(^^;)ちなみに明日土曜日は在廊いたしません。。。あしからず。。。

清澄へ キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_08_autoboy_tele6_016_21a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_22

2007_11_08_autoboy_tele6_016_23_2

2007_11_08_autoboy_tele6_016_25a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_26a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_27

2007_11_08_autoboy_tele6_016_27a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_28

2007_11_08_autoboy_tele6_016_28a

代々木から地下鉄大江戸線に乗り換えて清澄方面へ行きました。

清澄のギャラリーでアンディ・ウォーホールのポラロイド・ポートレート写真を展示しているので、生ポラを見るべく出かけました。

場所が良くわからずに出かけたのですが、清澄白河駅に降り立つと見たことのある風景。それでもまだ良くわかっておらず公園を抜けて歩いていくとコンクリート工場に出てしまいました。日本のコンクリートの草分けの工場らしく、コンクリート記念碑もあったのでパチリ。

なんだか行き過ぎたみたいと思いながらグルッと歩いていくと、あらら、ミヤケ・ファイン・アートって小山登美夫ギャラリーと同じ倉庫ビルじゃないですか。。。辿り着くまで気づかないなんてアホとしか言い様がない。。。

ウォーホールの生ポラはスゴイ!なんたって値段がスゴイ!!ポラロイド一枚が1万ドルです。ヒエ~!

まあ一点ものだからしょうがないか。写ってる人もほとんど超有名人だし。ポラ展は12月まで開催中なのでご覧下さい。見るだけならタダですwww

ギャラリーの後、現代美術館方面へ向かうことにしました。途中に深川江戸資料館があるので、そちらも見学することに。資料館前の通りはレトロ感を漂わせたお店が並んでます。最後の写真はフィルム終わりで切れちゃいましたが、店主(と思われる人)がちょんまげのかつらを被ってたりしてwww

資料館自体は江戸の長屋などを再現しているのだけど、資料はコピーが多いし、建物も再現なのでドラマのセットみたいな感じ。もう少し第一次資料があってナマで見られると良いのですが。。。でもボランティアの方が江戸文化について解説なさってたりしてました。

清澄、つづきます

ヘアスプレーを立川で観る キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_07_autoboy_tele6_016_11

2007_11_07_autoboy_tele6_016_11a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_12

2007_11_07_autoboy_tele6_016_13

2007_11_07_autoboy_tele6_016_13a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_16

2007_11_07_autoboy_tele6_016_16a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_17

2007_11_07_autoboy_tele6_016_17a_2

2007_11_07_autoboy_tele6_016_18

2007_11_07_autoboy_tele6_016_19

2007_11_07_autoboy_tele6_016_20

久し振りにミュージカル映画のエントリーです。

懐かしい映画「ヘアスプレー」を舞台ミュージカル化した作品の映画化。ややこしい(爆)要するに進化して先祖返りした映画です。

元々の映画は超カルト映画監督ジョン・ウォーターズが80年代後半に作った映画。カルト時代からのヒロイン、ディヴァインがいつもの如く女装して母親役で出てたけど、ウォーターズ監督作品の中では最もおとなしいカルトではない作品だった。コメディーとして十分面白かったけど、当時、「監督、あなたの毒は何処に行ったのさ?」とちとガッカリしたもんでした。まあ、コレ以前のカルトな作品は下品極まりなく好きだと公言する気にはならないがナントモ言えぬパワーがあったから「良い子」を作っちゃったなぁと思ったものでした。

ローカルテレビのダンスショーで踊りたい!が夢のおデブな少女が主人公なので歌&踊り入り映画の部類。私のビデオコレクションにも入ってました。その作品が2002年に舞台化され来日公演も行われた後、舞台ミュージカルの映画化作品になったわけです。

ネット上の観客レビューを読んでもとても高評価だし、劇場を出る時の周囲の反応も好意的でしたが、私としてはオリジナル映画にも増して「良く出来た子」という感じでした。ディヴァインが演じていた母親役を女装のトラボルタが演じた訳だけど、彼が演じなきゃならない必然性が感じられない。ただ大柄な女に化けてみましたというだけ。ディヴァインの母親には母親らしさが感じられたからなぁ。。。やはりココが弱いと全体がボケる気がしました。

もちろん同じ年代を描いた「グリース」主演のトラボルタと「グリース2」主演のミシェル・ファイファーを母親役で対決させるというキャスティングの面白みはある訳だけど、男性が母親役を演じるのだからもっと何かが欲しかったと思う。逆にファイファーは「鶏がら」な母親の味を上手く出してたwww オリジナルでデボラ・ハリーが演じてたのとも違和感なく良い感じ。厭味な女を演じててグッドでしたよん。

でも一番良かったなと思ったのは予想に反してクイーン・ラティファだった。この人自身、大き過ぎる胸を「減胸手術」したことがあるはずだけど、ビッグママな感じを出してて歌も上手くなった気がする。初めて映画に主演した時は迷走してるなぁ、この後どうするつもり?と心配したほどだけどスンナリ映画界でメジャー作品に出られる女優になったのはアッパレです。(初主演映画は確か女強盗犯グループの一員でレズビアンの役だった。あれは酷かった(苦笑))

とはいえ、全体的には娯楽作品として楽しめる作品なのでDVDを借りて見るにはイイかな。そういう感じの作品でした。

立川で朝一番の上映を観たので近辺を散歩しながら映画のイメージに近いポップなものをパチリしました。鬼のすべり台の公園、電車の中から見えて気になったので行ってみましたwww エリマキトカゲの遊具もあって何だかユニークですねぇ。変わった公園でした。

さて次に劇場で観る映画は何でしょうかねぇ。。。

ハーフな青山骨董通り キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_05_autoboy_tele6_016_01_2

2007_11_05_autoboy_tele6_016_01a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_02

2007_11_05_autoboy_tele6_016_02a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_03a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_05

2007_11_05_autoboy_tele6_016_05a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_06a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_09a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_03_2

2007_11_05_autoboy_tele6_016_06

2007_11_05_autoboy_tele6_016_08

2007_11_05_autoboy_tele6_016_08a

                        

                       

                         

                       

                      

ある平日の朝、お天気だったので都内に出たついでに青山に行ってみることにしました。歩いているうちにだんだん曇ってしまい、写真が暗くなっちゃいましたが、久し振りの看板シリーズですw

原宿まではちょくちょく行きますが青山の裏通りまで来たのは久し振り。前にも増してお店が増えているのには驚きました。

この辺り、ファッションブランドのメインショップやショールームなどがあるようで、最近はお店にギャラリーが併設されていたりします。現代アートや写真展などが開催されていることが多いので、お買い物でなくても楽しめるようです。

一枚目は昔よく通った山小屋風のレストラン。まだ健在でしたwww なんたって紀伊国屋スーパーがありませんからこの辺りの景色も違ってます。昔ながらのお店が残ってるだけでホッとします。

青学近くの交差点、昔から派手な看板が掛かってましたが今はロコモコフードのお店でしょうか?これまた派手です。

やはりファッションのメッカ、看板もオシャレです。自転車置き場のマークさえチョコンとオシャレに飾られてましたw 

とはいえ、ふと見ると落書きがあったりもします。お弁当屋さんや不動産屋さんは郊外よりも地味というかなんというか。。。「よい子の通学路」があったり、「ト音記号のおばさま」の店???があったり。なんかカワイイ。ちょっとアンバランスなところが面白い青山でした。

スナップカメラで花を撮る キャノン オートボーイ テレ6

2007_01_20_autoboy_tele6_015_16

2007_01_20_autoboy_tele6_015_16a

2007_01_20_autoboy_tele6_015_21

2007_02_03_autoboy_tele6_015_22

2007_02_03_autoboy_tele6_015_23

2007_02_03_autoboy_tele6_015_23a

2007_02_03_autoboy_tele6_015_e

2007_02_03_autoboy_tele6_015_ea_1

前回に続いて、オートボーイの登場です。フィルム一本撮り終えるのに延々と掛かったので、春の花まで咲いてしまいましたw

基本的にオートボーイとかはそれほど寄れないカメラ。だから、梅みたいな小さな花を撮る人は少ないと思います。でも、私ですから撮っちゃいます(爆)

最近は梅でも桜でも望遠マクロでググっと寄り寄りが基本のようですが、私としては寄れないカメラで小さな花を撮るのって結構好きかもw 寄り過ぎると、花の図鑑写真みたいになっちゃって。。。そうじゃない撮り方を昨年から模索中。これがなかなか難しい。花がわかって、なおかつクローズアップじゃなくて。。。ピントも気にしないで雰囲気をつかみたいんですが。毎年撮ってるうちに、上手になるかな。。。???

寄り過ぎると、後ろの幹にピントが合っちゃったりして失敗しますが、こんなカメラでも、花が咲いた感じが出せたらいいなと思いながら、パチパチしてますwww

久し振りの活躍 キャノンオートボーイ テレ6

2007_01_13_autoboy_tele6_015_0a

2007_01_13_autoboy_tele6_015_02

2007_01_14_autoboy_tele6_015_05

2007_01_14_autoboy_tele6_015_07a

2007_01_14_autoboy_tele6_015_08

2007_01_14_autoboy_tele6_015_09a

2007_01_14_autoboy_tele6_015_10a_1

2007_01_14_autoboy_tele6_015_11a

2007_01_14_autoboy_tele6_015_12a

2007_01_14_autoboy_tele6_015_15a   

                    

                

                

               

しばらく使ってなかったなあと思って、今年になって取り出してみました。街歩きに連れて行くだけなのでハーフカメラだと、なかなかフィルムが終わりませんでした。写真を撮ろうと思って出かけると物凄くたくさん撮りますが、カバンに入れておくだけだと、一枚も撮らずに帰ってきたりして(苦笑)2月になってやっとフィルムが終了しましたw

なので、今回アップする辺りは1月の撮影になりますw 時期外れですが、何枚か(自分としては)好きな雰囲気のものがあったので、アップしちゃいます。

ペンキと公園 キヤノンオートボーイテレ6

2006_06_19_autoboy_tele6_002_12a001_2

2006_06_19_autoboy_tele6_002_15a0012006_06_19_autoboy_tele6_002_14a001 2006_06_19_autoboy_tele6_002_17a0012006_06_19_autoboy_tele6_002_180012006_06_19_autoboy_tele6_002_19a001

2006_06_19_autoboy_tele6_002_16a0012006_06_19_autoboy_tele6_002_170012006_06_19_autoboy_tele6_002_19001 2006_06_19_autoboy_tele6_002_21001_22006_06_19_autoboy_tele6_002_230012006_06_19_autoboy_tele6_002_24a0012006_06_19_autoboy_tele6_002_250012006_06_19_autoboy_tele6_003_010012006_06_19_autoboy_tele6_003_02a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_04a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_050012006_06_19_autoboy_tele6_003_05a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_080012006_06_19_autoboy_tele6_003_10a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_11a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_13a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_14_12006_06_19_autoboy_tele6_003_15a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_160012006_06_19_autoboy_tele6_003_170012006_06_19_autoboy_tele6_003_190012006_06_19_autoboy_tele6_003_19a0012006_06_19_autoboy_tele6_003_210012006_06_19_autoboy_tele6_003_23a10012006_06_19_autoboy_tele6_003_25a001

武蔵国分寺から西国分寺に向かって歩き出すと、小さな児童公園と消防署がありました。ペンキのような色を見ると、ムラムラしてくる私(ペンキフェチか?)歴史散歩を中断して、消防車やゴミ箱や遊具等など撮りまくってしまいました。

一段落して歩き出すと、またまた公園の入り口がありました。地図には広大な公園が載ってます。どんな公園か見たくなってずんずんと中に入って行きました。良く整備された広い公園です。でもほとんど人が居ない。こんな空間があるのに皆、どこにいるんでしょう?

最近、公園が好きで、無料有料の公園、そして植物園、水族館、動物園などにも出かけます。そして思うのは、有料のところほど人が利用していて、無料の公園はキレイに整備されているにも関わらず、空いていることが多いってこと。。。公園は憩いの場だけではなく、災害時の避難場所として設けられているので、平常時に稼働率が低くても良いんでしょうが、かなり「もったいない」です。

NYにいた頃、公園や広場ってどこも人がたくさんいました。日向ぼっこしたり、本を読んでいたり、昼食をとったり。みんな公共の場を効率よく利用することが多かったように思います。東京はどうなんでしょうか?私も含めて上手に使いこなせているかしら???

ずいぶんと広い公園だったので、ずんずん歩いているうちに西国分寺とは反対側、国分寺駅に近い側の入り口までやって来てしまいました。(こちら側には人が居ましたw)気の早い向日葵が咲いていたり、不思議な煙を吐き出すオブジェがあったり、池にはカメが泳いでましたw

ナイターの始まる時間が近づいてきたので、ここから折り返して国分寺に戻ることに。少し歩き出すと、知っている道路に出ました。以前診療を受けた病院。なあんだ、ここの傍だったんだ。目的地に直行するばかりで、周囲を見ていないから気づかないことがたくさんあります。また天気の良い日に、お散歩することにしますw

フィルムは、Polaroid (Agfa)HDPlus & Agfa Vista400 写真をクリックすると大きくなります。

国分寺歴史散歩 キヤノンオートボーイテレ6

2006_06_19_autoboy_tele6_001_10001_22006_06_19_autoboy_tele6_001_11a0012006_06_19_autoboy_tele6_001_12a0012006_06_19_autoboy_tele6_001_130012006_06_19_autoboy_tele6_001_13a0012006_06_19_autoboy_tele6_001_140012006_06_19_autoboy_tele6_001_150012006_06_19_autoboy_tele6_001_16a0012006_06_19_autoboy_tele6_001_20a0012006_06_19_autoboy_tele6_001_23001   

2006_06_19_autoboy_tele6_001_24001

2006_06_19_autoboy_tele6_002_01a001

2006_06_19_autoboy_tele6_002_02a0012006_06_19_autoboy_tele6_002_020012006_06_19_autoboy_tele6_002_060012006_06_19_autoboy_tele6_002_11001

2006_06_19_autoboy_tele6_002_14001

現在住んでいるところは、武蔵野と呼ばれる東京の西に位置する地域です。すっかり東京の郊外になっています。でも、古くはこの辺りが関東の中心だったようですね。ですから、奈良時代とかの古いお寺などはこの辺りにあったらしい。ということで、JR国分寺駅から散歩道の矢印をたどりながら、テクテク歩いてみました。

歴史散歩とはいえ、駅の近くに建っているのは、オシャレなお家が多かったですw アジサイも綺麗に咲いてました。すると、小さな像が路地にありました。ここから歴史散歩の始まり。ちょっとわかりにくいけれど、標識に従って民家の間を歩いて行くと、公園に出ます。ここにも散歩道の標識が出ているので道を確認して歩きだすと道路にマークが!

散歩道にはこのタイルの標識が埋め込まれていることを知りませんでした。名水100選にも入っているといわれる湧水が流れる川では少年たちがザリガニや蛙を捕まえて遊んでました。川沿いの「お鷹の道」を抜けて行くと、現在の武蔵国分寺に辿り着きします。JR国分寺からゆっくり歩いて30分ぐらいでした。

御本尊の薬師如来は国指定重要文化財だそうです。普通の日にお目にかかることは出来ませんが、年に一度はご開帳するとか。また秋に行ってみようかな。お寺の境内は万葉植物園になっていて、その昔、歌人たちが詠んだ草花を中心に収集しそこら中に植えてあります。花の種類には疎いので、良くわからない種類のものもありますが、700種にも及ぶとか!歌に詠まれた植物には、その歌の書かれた札がたてられていました。

なんだか東京というのを一瞬忘れたひと時でした。とはいえ、京都のように歩けども歩けども古都の面影が残っているというわけではないのが哀しいかな。。。でも東京都下の家から徒歩で行ける場所にザリガニがいるなんて思ってもみなかった!

ちょっと得した気分ですw フィルムはPolaroid (Agfa)HDPlus400.

代々木・新宿 キヤノンオートボーイテレ6

2006_06_16_autoboy_tele6_c_012006_06_16_autoboy_tele6_c_01a2006_06_16_autoboy_tele6_c_04a2006_06_16_autoboy_tele6_c_052006_06_16_autoboy_tele6_c_05a2006_06_16_autoboy_tele6_c_062006_06_16_autoboy_tele6_c_072006_06_16_autoboy_tele6_c_08

最近、また新宿へ出かけることが多くなりました。カメラや写真をやりだすと、フィルムや用品を探しに出かけてしまいます。現像も新宿で頼んだり。

以前に新宿へちょくちょく出かけたのは、ゲームにはまってた頃(ソフマップの中古ゲーム漁り)とMac関連のグッズやソフトを探してた頃。MD、CD、HDプレイヤーなどもやっぱり新宿で見たり買ったりする事が多いかな。

東京に出てきたばかりの頃は、新宿は何となく怖いイメージで、寄り付かなかったのですが、年取ってくるとヘッチャラになりましたw 年の功ですwww 浦安に住んでいた頃は、原付バイクで秋葉原まで一っ飛びでしたが、東京の西側に住んでしまうと、秋葉原はちと面倒。出物情報を掴んだ時ぐらいしか行かなくなりました。そうなると便利なのは新宿。

電器屋さんもあるし、中古カメラ屋さんもあるし、カメラメーカーのサービス窓口もあるので、やっぱり西口側をブラブラすることに。。。(ニコンとキヤノンが西新宿。)私が行くところはいつも男性の比率が異常に高いところばかりですねぇwww ま、オバサンには誰も見向きもしませんし、ナンパもされませんから、安心(ん?)ですけど。

代々木もチョコチョコ出かけます。昔はここのダンスのレッスンに通ったりしてたのですが、最近はもっぱらバーゲンセールと代々木カメラかな。(ある衣服メーカーのサンプルセールが年に2回あり死闘が繰り広げられます。90%オフだもの、参戦しちゃいます。)

代々木で降りてプラプラ歩きながらサザンテラス-紀伊国屋-ハンズなどを散歩するのが気に入ってます。

今回はそんなプラプラ歩きで撮った写真。フィルムは早く使い切らねばヤバイ、ポラロイド(Agfa)HDプラス400。粒子粗いですw 

あ、そうそう。このカメラの欠点(?)は、フラッシュが自動発光なこと。薄暗くなると勝手に光ります。上の真っ赤なネオンぐらいの光量があって400が入ってればフラッシュは発光しません。しかし下の写真、上ぐらいの明るさだと、下のようにピカっと光っちゃいます。(以下2枚は近所の飲食店で、新宿ではありません。)

2006_06_16_autoboy_tele6_c_09_12006_06_16_autoboy_tele6_c_09a_1

暗いのを撮りたいときは、強引に左手人差し指で、フラッシュをふさいでしまい、ネガに頑張ってもらいます。良く届くフラッシュなので、飲み会なんかでは重宝するんですけど。。。

しばらくオートボーイが続きます。

渋谷までの散歩 キヤノン オートボーイテレ6 

2006_06_16_autoboy_tele6_bw_05_12006_06_16_autoboy_tele6_bw_092006_06_16_autoboy_tele6_bw_08a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_14a_12006_06_16_autoboy_tele6_bw_15a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_162006_06_16_autoboy_tele6_bw_18a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_19a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_202006_06_16_autoboy_tele6_bw_20a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_222006_06_16_autoboy_tele6_bw_23a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_24a2006_06_16_autoboy_tele6_bw_25a

トリップ35と一緒に連れ出したのがこのカメラ。こちらにはフジのネオパン1600というのを入れてみました。初めて使うのでどんなものかわかりませんでしたが、お試しお試し。もっと、ツブツブするかと思ったらそれほどではなかった。現像処理の仕方で変わるのかな?自分で処理して無いし指示もしてないのでしょうがないですね。

この日は、中目黒から代官山の駅近くまで来たところで、トリップ35のフィルムが終了したので、続きをこのカメラで撮りました。カメラの調子が悪いのかと思うほど、いい感じの写真がないのですが(カメラのせいにしてる、私。自分のせいです、明らかに。)、とりあえずアップしてしまいます。

以前、代官山も好きでよくカフェに本を持ち込んで長居したので、その店があるか確認。周囲の雑貨屋さんも変わらずにありましたし、好きだったお店はまだありましたw 一休みしてケーキ食べちゃいました。それからまた歩いて渋谷に。中目黒から渋谷まで徒歩で移動したのは初めてでしたが、意外に近かったのには驚きました。さすがに代官山には落書きが少なくて、渋谷に近づくに連れて増えてました。

最後のふたつはなんとなく気になったので撮った写真。焼肉屋さん、白黒だと昔の写真みたい。献血のは、タイミングがズレてしまった。看板持ってるおじさんの顔を入れたかったんですが、人が被っちゃった。ここでフィルムが終了したので、撮り直せませんでした。誰も振り向いてくれない時のオジサンの雰囲気、撮りたかったなあ。。。

カメラ片手の散歩だと、駅二つ分ぐらいはラクラク歩けちゃいますねw