2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

また一台増えちゃいました。。。 オリンパスOM-1

2007_11_13_olympus_om1_001_0

2007_11_13_olympus_om1_001_02

2007_11_13_olympus_om1_001_03

2007_11_14_olympus_om1_001_04

2007_11_14_olympus_om1_001_05

2007_11_14_olympus_om1_001_15

2007_11_14_olympus_om1_001_16

2007_11_14_olympus_om1_001_17

2007_11_14_olympus_om1_001_18

2007_11_14_olympus_om1_001_21

2007_11_14_olympus_om1_001_27

新しいボディーが増えたので試写してみました。

自分でもアホだと思いますが、また買っちゃいました。。。今回はOM-1ブラックです。

伯父のM-1を集中して使い始めたらこの使い勝手の良さにヤラレテしまい、予備にもう一台買っておこうということになりました。もう一台あればM-1が壊れても修理に出せるしイイかなと。。。

試写結果は。。。どうも露出計がちょっとずれてる気がします。ものすごく天気の良い午前中に撮影しているせいもありますが、オーバー目の仕上がり。ネガも黒めに上がっているのでオーバーなんだと思います。全体的にオーバーなのでASA感度で調節して使えばとりあえずはカバーできるかな? いずれにせよ近いうちに点検してもらった方が良いかもしれません。。。

ブラックボディって剥げると真鍮の金色が出てくるのかと思いきやこれは銀色が出るのですねぇ。。。最初、後塗りボディだったのかと思いましたが、地金が銀色のと真鍮のと2種類あるんだそうです。剥げ易いみたいでストラップなどが擦れると下地がすぐに見えるようです。その辺は気になるけど、フィルムレールもキレイだったしファインダーも明るく、露出計以外はスムーズな動きをしているのでこのまま使用することにしました。

露出は数本撮りながら様子をみようと思いますが、これでM-1持ってOM-1をサブに持って行けばかなりガンガン撮っても安心かなwww レンズは一個で使いまわせるので荷物減るし助かります。ムフフ。

OMシリーズの露出についてご存知の方がいらしたら教えていただきたいのですが、基本的に明るめの設定なのでしょうか?(ニコンは暗めというか渋めに適正露出を出すように設定されている気がします。)情報求む!です。よろしくお願いいたします。ペコリ。

神田 ジャンクレンズ試写 ペンタックスMZ-5

2007_11_12_pentax_mz5_010_03

2007_11_12_pentax_mz5_010_05

2007_11_12_pentax_mz5_010_06

2007_11_12_pentax_mz5_010_09

2007_11_12_pentax_mz5_010_10

2007_11_12_pentax_mz5_010_11

2007_11_12_pentax_mz5_010_14

2007_11_12_pentax_mz5_010_15

2007_11_12_pentax_mz5_010_16

2007_11_12_pentax_mz5_010_18

2007_11_12_pentax_mz5_010_23

2007_11_12_pentax_mz5_010_25

久し振りに小川町のオリンパスSSに出かけました。というのも普段使っているM-1に何やらホコリが混入してしまったから。。。

ファインダーに黒い繊維が一つ。まあコレは写りに関係ないけど気になる。それよりもシャッター幕近辺に繊維が入ってしまったらしく写真に写りこんでしまうのです。明るい写真を大きく伸ばすと気になる気になる。サービス版にプリントすればカットされてしまう範囲ですがフレーム一杯を使うとモノスゴク気になる。意を決してサービスステーションに向かいました。

空を撮影した写真をフレーム一杯におウチプリントして持参。写りこむので除去して欲しい旨を伝えたらその場で掃除してくれました。SSでの作業だったので無料。スッキリクッキリ端まで目一杯に撮影できるようになり気分爽快ですwww

シャッター幕付近に絡まったゴミなどはブロアで強く吹き飛ばすわけにも行かないのでSSに掃除してもらうのは得策ではないかと思いました。ありがとうございました!

この日はサービスに行くのでM-1にはフィルムを入れず代わりにペンタックスにジャンクケースで見つけたリケノン標準ズームレンズを着けて試し撮りしてみました。ジャンク現状と書かれていたレンズですが、一見レンズは大丈夫そう。少し汚れがあるみたいでしたが、拭けば落ちそうなものだったので購入時に店員さんに拭いてもらったら汚れのようなものはなくなってしまいました。特に問題もなさそうだったので購入しました。

ココのところオリンパスの柔らかいけどシャープなレンズばかり使っているので何となくハギレが悪い感じもしますが、ジャンクではなかったようです。

それにしてもこのカメラ屋さんの看板、何ともいえぬいい味出してますが、営業してるのかどうか定かではございませんでした。どうなんだろか。。。

日々の写真 オリンパスM-1

2007_11_09_olympus_m1_028_17

2007_11_10_olympus_m1_028_19

2007_11_10_olympus_m1_028_23

2007_11_10_olympus_m1_028_25

2007_11_10_olympus_m1_028_27

2007_11_11_olympus_m1_028_28

とりあえずほぼ毎日カメラを持って歩いてます。

天気が良い日、一人でお出かけするとマトメて何枚もパチパチしますが、普通に出かけた日は1枚2枚しか撮らないこともあります。(結構普通の人でしょw)

窓から見えた公園とか骨董市の入り口に止まってた自転車とかお友達と食べたタルトとかパチリ。お友達と出かけると写真を撮るつもりで出かけてもついついおしゃべりと食べることに集中してしまってフィルムが全然減らなかったり(爆) 食べることに夢中で撮るのを撮るのを忘れるのも日常茶飯事でござりまする。今回はセーフwww

サンタクロースとツリーは何処で撮ったんだっけ?おそらく新宿だと思われるが。。。ふと思い立って写すので何処で撮ったかいつ撮ったがさっぱり記憶にないのが困りますです。

最後は富岡八幡宮。コレ1枚撮ったらフィルム終了。何のためにカメラを担いでいったのやら。。。トホホ。

実はこの時不安でした。24枚撮りフィルムを入れたと思ったのにカウンターがドンドン進む。28まで行ってたからどうしようと悩んでとりあえず持って出た。巻き上げてみたら、何のことはない24枚+3枚のフィルムでした(爆)このフィルム(アグフア・プロ200)ずっと24枚撮りだと思ってたのに違ったとはwww ヤラカシまくりですwww

清澄~現代美術館へ オリンパスM-1

2007_11_08_olympus_m1_028_0

2007_11_08_olympus_m1_028_01

2007_11_08_olympus_m1_028_03

2007_11_08_olympus_m1_028_05

2007_11_08_olympus_m1_028_042007_11_08_olympus_m1_028_06

2007_11_08_olympus_m1_028_08

2007_11_08_olympus_m1_028_10

2007_11_08_olympus_m1_028_12

2007_11_08_olympus_m1_028_14

2007_11_08_olympus_m1_028_15

江戸資料館を出て商店街を歩いていくと呉服やお祭り用品店の田巻屋さんがありました。なんとも派手な店構えwww そして昔懐かしい豆腐屋さんや雑貨屋さんなどがあると思うと、いきなり近代的な建物の東京現代美術館が現れます。 ナントモいえないこのアンバランス感がステキですwww

今は「スペース・フォー・ユア・フューチャー」という現代アートの最先端的な展示を開催中。芸術というか商業美術といえばいいのかクロスオーバーした感じとでもいえばいいかな?私はこういうの結構好きなのですが、こういう展示の時は比較的空いてます。現代美術館を運営する難しさってこういう辺りにあるのかなぁ。。。例えばピカソのような巨匠として評価が定まっている人となると赤ちゃんを連れたお母さんからお年寄りまでワンサカやって来るし、ジブリ展などアニメなら子どももたくさんやって来ます。

でも評価が定まっていない現在進行形の作品の場合、名前で観に来るお客さんがいない訳ですからどうしても観客が少なくなってしまいます。でもこういうのを続けていかないとね、若手のアーティストは育ちませんし大変だろうけど続けてやっていって欲しいです。

展覧会のポスターに写っているのはちょっと前に話題の的だった沢尻エリカさん。この展覧会では彼女の七変化ならぬ百変化が見られます。コスプレ風から特殊メイクまで様々な姿に変身したエリカさんのバストアップ写真が壁一面に展示されていて圧巻。変身具合が物凄いので、この撮影には膨大な時間を要したと思われます。写真作品というよりもメイクと演技がメインな作品のように感じました。お土産に小冊子も貰っちゃいましたw

写真では蜷川実花さんの金魚写真も展示されていて、こちらもステキ。既に見た作品もあったと思いますが、会場内を小屋で区切って完全なる実花スペースにして展示しているので見ごたえがありました。プリントも大きなサイズで見れるとまた違った風に見えてきて良い感じです。

立体作品やインスタレーションにも興味深い作品もありました。こういう作品は広いスペースがないと楽しめないものも多いので、是非美術館に足を運んで体験してみてくださいw 個人的には「一人ディスコ」が気に入りました。これ、駅前とか学校とかにあったら笑える。原色派手派手なガレージキットはデザインを購入出来るものもありました!

企画展のあとは常設展会場を一回り。「ポップ道 1960s-2000s」が開催中です。ここではホンマタカシさんの東京郊外の生プリントも見れました。岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」もあります。ここは写真撮影も可能!ただし、大きすぎて標準レンズでは撮影できませんでしたが(爆)とにかく迫力満点です。

下から2番目の写真は美術館図書室裏手なのですが、透明ガラス張りの部屋が3つ展示されています。この部屋はデザインされた空気を展示しているんです!古代を感じる空気とか愛を育む空気とか健康増進する空気とかタダのガラスボックスですが、中にはデザインされた空気が充満しています。不思議な体験でしたw そんな空気をお土産に持って帰ることも出来ます。(無料配布してます。)表に出たらすっかり夜でした。手ブレしちゃったけど美術館をパチリしてこの日のお散歩終了です。

清澄へ キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_08_autoboy_tele6_016_21a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_22

2007_11_08_autoboy_tele6_016_23_2

2007_11_08_autoboy_tele6_016_25a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_26a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_27

2007_11_08_autoboy_tele6_016_27a

2007_11_08_autoboy_tele6_016_28

2007_11_08_autoboy_tele6_016_28a

代々木から地下鉄大江戸線に乗り換えて清澄方面へ行きました。

清澄のギャラリーでアンディ・ウォーホールのポラロイド・ポートレート写真を展示しているので、生ポラを見るべく出かけました。

場所が良くわからずに出かけたのですが、清澄白河駅に降り立つと見たことのある風景。それでもまだ良くわかっておらず公園を抜けて歩いていくとコンクリート工場に出てしまいました。日本のコンクリートの草分けの工場らしく、コンクリート記念碑もあったのでパチリ。

なんだか行き過ぎたみたいと思いながらグルッと歩いていくと、あらら、ミヤケ・ファイン・アートって小山登美夫ギャラリーと同じ倉庫ビルじゃないですか。。。辿り着くまで気づかないなんてアホとしか言い様がない。。。

ウォーホールの生ポラはスゴイ!なんたって値段がスゴイ!!ポラロイド一枚が1万ドルです。ヒエ~!

まあ一点ものだからしょうがないか。写ってる人もほとんど超有名人だし。ポラ展は12月まで開催中なのでご覧下さい。見るだけならタダですwww

ギャラリーの後、現代美術館方面へ向かうことにしました。途中に深川江戸資料館があるので、そちらも見学することに。資料館前の通りはレトロ感を漂わせたお店が並んでます。最後の写真はフィルム終わりで切れちゃいましたが、店主(と思われる人)がちょんまげのかつらを被ってたりしてwww

資料館自体は江戸の長屋などを再現しているのだけど、資料はコピーが多いし、建物も再現なのでドラマのセットみたいな感じ。もう少し第一次資料があってナマで見られると良いのですが。。。でもボランティアの方が江戸文化について解説なさってたりしてました。

清澄、つづきます

ヘアスプレーを立川で観る キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_07_autoboy_tele6_016_11

2007_11_07_autoboy_tele6_016_11a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_12

2007_11_07_autoboy_tele6_016_13

2007_11_07_autoboy_tele6_016_13a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_16

2007_11_07_autoboy_tele6_016_16a

2007_11_07_autoboy_tele6_016_17

2007_11_07_autoboy_tele6_016_17a_2

2007_11_07_autoboy_tele6_016_18

2007_11_07_autoboy_tele6_016_19

2007_11_07_autoboy_tele6_016_20

久し振りにミュージカル映画のエントリーです。

懐かしい映画「ヘアスプレー」を舞台ミュージカル化した作品の映画化。ややこしい(爆)要するに進化して先祖返りした映画です。

元々の映画は超カルト映画監督ジョン・ウォーターズが80年代後半に作った映画。カルト時代からのヒロイン、ディヴァインがいつもの如く女装して母親役で出てたけど、ウォーターズ監督作品の中では最もおとなしいカルトではない作品だった。コメディーとして十分面白かったけど、当時、「監督、あなたの毒は何処に行ったのさ?」とちとガッカリしたもんでした。まあ、コレ以前のカルトな作品は下品極まりなく好きだと公言する気にはならないがナントモ言えぬパワーがあったから「良い子」を作っちゃったなぁと思ったものでした。

ローカルテレビのダンスショーで踊りたい!が夢のおデブな少女が主人公なので歌&踊り入り映画の部類。私のビデオコレクションにも入ってました。その作品が2002年に舞台化され来日公演も行われた後、舞台ミュージカルの映画化作品になったわけです。

ネット上の観客レビューを読んでもとても高評価だし、劇場を出る時の周囲の反応も好意的でしたが、私としてはオリジナル映画にも増して「良く出来た子」という感じでした。ディヴァインが演じていた母親役を女装のトラボルタが演じた訳だけど、彼が演じなきゃならない必然性が感じられない。ただ大柄な女に化けてみましたというだけ。ディヴァインの母親には母親らしさが感じられたからなぁ。。。やはりココが弱いと全体がボケる気がしました。

もちろん同じ年代を描いた「グリース」主演のトラボルタと「グリース2」主演のミシェル・ファイファーを母親役で対決させるというキャスティングの面白みはある訳だけど、男性が母親役を演じるのだからもっと何かが欲しかったと思う。逆にファイファーは「鶏がら」な母親の味を上手く出してたwww オリジナルでデボラ・ハリーが演じてたのとも違和感なく良い感じ。厭味な女を演じててグッドでしたよん。

でも一番良かったなと思ったのは予想に反してクイーン・ラティファだった。この人自身、大き過ぎる胸を「減胸手術」したことがあるはずだけど、ビッグママな感じを出してて歌も上手くなった気がする。初めて映画に主演した時は迷走してるなぁ、この後どうするつもり?と心配したほどだけどスンナリ映画界でメジャー作品に出られる女優になったのはアッパレです。(初主演映画は確か女強盗犯グループの一員でレズビアンの役だった。あれは酷かった(苦笑))

とはいえ、全体的には娯楽作品として楽しめる作品なのでDVDを借りて見るにはイイかな。そういう感じの作品でした。

立川で朝一番の上映を観たので近辺を散歩しながら映画のイメージに近いポップなものをパチリしました。鬼のすべり台の公園、電車の中から見えて気になったので行ってみましたwww エリマキトカゲの遊具もあって何だかユニークですねぇ。変わった公園でした。

さて次に劇場で観る映画は何でしょうかねぇ。。。

渋谷・原宿 ペンタックスMZ-5

2007_11_05_pentax_mz5_009_05

2007_11_05_pentax_mz5_009_06

2007_11_05_pentax_mz5_009_12

2007_11_05_pentax_mz5_009_13

2007_11_05_pentax_mz5_009_15

2007_11_05_pentax_mz5_009_17

2007_11_05_pentax_mz5_009_18

2007_11_05_pentax_mz5_009_20

2007_11_05_pentax_mz5_009_21

2007_11_05_pentax_mz5_009_22

2007_11_05_pentax_mz5_009_23

2007_11_05_pentax_mz5_009_25

2007_11_05_pentax_mz5_009_26

とりとめもなく日本だかどこだかわからないような渋谷&原宿の風景。

昔ながらの団地まで外国みたいに見えるのはなぜ?

それにしてもまだ11月なのにクリスマスの装飾って早すぎるよなぁ。。。

今日が勤労感謝の日なので海外だとサンクスギビングスが終わったらクリスマスモードってことで、解禁にしますw

アグフア・ビスタ100。なぜかかなり青カブリしちゃった。。。

ハーフな青山骨董通り キヤノンオートボーイテレ6

2007_11_05_autoboy_tele6_016_01_2

2007_11_05_autoboy_tele6_016_01a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_02

2007_11_05_autoboy_tele6_016_02a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_03a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_05

2007_11_05_autoboy_tele6_016_05a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_06a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_09a

2007_11_05_autoboy_tele6_016_03_2

2007_11_05_autoboy_tele6_016_06

2007_11_05_autoboy_tele6_016_08

2007_11_05_autoboy_tele6_016_08a

                        

                       

                         

                       

                      

ある平日の朝、お天気だったので都内に出たついでに青山に行ってみることにしました。歩いているうちにだんだん曇ってしまい、写真が暗くなっちゃいましたが、久し振りの看板シリーズですw

原宿まではちょくちょく行きますが青山の裏通りまで来たのは久し振り。前にも増してお店が増えているのには驚きました。

この辺り、ファッションブランドのメインショップやショールームなどがあるようで、最近はお店にギャラリーが併設されていたりします。現代アートや写真展などが開催されていることが多いので、お買い物でなくても楽しめるようです。

一枚目は昔よく通った山小屋風のレストラン。まだ健在でしたwww なんたって紀伊国屋スーパーがありませんからこの辺りの景色も違ってます。昔ながらのお店が残ってるだけでホッとします。

青学近くの交差点、昔から派手な看板が掛かってましたが今はロコモコフードのお店でしょうか?これまた派手です。

やはりファッションのメッカ、看板もオシャレです。自転車置き場のマークさえチョコンとオシャレに飾られてましたw 

とはいえ、ふと見ると落書きがあったりもします。お弁当屋さんや不動産屋さんは郊外よりも地味というかなんというか。。。「よい子の通学路」があったり、「ト音記号のおばさま」の店???があったり。なんかカワイイ。ちょっとアンバランスなところが面白い青山でした。

大使館 その2 ペンタックスMZ-5

2007_11_02_pentax_mz5_005_03

2007_11_02_pentax_mz5_005_04

2007_11_02_pentax_mz5_005_06

2007_11_02_pentax_mz5_005_07

2007_11_02_pentax_mz5_005_09

2007_11_02_pentax_mz5_005_15

2007_11_02_pentax_mz5_005_33 2007_11_02_pentax_mz5_005_20

2007_11_02_pentax_mz5_005_23

2007_11_02_pentax_mz5_005_24

2007_11_02_pentax_mz5_005_27

2007_11_02_pentax_mz5_005_29

2007_11_02_pentax_mz5_005_31

2007_11_02_pentax_mz5_005_32

2007_11_02_pentax_mz5_005_37

前回のつづき。大使館の中の様子です。

コレを見て大使館内だとは思えないよなぁwwwすっかりパーティー会場です。オシャレなランプやネオン、家具などをポツンポツンと配置してありました。取り壊すのを前提にしているので壁やドア、絨毯、ベランダのコンクリートに直接ペイントもしてました。足元をふと見ると虫が描いてあってカワイカッタ!

建物自体は1960年に建てられたものだそうでドアの取っ手やカギ、電気のスイッチが年代を物語ってます。こういうの好きなんだけどなぁ。。。何度もペンキを塗りなおした跡が見えるでしょうか?グッと来ますねぇ。(私だけ???)耐震性や漏電の心配などを考えると建替えもやむなしではありますが。。。次はガラスを多用したモダンな建物になるみたいです。

風景画も一階の白壁に直接描かれてました。近距離過ぎてフラッシュで顔が白くなっちゃったのはこの日のDJさんとイベントスタッフの女性。パチリさせてもらいました。ちょっと緊張ぎみ?www 最後の写真は私のお目当てだったダンスパフォーマンス。コンテンポラリーダンスのワンシーン。ソロダンスでした。冒頭はほとんど動きがなく舞踏のように始まり、ヘルメットを被ると頭を床に打ち付けたり立ち上がっては倒れこむの連続があったりとかなりハードで暴力的というか自虐的な印象を受けました。終演後、ダンサーの彼女と一緒にお辞儀をしてた男性に「あなたが振付けたの?」と声を掛けたら彼は音楽とマネージメント担当でダンサー本人の振付でした。本来1時間ほどの作品の一部を抜粋したとの事。テーマは様々な「落ちる(倒れる)」という動きだそうです。まさにそうでしたwww

<自家現像メモ>

こんな時に使わずにいつ使う?とコダックTMAX3200を使ってみました。暗い部屋でも結構撮れて便利便利。でも現像で困りました。TMAX現像液は持ってないのでD76もどきのナロファインで現像。D76の処理時間はフィルムの箱にも書かれているのでそれほど問題なく処理できたはずですが。。。定着が終わって水洗の時にフィルムを見るとどうも抜けが悪い。うーむ。。。

干すところまでいつもの手順で進めたのですが気になるのでモノクロ現像の本をチェックしてみました。するとTMAXは定着が遅い。フジのネオパンなどに比べると3倍ぐらいの時間を要すると書いてある!ヒェ~!干していたネガをもう一度リールに巻き直して6分+6分+6分と抜け具合をチェックしながら再定着しました。全部で30分弱定着したかな?まあ使えるだろうってことでスッキリ抜けてはいないけど終了して干しました。抜けが悪いとコントラストが低くなるから以後気をつけなきゃ!

もし自家現像してる人でTMAXフィルムだとコントラストが低くて眠い感じになると思われる方は定着時間を延ばしてみて下さいませ。最初から長めにすれば再定着ほど面倒ではありません(苦笑)

四ツ谷 ベルギー大使館 ペンタックスMZ-5

2007_11_02_pentax_mz5_007_14

2007_11_02_pentax_mz5_007_15

2007_11_02_pentax_mz5_007_16

2007_11_02_pentax_mz5_007_17

2007_11_02_pentax_mz5_007_18

2007_11_02_pentax_mz5_007_19

2007_11_02_pentax_mz5_007_22

2007_11_02_pentax_mz5_007_23

2007_11_02_pentax_mz5_007_25

2007_11_02_pentax_mz5_007_26

2007_11_02_pentax_mz5_007_28

半月ほど前になってしまいますが、大使館のパーティーに潜入しましたw ベルギー大使館を建替えるということで古い建物に誰でも入ってOKなパーティーをやっていたのです。写真美術館においてあったチラシでたまたまその情報を知り、この日、ダンスのパフォーマンスもあったのでカメラ片手に遊びに行きました。

四ツ谷駅から上智大前を歩いていきました。3年も通った四ツ谷ですがこちら側はあまり来たことがない。女の子の像があったのね。パチリ。町内会の掲示板が面白い、パチリ。なんてしてたらすぐに着いちゃいました。

こんなことでもないと外国の大使館なんて入って中の写真を撮ることなんて出来ないですから。とはいえ、中の必要なものは全て運び出された後でパーティー用に建物全体を使って飾りつけがなされていました。大使館とかってお堅いイメージなのにモノスゴクオシャレで開放的で何だか日本と違うなぁ。。。って感じ。

建物全体をライトアップしたり、中庭ではDJが音楽を流し、時折ジャズの生バンドが演奏したり、テラスにはベルギーのアートや工芸製品のスライドを流したり。その下にバーカウンターを作ってお酒を売ってたり、ベルギーワッフルの屋台があったり。部屋の中にはベルギーのデザイナーのバッグや帽子、ベルトなどが吊るされて展示されていたりしましたし、イスやオーディオ系のものも置かれてました。建替えで壊されるこの建物、残して欲しいぐらいステキな古い建物でした。うーん、もったいない。

これを撮るのに使ったフィルムはワイワイワイドという撮り切りカメラの中に入ってた1600フィルム。超広角17ミリレンズ付フィルムでトイカメラ好きに人気があった商品ですが、コニカミノルタのフィルム撤退で消えました。一時期オークションで高値で取引もされてたみたいですが、渋谷で期限切れを発見!しかも超安値でwww カメラの方を詰め替え用に保存して期限切れしたフィルムのみ取り出して一眼で使用。MZ-5なら簡易のストロボも付いてるので光らせたりゆっくり写したりとパーティーも楽に写せました。ISO1600、こういう時に便利ですなぁ。ちなみにレンズ付フィルム内のパトローネにはDXコードは付いてませんでした。フィルム感度は自分で設定。忘れないでよかった。ホッ!つづく

科学博物館 2 オリンパスM-1

2007_11_02_olympus_m1_025_01

2007_11_02_olympus_m1_025_07

2007_11_02_olympus_m1_025_08

2007_11_02_olympus_m1_025_24

2007_11_02_olympus_m1_025_34

2007_11_02_olympus_m1_026_00

2007_11_02_olympus_m1_026_05

2007_11_02_olympus_m1_026_19

2007_11_02_olympus_m1_027_04

2007_11_02_olympus_m1_027_06

2007_11_02_olympus_m1_027_33

2007_11_02_olympus_m1_027_35

前回の続きです。カメラをM-1に換えて36枚撮りで3本も撮っちゃいましたwww

科学博物館って科学に関わるものなら何でもある百貨店みたいな感じ。ありとあらゆるものが置かれていてこうやって並べると何の脈絡もなくなってしまいます(苦笑)

科学と括ってもこれだけのバリエーションがあるってことがお分かりいただければいいかな?写さなかったけど縄文人など昔の日本人を再現した蝋人形がスゴイ!脛毛や胸毛まで精巧に作られていて生きてるみたい。今にも動きそうなんですよ。帰ってからここを見た他の人と話したら皆揃って感心してました。

科学博物館、特別展示は有料ですし写真撮影も難しいですが常設展示は高校生までは無料で入れるので雨の日曜日などに遊びに行くには最適かなw ご参考まで!

カメラに関して。いやあ、やっぱりM-1の方が撮りやすかったぁ。こちらは少し工夫しているからもあります。OMのシャッターボタンって実は小さくてあまり高さがない。男性は指先で押すでしょうからこれで問題ないと思いますが、爪が長めの私は指の腹で押すのでこのままではブレやすい。そこでレモン社のレリーズボタンをつけてストロークを軽くしています。これを着けると本当に軽くブレ少なくパチリできますw 難点は。。。撮り終えた後に巻き上げたまま持ち歩いているとカバンの中などでシャッターが切れちゃう(苦笑)靴紐を結ぼうとしてお腹でパチリしてしまったこともwwwそれほど軽くなります。

加えてレンズフードはデッドストックの純正ラバーフードを着けてます。たまたま古~い写真屋さんで見つけて買っておいたもの。当時はOMカメラを持ってなかったので誰かにあげようかと思っていたら私がカメラを貰ったので使ってます。ラバーなので展示ケースのガラスに押し付けて撮影すれば照明が写りこまないしガラスに傷もつかない。(金属フードだと押し付ける時気をつけないと、キィーとかガチンとかぶつけるw) ガラスが支えになるのでブレも減り一石二鳥です。 このフード、どっかで売ってないかなぁ。。。もう一個欲しい。

科学博物館 ペンタックスMZ-5

2007_11_02_pentax_mz5_004_01

2007_11_02_pentax_mz5_004_04

2007_11_02_pentax_mz5_004_11

2007_11_02_pentax_mz5_004_15

2007_11_02_pentax_mz5_004_25

2007_11_02_pentax_mz5_004_30

2007_11_02_pentax_mz5_004_37

昨晩に続いて連続アップです。

博物館の中は暗いのでモノクロのフジスーパープレスト1600を使用。少しでもシャッターが速く切れるようにしてますが、それでも暗い。。。手ブレブレしてます。

ISO1600っていってもツブツブはあんまり気にならないもんですね。すごいねぇ、今のフィルムは!

こういう建物の中だから三脚などはもちろん持ってってませんから全て手持ち。とにかく息を止めて慎重にシャッターを押します。が、恐竜群は全滅したぁ。。。極力絞りを開けないようにしているのでISO1600を使っても1/8以下の場所が多いのは手持ち撮影には厳しい!でも頑張る!!!

真ん中あたりのモヤモヤしたものはニュートリノが箱の中の気体に衝突して出来た霧状のもの。説明されても何のことやらよくわからんのですが、博物館の地下まで宇宙からなんやら小さな中性微子とかいうもんが飛んで来てるらしい。不思議不思議。

制服姿の中学生?もたくさん居たけどこういうところへの社会見学ってどういう風に感じるのかな?今は科学・理系離れが激しいと聞くけれど。。。一度、生徒たちに質問してみたいけど一応授業中だから声掛けられないしなぁ。。。遊びの日って感じかな?

カメラの方はといいますと、MZ-5はシャッター部分にレリーズ用の穴がないツルンとドーム型のボタンなのでいろいろ細工はできまへん。まだこのカメラに慣れてないせいもあり、ブレたような気もする。次のフィルムはM-1で撮ることにします。つづく

上野の科学博物館へ ペンタックスMZ-5

2007_11_02_pentax_mz5_005_16001

2007_11_02_pentax_mz5_005_18001

2007_11_02_pentax_mz5_005_19001

2007_11_02_pentax_mz5_005_27001

2007_11_02_pentax_mz5_005_21001

2007_11_02_pentax_mz5_005_22001

2007_11_02_pentax_mz5_005_29001

2007_11_02_pentax_mz5_005_33001

2007_11_02_pentax_mz5_005_35001 2007_11_02_pentax_mz5_005_34001

つい先日も行きましたが全然見切れなかったし、またまた博物館へ行きました。

JR上野駅から歩いていくと「ゴリラの鼻くそ」の看板が!これは撮るしかないwww

西洋美術館前ではローズちゃんではなくて本家本元ロダンの「考える人」が居たのでパチリ。平日に行くと社会見学の生徒たちがたくさん来てます。

科博前のデゴイチ、前回はホルガ逆光で失敗したのでパチパチ。科博にも見学者がたくさん!ここ生徒たちはタダですから、ちょうど良い教材なんでしょうねw

入り口横のオブジェもパチリして入館です。館内は撮影してはならないものと思っていたら、ここはOKなんですね。いくつか撮影禁止の展示もありますが大抵はOKだそうです。なので中でも撮影しますwww つづく

日本橋 オリンパスM-1

2007_10_26_olympus_m1_024_31

2007_10_26_olympus_m1_024_29

2007_10_26_olympus_m1_024_26

2007_10_26_olympus_m1_024_25

2007_10_26_olympus_m1_024_20

2007_10_26_olympus_m1_024_21

2007_10_26_olympus_m1_024_22

2007_10_26_olympus_m1_024_32

連続アップです。

雨のぱらつく午後、東京駅からプラプラ歩き、ブリジストン美術館へ行こうとしてフト思い出したのが高島屋。そういえば、日本橋の高島屋ってちゃんと見てないなぁ。。。ってことで行ってみました。

ここの建物もステキですねぇ。本当は一階の売り場の天井とか階段とかエレベーターとか写したい所がたくさんあるんだけど、撮影許可を貰わないといけないだろうから断念。。。でもローズちゃんだけは撮りたかったので受付のお姉さんに許可を貰ってパチリ!普段はにこやかなローズちゃんですが、哲学の秋だからでしょうか、なにか物思いにふけってます。「考えるローズちゃん」ムムム、これまた可愛いwww ちなみにローズちゃんは私とほぼ同い年?なのです(爆)

せっかく来たのだしと屋上にも上ってみました。このデパートにも弁天さんっていうのかな?お賽銭箱付でありました。屋上の花壇にはお花も咲いてるし犬を連れて行っても遊べるようになってました。

高島屋のお向かいは丸善。この店構え、結構カッコいい。黄色いタクシーが通りかかってちょっとNY風かな?

このあと、本来の目的だった美術館へ向かいました。セザンヌ展だったのですが、セザンヌの作品はそれほど多くなかったような気がします。。。同時代の作家の作品も併せてセザンヌ展の括りになってました。セザンヌは人気が高いから簡単にはたくさん集められないかな?天気が悪かったにしては鑑賞する人が多かったです。日本では絵画といえば印象派というぐらい人気があるからなぁ。。。100年前で時間、止まってます(爆)

それにしても今週は写真漬けの日々です。カメラ内のホコリが気になったのでオリンパスのSSに行って掃除してもらったり、暗室に2回も入ったり。暗室は立ちっ放しだから結構疲れますねぇ。。。何枚焼いてもヨッシャー!ってのが出来ないし。。。

ブログメンテナンスで更新のタイミングがズレちゃったので2つアップして帳尻合せwww 明日は何をしようかなぁ。。。

GIレース フジペット

2007_10_28_fujipet_019_03_2

2007_10_28_fujipet_019_09

2007_10_28_fujipet_019_12

                           

                       

                      

                      

ちょっと前のGIレースの日、府中の競馬場に遊びに行きました。

メインレースまであと少しという時間に着いたのでパドックでお馬さんを撮る事が出来ず、ゲートにパカパカと向かっていく姿をパチパチ撮ってたらレース前にフィルムが終了。オイオイって感じでした(爆)

大きなレースの時はやっぱりスゴイ人出。マンモススタンドが埋まってます。

ゴールの瞬間が狙える写真2枚目の位置にはいつも大きなレンズをつけたカメラを持った人が陣取ってますw 皆さん、気合入ってるでしょ?ここでフジペットとかホルガ持ってるなんて私ぐらいなもんですw 変人だぁ(^。^) でもこういうのも楽しい。馬券はギリギリの時間でしたが一応100円分買いました。大ハズレでしたが。。。。ま、競馬場に行った時のお約束ってことで。外れてもイイのwww

白金から写真美術館へ 目黒巡り3 オリンパスM-1

2007_10_24_olympus_m1_024_01

2007_10_24_olympus_m1_024_02

2007_10_24_olympus_m1_024_0_22007_10_24_olympus_m1_024_04

2007_10_24_olympus_m1_024_07

2007_10_24_olympus_m1_024_05

2007_10_24_olympus_m1_024_06

2007_10_24_olympus_m1_024_09

2007_10_24_olympus_m1_024_13

2007_10_24_olympus_m1_024_14

2007_10_24_olympus_m1_024_16

2007_10_24_olympus_m1_024_17

2007_10_24_olympus_m1_024_18

2007_10_24_olympus_m1_024_19

白金のあたりだと公園の遊具も一味違ってオシャレだったり、飲み屋さんのドアがオブジェ風だったり。

恵比寿に近づいてもやはりステキなギャラリーがあったりカッコいいビルボードがあったり。と思っていたら車道の向かい側は昔ながらの長屋風店舗だったりプラモデルを扱うタバコ屋さんだったり??? うーむ、東京ちゅう所は。。。

ガーデンプレイスまで辿り着いた頃には夕日が沈む時間になってました。明るいと思ってたらあっという間に日が落ちるんですよねぇ、この時期。そういえば、矢野顕子の歌に「秋の日は~、つるべ落とし。。。」なんてのがあったなあ。まさにそれです。

写真美術館で展示を観て外に出てきたらすっかり暗くなってました。ココに来たら、やはり、スローシャッターの練習をせねば!毎回で芸がありませんが。。。

前回はニコンでしたが今回はOMで挑戦。絞りはあまり開けずに深度を保ったまま、ゆっくり切る!成功率、高かった気がする!!! 試しに絞りを開けたものはボヤケテ見えましたが、F8ぐらいに絞ってゆっくりの方が良い感じに写りました。これで目黒~恵比寿の散歩はオシマイです。

目黒巡り2 オリンパスM-1

2007_10_24_olympus_m1_023_30

2007_10_24_olympus_m1_023_21

2007_10_24_olympus_m1_023_22

2007_10_24_olympus_m1_023_25

2007_10_24_olympus_m1_023_27

2007_10_24_olympus_m1_023_28

2007_10_24_olympus_m1_023_31

2007_10_24_olympus_m1_023_32

2007_10_24_olympus_m1_023_33

2007_10_24_olympus_m1_023_34

2007_10_24_olympus_m1_023_35

2007_10_24_olympus_m1_023_36

JRの線路を渡り、山手線の内側へ。庭園美術館の前を通り過ぎた先の自然教育園に入ってみました。

いやあもう、自然でして、鬱蒼としてます(爆)植物の自然な生育を見るためにあえて手を入れてないらしいですが、それにしても。。。というほどにスゴイ(爆×100) もちろん様々な植物には名札が付けられていて名前や種類などは勉強できるようになってるのですが、写真のような蜘蛛の巣はあちこちにあるし、落ち葉とかもスゴイし、山奥を歩いているかと錯覚してしまうほど(苦笑)

花や紅葉のない時期だったので一周早足で見て回って次の目的地へ移動しました。赤いオブジェのビルを曲がると松岡美術館がありました。私設美術館なので色々違ったジャンルの作品が展示されていますがキレイで落ち着いた美術館でした。意外に面白かったのが常設の仏像。手が込んでてカワイイ! ここの作品はよく他の美術館にも貸し出されているようです。他所の展示でよく名前を見かけます。

このあたりまで来ると目黒というよりもシロガネーゼの白金になるらしい。カフェや家具屋さんもオシャレでしたwww つづく

目黒巡り1 オリンパスM-1

2007_10_24_olympus_m1_023_01

2007_10_24_olympus_m1_023_02

2007_10_24_olympus_m1_023_042007_10_24_olympus_m1_023_07

2007_10_24_olympus_m1_023_08

2007_10_24_olympus_m1_023_09

2007_10_24_olympus_m1_023_10

2007_10_24_olympus_m1_023_11

2007_10_24_olympus_m1_023_12

2007_10_24_olympus_m1_023_13

2007_10_24_olympus_m1_023_14

2007_10_24_olympus_m1_023_15

2007_10_24_olympus_m1_023_16

2007_10_24_olympus_m1_023_17

2007_10_24_olympus_m1_023_18

目黒の庭園美術館には何回か出かけていますが、その他の美術館等には行ったことがなかったので「ぐるっとパス」を利用して一気に回ってみようと出かけました。

駅からいつもと反対側へ出て、ホリプロ近くを通り、トミー・リー・ジョーンズやブタの看板に見守られながら?歩いていくと旧町名下目黒の石碑まで辿り着きました。

川を渡ると目黒区美術館の案内が出ているので川沿いに煙突の方角へ歩いていくとテニスコートやプールなどの奥に美術館がありました。

区立の小さな美術館ですが、今回の展示は昔競馬場があった土地だからということで馬に関するオブジェや絵画、浮世絵などを集めた楽しい作品展でした。有名な作品もたくさん展示されてました。

お馬さん、カワイイなあと思う方なので、私は楽しめましたw ただ、展示数は限られているので大人一般の入場料1000円は高く感じるかもしれません。でも丁寧に作られた展覧会の図録(カラー12頁)も戴けて、気持ちの良い美術館でした。こういう時にぐるっとパスはラッキー!パスを見せるだけで入れて図録もお持ち帰り。この美術館でパスを買って入場して、その後他の美術館に足を運ぶといいかもしれません。ココだけで半分もとが取れますからwww

美術館外のオブジェをパチパチして、駅まで歩きました。途中、日出学園の看板が!きゃあ、百恵ちゃんが通ってた学校だぁと看板をパチリ。超ミーハー。商店街をパチパチしながらJR近くまで来ると映画館がありました。こんなところに映画館があるのは知らなかった。看板はお洒落な感じでしたが、二番館でちょっと旧作の二本立て上映をしていました。今度、何か観に行ってみよう! そしてまたテクテクと歩きました。 つづく

新宿&西国分寺の花 ペンタックスMZ-5

2007_10_20_pentax_mz5_003_01

2007_10_20_pentax_mz5_003_03

2007_10_20_pentax_mz5_003_05

2007_10_20_pentax_mz5_003_07

2007_10_20_pentax_mz5_003_08

2007_10_22_pentax_mz5_003_18

2007_10_22_pentax_mz5_003_19

2007_10_22_pentax_mz5_003_20

2007_10_22_pentax_mz5_003_22

2007_10_22_pentax_mz5_003_23

2007_10_22_pentax_mz5_003_25

2007_10_22_pentax_mz5_003_28

2007_10_22_pentax_mz5_003_31

2007_10_22_pentax_mz5_003_33

2007_10_22_pentax_mz5_003_34

連続アップです。新宿御苑に散歩に行った時、花壇のきれいな花だけではなく、歩道脇に植えられている花も撮影しました。黄色いけど、これって曼珠沙華?白い花も紫の花もカワイカッタのでパチリ。クローズアップレンズではないのでイマイチ小さいですが。。。

その後、外を歩いていて追分の標識を発見。初めて気づいたかも。

ゴリラさんは国分寺の幼稚園の壁画です。テクテクと国分寺から西国分寺の公園まで徒歩で散歩してみました。

西国分寺にある武蔵国分寺公園、結構広くて気持ちいい公園です。お花は多くは無いけれど花壇には色とりどりの花が植えられています。マリーゴールドもこうやって撮ってみるとカワイイwww バッタの親子も写せたし自己満足!!!

この公園、ミストの出る噴水が印象的。夏場はこの噴水に子どもたちが群がってキャッキャと喜んでますw

駅の近くにはカッコいい美術専門学校の建物があったのでパチリ。向こうに国分寺の丸井が見えてます。住宅地を抜けていこうと歩いているとロッククライミング練習用の壁が!カラフルだったのでパチリ。ご近所散歩だけでも色々と知らないものや撮るものがあるものです。

ホルガで色々 ホルガ120N

2007_10_13_holga_031_01_3

2007_10_13_holga_031_03

2007_10_13_holga_031_04

2007_10_15_holga_031_09

2007_10_17_holga_031_11

                      

                     

                      

                      

すでにアップ済みの場所に出かけた時に撮った写真のホルガ・クロス処理画像です。

今回初めてアグフアのRSXII200をホルガに入れてクロスしてみました。各地でちょっとずつ撮影してみました。

ISO200ですが思ったよりも感度が高かったのかあるいは過現像だったのかオーバー目に仕上がりました。でもこれ、変な癖が出ずクロスにピッタリのフィルムかも!

最初は水戸芸術館のタワーの前、この日、結婚式が行われてましたw そして茨城県立近代美術館。ちと光漏れか?そして小金井公園のコスモスと八王子夢美術館入り口。

クロスする写真はお天気のいい日でないとキレイに色が出ないので、また秋晴れの日を待って撮影してみたいと思いますwww

感謝 10万アクセス! ペンタックスMZ-5 

2007_10_20_pentax_mz5_002_01

2007_10_20_pentax_mz5_002_02

2007_10_20_pentax_mz5_002_03

2007_10_20_pentax_mz5_002_04

2007_10_20_pentax_mz5_002_05

2007_10_20_pentax_mz5_002_06

2007_10_20_pentax_mz5_002_14

2007_10_20_pentax_mz5_002_25

昨日、ふとアクセス数を見たらなんと10万の大台を超えてました!ビックリ(@@)

こんなにたくさんのアクセスがあるなんて思いもしませんでした(苦笑)恥を晒しまくってますなぁ。

今日もいきなり失敗写真のオンパレードです(爆)28ミリの広角レンズなのに普通のフードを着けたら覗き穴写真のようなイヤラシイ画像になっちまいましたwww

それはさておき。前回このカメラの画像をアップした時に「このカメラ内蔵の露出計は明るめである」と書いたものの検証していなかったので、本当にそうかどうか露出補正しながら撮影したものです。

1枚目が標準露出で補正0、2枚目が-1、3枚目が-2です。ネガでもこのように違いが反映されます。

空の写真は上が標準、下が-1。

やはり補正でアンダー気味にすると黒くなっちゃって濁ってきます。やっぱり標準で撮影するのが良いみたい。芝生の写真以降は標準で撮ったと思います。空の色もアグフア・ビスタっぽい水色が出ているし、フィルムの特徴が良く出る感じの露出のようです。

バラの2枚は望遠レンズに替えていたのでフードが写りこんでません(苦笑)まあまあマトモwww

フードのケラレが映りこんでるので少々色が変かもしれませんが、このカメラでは露出を弄ることなく標準で撮影してOKってことがわかりました。

このレンズの時はワイド用のフードを着けるように用意してるのに間違えて普通のフードを着けてしまった。あああ、すぐ忘れるのよねぇ、こういうこと。今度からレンズにワイド用フードを着けっぱなしにしておこうかな?外すと間違える。。。何度こういう失敗をするのだろうか。ううう。

こんな調子での更新ですが、今後ともよろしくお願いいたします。ペコリ。

八王子夢美術館 ニコンF80s

2007_10_17_nikon_f80s_147_21

2007_10_17_nikon_f80s_147_22

2007_10_17_nikon_f80s_147_23_2

2007_10_17_nikon_f80s_147_26

2007_10_17_nikon_f80s_147_28

2007_10_17_nikon_f80s_147_30

2007_10_17_nikon_f80s_147_31

2007_10_17_nikon_f80s_147_33

2007_10_17_nikon_f80s_147_35

2007_10_17_nikon_f80s_147_36

2007_10_17_nikon_f80s_147_37

2007_10_17_nikon_f80s_148_01

2007_10_17_nikon_f80s_148_02

2007_10_17_nikon_f80s_148_03

2007_10_17_nikon_f80s_148_04

久しぶりに八王子に出かけた時の写真。夢美術館というのがあり、ポップアート展を開催しているというので出かけてみました。ここも「ぐるっとパス2007」で入場できるのでタダみたいなものでした。

しかし、やられた!

このポップアート展、すでに見たものだったのです。。。昨年夏に損保ジャパン東郷青児美術館で開催されたポップアート展の縮小巡回版だったのです。。。ううう。巡回展であることは察しがつきますが、昨年夏の新宿での展示のことに触れられていなかったので気づかずに出かけてしまいました。チラシなどにもっとはっきり表示して欲しい!絵画作品などはナマで鑑賞すると意外と記憶に残るものなので、同じものはすぐにわかります。ちょっと損した気分でした。

駅から美術館への道のりは商店街です。チェーン店や若者向けのお店が多いのですが、昔懐かしい字体の看板などがいくつか見つかったのでパチリ。私の行った水曜日は定休日の店が多かったおかげでシャッターが閉まっている店が多くて、ロゴが良く見えましたwww

街全体にアート系のパブリックアートが多いのも印象的でした。駅前ターミナルにいきなりレインボーカラーの「八」の字がありますから。ベタでイイわぁwww

本屋さんのモザイク柄は表参道の傘のモザイクの姉妹編ですね。ここにもあった!と嬉しくなってパチリw

駅前には東急スクエアもあり、けっこうお洒落なお店が入ってました。たまに遊びに行こうっと!

スキャンどうする? コスモス ニコンF80s

2007_10_15_nikon_f80s_147_11

2007_10_15_nikon_f80s_147_12

2007_10_15_nikon_f80s_147_16_2

2007_10_15_nikon_f80s_147_18

2007_10_15_nikon_f80s_147_19

2007_10_18_nikon_f80s_148_11

2007_10_18_nikon_f80s_148_19

2007_10_18_nikon_f80s_148_24

2007_10_18_nikon_f80s_148_25

またしてもコスモスでスミマセン。

前回と同じく小金井公園ですが、二日分の写真です。

なぜ連発したか?タイトルの通りですが、どうもスキャンの具合が気にくわない。これらは現像がオカシイわけではないはずですが、どうも色が良くありません。ネガフィルムから赤やピンク、オレンジ、黄色の花と緑の葉っぱの写真をスキャンするのは結構難しいのですが、今回はいつにも増して決まりませんでした。ううう。

ここにアップしたのは、まだマシなもの。。。もっとマシな色に撮れてるとは思うのですが。。。どなたかスキャンの技をお持ちの方、お知恵を拝借させてくださいませ。ペコリ。

小金井公園 秋の花 ニコンF80s

2007_10_15_nikon_f80s_143_34

2007_10_15_nikon_f80s_143_35

2007_10_15_nikon_f80s_143_37

2007_10_15_nikon_f80s_144_07

2007_10_15_nikon_f80s_144_10

2007_10_15_nikon_f80s_144_11

2007_10_15_nikon_f80s_144_12

2007_10_15_nikon_f80s_144_14

2007_10_15_nikon_f80s_144_17

2007_10_15_nikon_f80s_144_24

もうコスモスも終わったと思いますが、たくさん撮ってしまったので、アップしてみたいと思います。

後半のフィルムを自家現像したのですが、現像液が疲れていたらしく、色が地味になってしまいました。。。それでもアップするところが私らしい???(爆)

ウチではアドビのカラープロファイルで保存しているのですが、モニター上はもう少し赤味ピンク味が強く見えています。ネットにアップする時にウィンドウズ標準のカラープロファイルに変換されるので、彩度が落ちるようです。ブログページに貼り付けるだけで彩度が落ちるのがわかります。うーむ。。。まあ、しょうがない。ってことで。

東京 六本木&月島アート ニコンF80s

2007_10_14_nikon_f80s_143_16

2007_10_14_nikon_f80s_143_17

2007_10_14_nikon_f80s_143_18

2007_10_14_nikon_f80s_143_19

2007_10_14_nikon_f80s_143_21

2007_10_14_nikon_f80s_143_23

2007_10_14_nikon_f80s_143_24

2007_10_14_nikon_f80s_143_26

2007_10_14_nikon_f80s_143_29

2007_10_14_nikon_f80s_143_31

2007_10_14_nikon_f80s_143_30

先月になってしまいましたが、六本木にゼラチンシルバーセッション展を観に行ってきました。今は京都で開催中のようです。

フィルム文化を残そうという趣旨で写真家たちがアナログプリントを焼き、展示するというもの。他人のネガをプリントしあうセッションは興味深いものがあり、春にワークショップにも参加しました。(ワークショップのページの写真にその時の様子が。。。黄色い帽子を被ってるのが私w) 私もフィルムがなくなって貰いたくないので細々ながら消費活動をしているわけでして、こういうイベントには興味があります。

展覧会が六本木アクシスギャラリーだったので六本木駅から高速へ向かって歩いていくと、ハンバーガー屋さんのビルが工事中!え~~~!って感じでしたが、「バーガーイン」そのものは西麻布に引っ越して営業中だそうです。お肉のハンバーガーは食べないのですが、老舗なので気になりますw

昔遊びに行ったディスコが入ってたビルも建て直してキレイになっちゃってるし。。。かと思うと精養軒あたりはひっそりしてるし。六本木もまたまた変化していくのですねぇ。。。

駅近くの裏道を通ったらアートなマンションがありました。年季入ってますw

ここから月島のギャラリーで催されるコンテンポラリーダンス会場へ移動しました。月島だったり清澄あたりだったり山手線よりも東側の工場や倉庫街にお洒落なレストランやギャラリーがあります。ただ、この辺りは民家と営業中の工場や倉庫と一体化してるので、チラシや地図を持参しないと慣れるまで何処に何があるのかわかりづらいのが難点。。。そういえば、1980年代のマンハッタンもそんな感じでした。あちらは夜中だけオープンのクラブとかがあるんだけど表札も何も出て無いから、何丁目だよと聞いたら後は人が集ってるところまで行って見つけるしかなかったなぁwww だからとても遅い時間に出かけないと見つけられなかったです。

日本のは看板が出てるから大体の場所がわかれば辿り着けるのがマシ。この日行ったのは佃大橋のところでした。

ダンスの方は。。。うーむ、私にはなじめないタイプの作品でして、ちと苦痛でした。同じような動きのダンスでも作品によって受け付けないものもあるし、嫌でないものもある。。。だから踊りは難しい。。。

東照宮 ニコンF80s

2007_10_13_nikon_f80s_142_37

2007_10_13_nikon_f80s_143_01

2007_10_13_nikon_f80s_143_132007_10_13_nikon_f80s_143_04

2007_10_13_nikon_f80s_143_03

2007_10_13_nikon_f80s_143_08

2007_10_13_nikon_f80s_143_09

2007_10_13_nikon_f80s_143_11

2007_10_13_nikon_f80s_143_06

今日も連続アップです。

水戸にも東照宮がありました。参道は宮下銀座という商店街でしたが、なぜか若者向けのファンキーなお店がたくさんありました。古いお店が閉店して若者たちが洋服屋を開いたのでしょうかねぇ。境内入り口の鳥居と洋服や看板が共存してて面白かったのでパチリ。

東照宮にはデッカイ葵の御紋が付いてましたwww 社務所にも!徳川家ゆかりの地って感じです。

お参りを済ませたらもう夕方。駅前の本屋で雑誌を買って各駅停車に乗り込み帰宅しました。(各停でしたが途中で快速になったので結構早く戻れました。)ここでひとまず終了。水戸小旅行は楽しい一日でしたwww

水戸の商店街 ニコンF80s

2007_10_13_nikon_f80s_142_22

2007_10_13_nikon_f80s_142_21

2007_10_13_nikon_f80s_142_25

2007_10_13_nikon_f80s_142_26

2007_10_13_nikon_f80s_142_27

2007_10_13_nikon_f80s_142_28

2007_10_13_nikon_f80s_142_31

2007_10_13_nikon_f80s_142_32

2007_10_13_nikon_f80s_142_33

2007_10_13_nikon_f80s_142_34

2007_10_13_nikon_f80s_142_35

2007_10_13_nikon_f80s_142_36

偕楽園から徒歩でまた芸術館の方へ戻ることにして、民家の合間をテクテク歩きました。湖から芸術館前のデパートのビルが見えていたので方角だけはわかりましたので、そっちの方へ歩く歩く。地図なしw お寺や道路の関係で直線では行けなかったので少し遠回りしましたが。。。

レトロ風なものを中心に狙いましたが、現像失敗で色がくすんだせいでレトロ感が3割増しwww

昔懐かしい感じのお寿司屋さん。飲み屋街のビルの割れた窓などパチパチしながら、大通りを歩いていくと銀行や会館などレトロな建物に出会えましたw 四角い消火栓もイカしてたのでパチリ。水戸の水の字が梅で囲まれてるのがカワイイ!手前はツツジですかねw

この商店街は駅前に続く大通りなので背の高いビルがポコポコ建ってますが、合間合間にお菓子屋さんやカメラ店などの個人商店が建ってます。

このカメラ屋さんには入ってみましたw 箱つきで昔のトイカメラが飾ってあったのですが、売り物ではないらしく。。。指をくわえて帰ってきました(爆)かなり欲しかった。。。つづく

偕楽園 ニコンF80s

2007_10_13_nikon_f80s_142_03

2007_10_13_nikon_f80s_142_02

2007_10_13_nikon_f80s_142_05

2007_10_13_nikon_f80s_142_07

2007_10_13_nikon_f80s_142_08

2007_10_13_nikon_f80s_142_09

2007_10_13_nikon_f80s_142_10

2007_10_13_nikon_f80s_142_14

2007_10_13_nikon_f80s_142_15

2007_10_13_nikon_f80s_142_17

2007_10_13_nikon_f80s_142_19

                  

                   

連続アップです。

好文亭を見学した後、少し庭を歩きつつ写真を撮りました。

兼六園、偕楽園と見たので「日本三公園」はのこり後楽園を残すのみ。後楽園球場なら行ったことあるんですが。。。岡山なんですねぇ、もう一つは。いつ行ける事やら。

偕楽園、もちろん今は公園として管理されているのですが、造園した当時から公共の場所だったように説明されていました。このような庭園を江戸時代から公共に開放していたとなるとかなり先進的な試みだし、今もそれを続けているのは素晴らしいですね。(好文亭見学は有料。)周囲の湖なども含めるとNYのセントラルパークについで世界でも2番目に広大な都市公園なんだそうです。こういうのは大事にしていって欲しいなぁ!

湧水の吐玉泉や古い杉の木、洞窟などもパチパチしちゃいました。表に出ると好文亭に梅をあしらったキレイな消火栓があったのでパチリ。ゆったりした気分になれる公園でした。またお花の時期に行ってみたいものですw

水戸の旅はまだつづく。。。

水戸といえば ニコンF80s

2007_10_13_nikon_f80s_141_08

2007_10_13_nikon_f80s_141_10

2007_10_13_nikon_f80s_141_14

2007_10_13_nikon_f80s_141_15

2007_10_13_nikon_f80s_141_18

2007_10_13_nikon_f80s_141_20

2007_10_13_nikon_f80s_141_24

2007_10_13_nikon_f80s_141_25

2007_10_13_nikon_f80s_141_29

2007_10_13_nikon_f80s_141_30

2007_10_13_nikon_f80s_141_33

2007_10_13_nikon_f80s_141_34

やっぱり黄門様ってことで銅像をパチリ。偕楽園を開いた斉昭像もパチリなんてやりながら偕楽園見物。

まずは好文亭から。梅の時期なら良かったんでしょうが、まあ贅沢は申しません。オフシーズンだからこそゆっくり見れたしw

偕楽園は高台にあるので湖が自分のビーチのように見えますねぇ。リゾートとしてバッチリなロケーションです。好文亭そのものは昭和20年に戦争で燃えたので復元したものだということですが、それでも往時の佇まいをしっかりと伝えてくれる作りでした。古い設計なので一つ一つの部屋は狭いし、階段も急で窮屈に感じますが、上の部屋にお茶などを運ぶためのリフトが据え付けられていたりしてよく出来てるなぁと感心してしまったw いたる所に花や植物を描いた襖があるのも素敵でしたwパチパチ撮っちゃいました(爆)つづく

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »