2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

カラーで浜辺 オリンパスM-1

2007_09_16_olympus_m1_014_0a

2007_09_16_olympus_m1_014_01a

2007_09_16_olympus_m1_014_04a

2007_09_16_olympus_m1_014_05a

2007_09_16_olympus_m1_014_07a

2007_09_16_olympus_m1_014_09a

2007_09_16_olympus_m1_014_14a

2007_09_16_olympus_m1_014_15a

2007_09_16_olympus_m1_014_19a

2007_09_16_olympus_m1_014_22a

一日中、モノクロフィルムで撮り続けたので、予定本数を取り終わったところで無性にカラーで写したくなりましたw

とにかく天気が良くて真っ青な空が美しかったのでモノクロで撮りつつも空を写したかったw 昼過ぎから空の青色が少しくすんでしまいましたが、それでもまだキレイだったので、パチパチしちゃいました。色に飢えるってあるのねぇって思いました。(実際、この飢えは翌日にまで持ち越し、先にアップした昭和記念公園の写真へとつながりますwww)

それにしても午前と午後では空の色ってこんなに違うもんなんですねぇ。光の色も違った。私自身も朝は元気でしたが、午後になってグロッキー気味で3時ごろにはヘロヘロでしたw このぐらい天気が良くて日陰のないところで撮影する時は、もっと早朝(8時ぐらい?)から撮り始めて正午には終えるぐらいの勢いの方が良いかもしれません。とにかく暑くて大変でしたが無事帰ってこれたからヨシとしよう。

最後にお世話になったトイレをパチリw これがなかったら不安で浜辺を歩いてなんかいられなかったでしょうwww 

フィルムはフジ・スペリア100。ナニワカラーキットNで自家現像。

浜辺で オリンパスM-1

2007_09_16_olympus_m1_018_class_0_22007_09_16_olympus_m1_018_class_00_

2007_09_16_olympus_m1_018_class_0_3

2007_09_16_olympus_m1_018_class_0_4

2007_09_16_olympus_m1_019_class_00_

2007_09_16_olympus_m1_019_class_0_2

2007_09_16_olympus_m1_019_class_0_3

2007_09_16_olympus_m1_019_class_0_62007_09_16_olympus_m1_019_class_0_4

2007_09_16_olympus_m1_019_class_0_5

浜辺ではモノクロでこんな写真ばかりを撮っておりました。

夏休みの名残や台風が打ち上げたゴミが山盛り。ううう。

同じような写真が山盛りです。。。

それにしても白黒フィルムのスキャンちゅうのもカラーとは違った意味で難しいなと思いました。なんだかとっても明るくなっちゃって陰影が飛んでしまいがちです。フィルムを現像しすぎたのかなぁ。。。うーむ。アナログで焼き込んだりすれば違った印象になるかもしれません。ちょっと考えてみよう。

影を見ればわかるように日差しが強かったです。もう大変。どんよりした曇りは好きではないけど、こういう日陰のないところではもう少し曇ってくれた方がラクです。。。 つづく

三浦海岸へ リコーR1

2007_09_16_ricoh_r1_036_24a

2007_09_16_ricoh_r1_036_22a

2007_09_16_ricoh_r1_036_19a

2007_09_16_ricoh_r1_036_17a

2007_09_16_ricoh_r1_036_15a

2007_09_16_ricoh_r1_036_14a

2007_09_16_ricoh_r1_036_10a

2007_09_16_ricoh_r1_036_09a

2007_09_16_ricoh_r1_036_06a

2007_09_16_ricoh_r1_036_03a

2007_09_16_ricoh_r1_036_0a

先日まだ残暑厳しい中、三浦海岸まで出かけました。

朝の10時に荒崎という海岸で待ち合わせだったのですが、そこへ向かうバスの本数が1時間に2本しかないため、家を出たのは6時台。。。早っ!

新宿駅で空を見上げると真っ青。朝から天気が良く、撮影日和?こりゃあ良かったとその時は思いましたが、後になると残暑厳しすぎ。。。「苦行」のようなちょっとツライ状況になっちゃいました(苦笑)

湘南新宿ラインで横浜、横浜から京急で終点三崎口まで。この京急に乗るのはたぶん人生で2度目かな?ずっと前に横須賀に仕事で出かけて以来だと思います。(全国津々浦々回ったのに全然覚えてない。。。今みたいに電車に乗るところから写真を撮っておけば良かったなぁ。)とにかく珍しいので電車もパチリw

三崎口に着くと待ち合わせメンバーも同じ電車で到着していたので、駅前で記念に一枚撮ってもらいましたw (この時はまだ元気。はしゃいでますwww)

バスに揺られて終点の荒崎へ。漁港です。それにしてもお店とかほとんどない。。。心配していたお手洗いはバス停前にあったので、ちょっとホッとしました。バス停で他のメンバーを待ち、10時過ぎに皆揃ったので歩き始めました。

花模様のマンホールがあったので、パチリ。ここも横須賀の管轄なんですねぇ。結構、距離が離れているけどね。一旦、高台へ上がってから浜辺に下りるコースを歩きました。民家と畑の合間を歩いていると海辺だということを忘れちゃいます。しばらく歩いていたら、おおお、海が広がってる!キレイキレイ!ってな感じで歩きました。 つづく

フィルムはフジ・スペリア100。ナニワカラーキットNで自家現像。

現代アート、行ってみませんか?

昨日、初台のオペラシティーに行ってきました。お目当てはアートギャラリーで開催中の現代アート展「メルティング・ポイント」とNTTインターコミュニケーションセンターの「Life」展です。

メルティング・ポイント展は現代アートらしい、インスタレーションの形式をとった展示でした。本音を言うと、それほど過度の期待はせずに出かけたのですが、一つ目の部屋に入ったとたんに「おおお~!」と言ってしまいましたw 広い部屋そのものがアートしてました。

とにかく大きなものばかりなので、点数は極めて少ないわけですが、楽しい展示でした。ここのアート・ギャラリーはいつも部屋の広さを活かした展示が斬新でけっこう好きです。今回も靴を脱いで床を「這い這い」したりもしましたwww

Life展はインタラクティブアートなので、IT系のものが多くなりますがローテクな大型展示に面白いものがありました。一番好きだったのは、鏡の中の自分と対戦するホッケーゲーム。自分一人なのに鏡の中の自分の分もディフェンスしないとラリーが続かなくて、意外に難しいんですよ、これ。何度か挑戦しましたが、自分の方ばかり勝っちゃいます。

平日の昼間だったからかどちらも空いていたので、じっくりゆっくり楽しんで来ました。

どちらの展示も入館は有料でメルティングが900円!ちと高い。Lifeは500円です。(ネットに割引クーポンがあるので印刷して持っていくのもイイかも。しかも期間中ならもう一度タダで再入場出来ます。)

どちらも「ぐるっとパス2007」を利用すればチケットを見せるだけで入れます。2000円分の中に含まれてる訳です。これはお得感ありありですよw この機に一冊買って、普段行かないような展示をみたり、動物園に行ったりするのはいかがでしょうか?あっという間に元が採れますwww(私は歴史文化財団の回し者ではございません(爆))

本日は、写真なし、テキスト記事でした(^^)/

昭和の写真展 ニコンF80s

2007_09_20_nikon_f80s_132_18

2007_09_20_nikon_f80s_132_19

2007_09_20_nikon_f80s_132_17

2007_09_20_nikon_f80s_132_20

2007_09_20_nikon_f80s_132_22

2007_09_20_nikon_f80s_132_23

2007_09_20_nikon_f80s_132_252007_09_20_nikon_f80s_132_272007_09_20_nikon_f80s_132_26

写真美術館で開催中の昭和の写真展第3弾に行って来ました。

写真も素晴らしいですが、何よりもそこに写っている1960年代70年代の東京の様子に目を奪われてしまいました。

こんなんだっけかなぁ。。。ふぇ~って感じw かなり昔のように見えました。子供の頃の記憶をたどると、もしかすると神戸の方が今と近いイメージで、東京は随分変わったんだなぁと思っちゃいました。昭和の写真展以外にも興味深い展示があるようなので、この秋の写真美術館は面白いと思います。時間があったら是非、行ってみてください!

この日は閉館時間(8時)が遅い日だったので夕方から美術館に行きました。すでにお月様が出ていたのでパチリ。美術館を出たら外はトップリと暮れてました。ISO100のフィルムでしたが、手持ち夜景撮影に挑戦してみましたw

かなり暗かったようで0.5秒以上とか1秒とかのシャッター速度。がっ~~~~~しゃんって感じでした(爆)やっぱり手ブレしちゃいましたねぇ。。。手持ち1秒はキツイですwww デジイチみたいに手ブレ補正があればOKでしょうけどねぇ。でもそこそこイケテルのもあるので、練習次第かな?またいずれ挑戦してみたいと思います。

夕暮れの立川 ニコンF80s

2007_09_17_nikon_f80s_132_01

2007_09_17_nikon_f80s_132_03

2007_09_17_nikon_f80s_132_06

2007_09_17_nikon_f80s_132_07

2007_09_17_nikon_f80s_132_08

2007_09_17_nikon_f80s_132_09

2007_09_17_nikon_f80s_132_11

2007_09_17_nikon_f80s_132_12

2007_09_17_nikon_f80s_132_14

2007_09_17_nikon_f80s_132_15

2007_09_17_nikon_f80s_132_16

あっという間に公園は閉園時間。

私が公園に出かけると夕方曇ることが多いのですが、この日はずっと青空。気分が良かったので新たにAGFAヴィスタ100を詰めてもう少し撮りました。

夕方の暖かい光のせいなのか、はたまた自家現像のせいなのか、なんとなく黄色っぽいというか茶色っぽい色味になりました。まあ夕方らしい雰囲気が出たのでヨシとします。(本当は失敗なのかなぁ?よくわかりません。)

こうして自分の影を写してみるとやっぱり秋なんだなあと実感します。影がなが~い!とっても脚が長く写ったのでちょっと嬉しいwww しかし、隣に写ってるデッカイ頭はなんだろか???う~む。

昭和記念公園はドッグランがあったりして犬のお散歩が出来る公園なので、リードつなぎなども用意されてます。犬の形をしていてカワイイのでパチリwww

駅まで向かいながら街もパチパチ。「2」と書かれた看板は立川シネマシティの入り口です。ここの映画館(シネコン)はお気に入り。キムタク主演のHEROを上映してるって書いてあったので、水曜日のチケットを予約して帰りました。(19日に観ました!)ここだと割引デーでも好きな席を予約出来るので当日は直前に入場すれば良いだけなのでラクチンです。席も快適だし封切を観るには最適空間ですwww

ちょうどモノレールが通りかかったのでパチリ。赤字路線で大変だと報道されてましたが、今後どうなるのでしょうねぇ。。。

<現像メモ>

AGFA Vistaを初めて現像しました。定着が終わってネガをチェックするとネガが不透明でもやぁっとしてる。失敗ネガみたいな雰囲気。先日ウルトラでも同じような状態でしたが、乾燥させると透明になったので、アグフアの特徴だろうと割り切ってそのまま水洗乾燥を済ませました。

干した時点でもやはり乳剤面が白っぽかったのですが時間と共に透明度が増しました。AGFAが使っているフィルムベースや乳剤の特徴なんでしょうかねぇ。。。アグフアのフィルムをおウチ現像して白っぽくなっても驚かないことにします。

ちなみにフジのスペリア100だと定着を済ませた時点でベースはスカッと透明。現像出来たぁ~!っていう達成感がありますwww 

夏なのか秋なのか。。。 ニコンF80s

2007_09_17_nikon_f80s_131_02

2007_09_17_nikon_f80s_131_03

2007_09_17_nikon_f80s_131_04

2007_09_17_nikon_f80s_131_05

2007_09_17_nikon_f80s_131_06

2007_09_17_nikon_f80s_131_14

2007_09_17_nikon_f80s_131_152

2007_09_17_nikon_f80s_131_191

2007_09_17_nikon_f80s_131_25

2007_09_17_nikon_f80s_131_29

2007_09_17_nikon_f80s_131_32

2007_09_17_nikon_f80s_131_33

2007_09_17_nikon_f80s_131_34

2007_09_17_nikon_f80s_131_37

2007_09_17_nikon_f80s_131_10

2007_09_17_nikon_f80s_131_28

デミちゃんだけでは不安なのでニコンも持ってってました。

コスモスが見頃というので出かけましたが、まだヒマワリは咲いてるし日差しは強いし何なんだかよくわかりませんw

コスモスは一応満開なんですが、今年はなんとなく元気がないです。暑すぎて潤いが足りない感じですかね。既に枯れている花も結構あったし。。。ちょっと残念でした。人間は元気で暑い中でもパターゴルフをしたり、お弁当を広げたりと休日を楽しんでましたw

この日は初めてアグフアのオプティマ100というフィルムを詰めました。これももう生産終了したフィルムで年内には期限切れになるみたいです。オプティマはウルトラよりも高価だったので買ったことがなく、終了間際に記念に買ったもののもったいなくて使えないでいました(爆)期限切らしちゃあしょうがないんですが、タイムリミットなので使いましたw(失敗が怖かったので現像はお店に出しましたw)

ウルトラ同様あるいはそれ以上にヨーロピアンカラーでウットリwww ネガを見た瞬間、しっかりした色が出るなぁってわかる感じです。他にもこういうフィルムないかなぁ。。。あるいはまた生産してくれるとイイんですが。。。

とりあえずブローニーのオプティマは気に入ったので安価で入手しましたw しばらくホルガなどで遊べそうです(^^)v

昭和記念公園でデミる キヤノンデミ

2007_09_17_canon_demi_004_13a

2007_09_17_canon_demi_004_14a

2007_09_17_canon_demi_004_15a

2007_09_17_canon_demi_004_16

2007_09_17_canon_demi_004_16a

2007_09_17_canon_demi_004_18

2007_09_17_canon_demi_004_18a

2007_09_17_canon_demi_004_19

2007_09_17_canon_demi_004_20

2007_09_17_canon_demi_004_21

2007_09_17_canon_demi_004_25

敬老の日、天気が良かったので昭和記念公園にコスモスを撮りに行きました。

というのも、この前日、海に写真を撮りに出かけたのですが白黒メインで撮影したため、無性に明るいきれいな色を写したくて堪らなくなってお出かけしました。

公園の原っぱで凧揚げをしていたのでパチリ。青空をパチリ。(最初の2枚他数枚撮影)なんてやってたんですが、露出計が課題のデミちゃんなのでちょっと気になって、露出計ではなくレンズ周りの絞り値を確認してみました。そうしたら全然絞れてないじゃん。この光量ならもっと絞らないとオーバーでないかい?!と気になったので勘露出で絞り込んで写すことにしました。ギュイっと絞ったのは正解だったみたいですw 青空くっきり、芝生が青々、凧の赤も見えてます。ホッ! コスモスのピンクもソコソコには写ったのでヨシとしますか。 逆光で四角いゴーストが出たのもカワイイからヨシですw

結論から言って、この個体の場合、露出計は動いていてもあんまり当てにならないことがあるので、マニュアルで確認するべし!ということらしい。

とりあえず、デミのスペックは。。。

シャッターが、ライトバリュー・プログラム式、EV8(1/30秒、F2.8)~17(1/250秒、F22)とB

露出調節は、セレン光電池式露出計の指針位置に追針を合わせる追針合致式、適正のシャッタースピード値と絞り値 の組み合わせが決まるプログラム式、測光連動範囲=EV8~17(ISO 100)、フィルム感度使用域 =ISO 10~400

なので、天気に合わせて絞り値を決めてやることにします。この日はISO100フィルムを詰めていたのでF11ぐらいに合わせたのだけど大体正解のようでした。やっぱり、昔のカメラを使うと昔式の使い方が一番なのかも(爆)

ひさびさのDemi キヤノン・デミ

デミちゃん、ずっと使っていなかったことを思い出し、久しぶりにフィルムを詰めました。フジ・スペリア100です。とりあえず買い物に出かける時に連れ出し道すがらパチリしました。

前回も書きましたが、このカメラ、いまだにどういうものを撮る時に使ったら楽しめるのかよく解らないのです。。。相変わらずEEのセレン部分の接触が悪くてセレンを押したり、カメラを揺すってみたりしながら露出計の針を動かして撮ってます(苦笑) そんな調子で露出を計るので、どうも完全に正確に出なかったりする。気を抜くと暗めに判断して、オーバーな画像を作ってくれちゃいます。

2007_09_14_canon_demi_004_03

2007_09_14_canon_demi_004_03a

2007_09_14_canon_demi_004_04

                       

                       

                      

                       

                       

まずは「ハイパーマーケット」の入り口付近でパチリ。ちとオーバーになってみたり絞れたりと安定していない模様。。。ネガだから写ってはいるのでヨシとしますか。。。

それにしても、ここは「スーパーマーケット」ならぬ「ハイパー」マーケットなんですが、本当にデッカイ。一時期はTVCMなんかもやってたけど最近はCM見ませんね。とにかく大量にモノがあるので選択の範囲は広いのですが、何処に何があるのやら探すのに手間取ることがあります。外国のように週に一度、車で来てド~ンとまとめ買いするにはピッタリだろうなぁ。。。私のようにたまにちょっと買い物したい人には、わさび一つとか探すのに苦労しちゃいます(爆)人って贅沢ですよねぇ、モノが揃ってなければ怒り、在り過ぎても文句言うwww まあ昔は小さなお店で塩・醤油やなんか買って用が足りてたんですから、それほど選択肢なんてなくても生きていけるんですよねぇ。。。しみじみ、そう思ったりします。

2007_09_14_canon_demi_004_02a

裏道を歩いていると古い木の株とかあるので、こういうのを写してみるのもイイかなと挑戦してみたが、やはり寄れないコンパクトだとツラカッタ。。。

2007_09_14_canon_demi_004_05いつもは足をのばさない所まで行ってみるとこんなものがありました。防災用のスピーカーのようです。ウチの近所は小金井・国分寺・小平の3市が入り組んでいるので、いろんなもんが見つかります。これはたぶん小平市のもの。 露出計狂ってたみたいでハイキーですねぇ。。。

2007_09_14_canon_demi_004_06

                         

                       

                        こんなところにドライブスルーがあるの知りませんでした。へぇ~!言いつつピントが合ってないじゃん。目測で外した。。。ちと悔しい。

子供の頃のおウチカメラが目測だったせいか基本的に目測でのピント合わせはそれほど苦手ではありません。写真ブログをサーフしていると「目測で失敗した、ピントが合わない」と嘆いている人がかなりいるみたい。

ここで外してる人間が書いても参考になるかどうかわからないけど、私の目測式の撮り方を。自分の身体を基準にイメージしてます。腕を伸ばして約60センチ、その先に掌一個分入りそうなら80センチ、自分が地べたに寝転べそうな距離があるなと思えば1.5メートル前後。寝転んでも頭の上に余裕があるなと思えば2メートル。二人分ぐらいで3メートル。それより遠ければ5メートル。もっと遠ければ無限大。目測式だとこれぐらいで充分。天気が良ければレンズがグッと絞ってくれるので深度が深くなり大抵はおさまります。いつも失敗すると嘆いている方、お試しあれ!

2007_09_14_canon_demi_004_07

2007_09_14_canon_demi_004_07a近所にドトールもありました。入ってみたら満席でダメでした。。。残念。

2007_09_14_canon_demi_004_08a_2ここは小平かな?国分寺かな?お風呂屋さん発見!煙突に名前が書いてないのが残念。

2007_09_14_canon_demi_004_09a_2                     

                     

                    

昔懐かしい手芸屋さんって感じですねぇ。冬になったら習いに行ってみようかしらんw 編み物習ったことないんだけど(いつも適当な自己流。これで30年やって来たwww)

2007_09_14_canon_demi_004_10

夕焼け雲をパチリ。

もう少し、デミちゃんを使いこなさねば、どこかへ連れて行くことにします。つづく

モノクロな立川・国分寺・三鷹 コニカC35AF

2007_09_12_konica_c35af_002_01

2007_09_12_konica_c35af_002_02

2007_09_12_konica_c35af_002_03

2007_09_12_konica_c35af_002_06

2007_09_12_konica_c35af_002_07

2007_09_12_konica_c35af_002_08

2007_09_12_konica_c35af_002_09

2007_09_12_konica_c35af_002_12

2007_09_12_konica_c35af_002_14

2007_09_13_konica_c35af_002_20

立川の病院に行ったのだけどこの日は午後が休診で行ってから診てもらえないと判明。暇になったので、ブラブラ歩いて写真を撮って帰りました。

いつも通らない道を行くとカラフルなペイントを施された地下道がありました。ボタンみたいな石みたいな模様ですが、ところどころにサルが隠れていたり、クマが描かれていたりして面白いです。地下道を抜けると絵に描いたような「探偵」の看板が!なんとなく珍しかったのでパチリ。葉っぱに埋もれた防火水槽看板もパチリ。

国分寺でも裏道を歩いてみたらいつの間にかコインシャワーが出来てました。ここって前は何だったっけ???記憶にございません。。。家族のマークが描いてある家を発見wこれも面白かったのでパチリ。三鷹ではロータリーをパチリ。他愛のないものばかりパチリしてます。

コニカのカメラだからとコニカパン400を入れてみました。少し前まで売られていた子猫の柄のフィルムです。カワイイ箱だったのでいくつかまとめ買いしてあります。このフィルムはD-76処理でOKと箱に書かれているので、ヨドバシカメラでD-76タイプのナロファインという現像薬を買ってみました。100円ちょっとと凄まじく安い!初めて使ったので現像時間とかイマイチ良くわからないのでISO400は8分から10分と書いてあるから8分で現像してみました。ちょっと過現像だったようです。黒が締まっていない気がする。フィルムの箱には7.5分と書いてあるから、その通りにした方が良かったみたい。。。次回はもう少し短い時間で終了することにしましょう。

カメラの方がというと、3コマほど露出が変でした。シャッターかシャッターボタンが粘っているのかな?あるいは配電の接触が悪いのかもしれません。(このカメラ、露出計もシャッター速度もフラッシュも全部単三電池で制御しているそうです。)いずれにせよ、ジャンクで連れて帰ったカメラがこれぐらい写れば文句はないわけですがwww 使ってるうちに調子が上がることを祈ることにしますw

キャラクターグッズ? 京セラ サムライZ

くだらない話題ですが今日はウチの子達をご紹介w

年甲斐もなく、オモチャやぬいぐるみなどのグッズが好きで、頂き物などはなかなか処分できずに溜まって行きます。誰もそんなん見たくないと思うけど、そのうちのいくつかを紹介しちゃおうっとw

2007_09_02_samuraiz_011_33a

ウチでは古株のミスユー君。婚約時代にダンナが人形釣り(UFOキャッチャー)でとってくれました。

いったい幾らつぎ込んだのかは知りませんwww

2007_09_02_samuraiz_011_35これもUFOキャッチャーの戦利品。ある仕事をお手伝いしていた頃、最後の日に友人が釣り上げてプレゼントしてくれました。

モモちゃんって今でも人気あるのかな?

2007_09_02_samuraiz_011_36a_2            

こちらは東芝ラグビー部のキャラクター、ブレイブ・ルーパス!

ぬいぐるみやグッズ、超カワイイ!

でも球団マスコットみたいな着ぐるみがないんです。カッコいいと思うので、是非作っていただきたいのですが。。。

2007_09_02_samuraiz_011_37a日本ハムBBの応援バットw

北海道へ移転直後のBBは男臭いオヤジ顔でしたが、今のBBは若々しい表情でキュートですw

いつも勝利インタビューのお立ち台に上ってヒーローにチュー!してます。

あれは、無理チューだな(爆)

2007_09_02_samuraiz_011_37                   

こちらはダンナのお気に入りグッズw

阪神電車の新型車両がプリントされたリュック。

大阪の阪神百貨店の鉄道模型売り場で見つけました。

模型屋の隣は、カメラの修理コーナーです。デパート内に修理コーナーがあるって、なんだかステキです!

こういうモノがゴロゴロあるので、ウチはもうすぐパンクしそうですぅ。。。ううう。

2007_09_02_samuraiz_011_30a_2番外編 先日、吉祥寺で食べたパンケーキ。アボガドと海老のマヨネーズ和えサンド。意外に美味しかったですよん。

   

三鷹で怪獣 フジカ・ハーフ

2007_09_13_fujicahalf_005_03_2

2007_09_13_fujicahalf_005_04

2007_09_13_fujicahalf_005_06

2007_09_13_fujicahalf_005_07

2007_09_13_fujicahalf_005_08

                         

                         

                        

                         

                       

                       

                       

カラーネガのパトローネからインスタマチック用126フィルムカートリッジにフィルムを詰め替えると、半端な分量の切れ端が残ってしまいます。

捨てるのはもったいないので、その切れ端をハーフカメラに入れてみました。久しぶり登場のフジカハーフです。自分で現像するとどんな切れ端の短いフィルムでも気兼ねなく処理できる。ケチケチを貫けますwww

この日は三鷹市美術ギャラリーで始まったばかりの「怪獣と美術」~成田亨の造形芸術とその後の怪獣美術~を観に行きました。~10/21まで。

成田さんの怪獣原画の多くは昨年行った青森県立美術館から持ってきたものでしたが、ウルトラマン以後の作品や怪獣をテーマにした絵画は個人蔵のものが多く、初めて目にする作品がたくさんありました。

怪獣アートってウルトラマンで育った世代には、熱狂的なウルトラファンでなくても楽しめるんですよ! バルタン星人とかカネゴンとかジャミラとかファンでなくても覚えてたりするもんですから、楽しいわけです。今回は成田さんの作品に加えて高山良策さん他実際に怪獣を造形化した作家さんなどの作品と絵画も展示されていて、市民美術館としてはかなり充実した展示だと感じました。

このギャラリー、JR三鷹駅南口正面のビルにあるので交通の便がいい。駅を降りて3分後には鑑賞開始って具合です。大抵の美術館は最寄り駅からテクテク歩くので億劫になりがちですが、これなら少し時間が空けば飛び込みで見られる。お出かけついでに寄るのも可能という優れものです。しかもこのギャラリーは「ぐるっとパス」に参加しているので、企画展でもパスを見せるだけ。便利なんです。

ギャラリー内は撮影できないので、駅前のロータリーをパチリ。タクシーがカラフルで可愛かったですw 赤い小型バスはジブリ美術館へ行くシャトルです。(ジブリは行ったことがない。。。)

2007_09_13_fujicahalf_005_01

            

                                      

入れたフィルムを送るのにパチリと押したら画面が写ってた(爆)

こんなに写るんならピント合わせとけば良かったなぁ。。。                   

アグフア・ウルトラ自家現像2 オリンパスM-1

2007_09_09_olympus_m1_009_18

2007_09_09_olympus_m1_009_20

2007_09_09_olympus_m1_009_21

2007_09_09_olympus_m1_009_22

2007_09_09_olympus_m1_009_23

2007_09_09_olympus_m1_009_25

2007_09_09_olympus_m1_009_26

2007_09_09_olympus_m1_009_29

2007_09_09_olympus_m1_009_30 2007_09_09_olympus_m1_009_33

2007_09_09_olympus_m1_009_35

お神輿が駅前に集合していくまでの間、吉祥寺の街も少し撮ってみました。インスタマチックでも撮影したペコちゃん、ものすごく可愛かったのでアップでもおさえておきましたw 日陰でしたが色艶よく笑顔が撮れたので大満足www ねじり鉢巻がキュート! そして巨大な壁画を発見!ここにこんなに大きくてカラフルな壁画、あったっけ???50ミリレンズではおさまり切らないほどの大きさです。カワイイオブジェもパチリ。中華料理屋さん?の竜もパチリ。そんなことをしているうちに各地区からお神輿が集合して来ました。

威勢の良いお姉さん、お神輿に昇ろうとしてたみたいですが、この後断念。すごい勇気あるなあと思ったので撮ってみましたw モノスゴイ人出と担ぎ手の囃し立てる声でかなりの騒音だったのですが、ネコちゃんはずっと睡眠中でした。私を含めて何人もの通行人があらま、寝てるとか言いつつ写真を撮ってたんですが眠りっぱなしでした。肝が据わってます(爆)(電話してる人があまりにもはっきり写っちゃったのでモザイクしました。すんません。)

あっさりとした現像になったためかウルトラっぽくないと言えばウルトラっぽくないんですが、カラフルなモノはカラフルに出たし、空も鮮やか。次回現像することがあったら、時間を変えたりしながら試してみたいと思いますw

Vfts0046_2

今回ウルトラを現像して驚いたのがコレ!現像液を注入する前に温湯でリンスしてフィルムやタンクの温度を現像液の温度と揃えてるんですが、ドピンクの液が出てきて驚きやした(@@)

たしかにフジの白黒フィルムも濯ぐと薄っすらピンクが出たりするんですが、ウルトラはショッキングピンク!コレはすごいです。

現像液処理のあとも温湯で濯いでますがそちらがこの紺色の水。コダックのカラーネガの時は茶色だったような気がしますが、ウルトラは写真の仕上がりだけでなく廃水までもなんですねwww

アグフアウルトラの自家現像1 オリンパスM-1

2007_09_08_olympus_m1_009_01_2

2007_09_08_olympus_m1_009_02

2007_09_08_olympus_m1_009_06

2007_09_08_olympus_m1_009_10_2

2007_09_09_olympus_m1_009_14

2007_09_09_olympus_m1_009_17_2

                          

                              

                                                      

昨日の朝、現像していたのがこのネガでした。

ウルトラは数に限りのあるフィルムなので緊張したぁ。

その上、いろいろハプニングもあり、泣きそうになりました。

ウルトラにしては色が薄いです。理由はよくわかりませんが、たしかにオーバー目に撮影していましたが、現像時間が少々長かったのかもしれません。(トロトロやってますからねぇ。)あるいは、ハプニング?!で漂白・定着を2度行ったからかもしれません。

ハプニング?!というのは、実際はハプニングでも何でもなくてアグフア・ウルトラフィルムの特徴だったのですが、初めて現像したフィルムなので定着の失敗だと勘違いしたのです。今後、アグフア・ウルトラを自家現像する方もいると思うので、この事件を書いておきますw

カラーネガ標準現像はメーカーやフィルム感度に関係なく処理できるので、今回はフジのスペリア100とアグフア・ウルトラの2本をタンクに入れて現像しました。現像と定着を終えて予備水洗するときにネガの様子をチェックするとフジはフィルムベースが透明になり見るからに成功。しかし、ウルトラはベースが赤紫で濁っていました。乳剤面も不透明で白黒フィルムで現像に失敗した時みたいな感じ。ゲッ!定着不足?と思ってフジは水洗へ進みウルトラだけ再度定着処理をしました。ほぼ倍の時間漂白・定着処理をして引き上げたのですが、やはりフィルムは濁ったまま。あーあ、失敗かぁ。。。ウルトラは自家現像に向いていないのかぁ。。。と思いつつ乾燥。

乾燥している間にネットでウルトラのことを調べてみると、現像終了後すぐは失敗したみたいに見えるが乾くと大丈夫と書いている人がいたので気を取り直して乾くのを待ちました。乾燥するとさっきまで不透明だったベースの乳剤面が透き通り普通のネガのような透明なネガになりました。(余分な再定着を施してしまった。。。)材質の問題で処理の失敗ではなかったのでした。

ちゃんと調べてから挑戦すれば良かったのに手抜きをしたのが拙かった。。。失敗、失敗。初心者は失敗から学ぶのよ!と自分に言い聞かせておくことにします。

以下、要注意なので繰り返して書きます。

アグフア・ウルトラのネガは現像・定着処理後、濡れている間は不透明だが乾くと透明になるので現像の失敗だと焦らないこと!

それからウルトラのフィルムは薄くてコシがないのでリールに巻くのに苦労します。パーフォレーションもチギレやすいので巻く際に引っぱりすぎない。

撮影とか現像とかの話 ホルガ120N

2007_09_06_holga_025_01

2007_09_06_holga_025_02

2007_09_08_holga_025_102007_09_08_holga_025_12

2007_09_08_holga_025_11

                   

                 

                   

              

世の中は総理大臣妙なタイミングでの辞職で持ちきり。そんなニュースを見つつ、虎が鯉に喰われるのを見てガックリしてて更新をサボりました(苦笑)

いや、単にネタが少なくなってきたのでサボっただけですがwww

今朝も朝からフィルム現像して現在乾燥中です。そこで先日現像したホルガ画像のアップ。

ウチのホルガは最もシンプルな120Nというタイプ。シューのみでフラッシュが付いていません。だから今までお天気の良い日に屋外で撮っていました。

しかし、先日ペンF用フラッシュを下さった奇特なお方がございまして、これがまた小型軽量だけどしっかりしてる。ペンF専用ではもったいないしホルガに付かないかなぁ。。。と試してみたらバッチリ光るじゃありませんか!早くピッカリ写真を撮ってみたいと思いつつ、普段フラッシュで撮影しないもんだから何を撮ればいいかワカラン(爆)

とりあえず期限切れのフジ160NS(カラーネガ)を詰めて、タイガースバットを持ってナイター応援中のBBとかモモちゃんを写してみましたw ヌイグルミだと至近距離なのでフラッシュの前面にスーパーのレジ袋(乳白色)を2枚重ねしてテープで貼り付けディフューザー代わりにしてみました。ちょうどいい感じに被写体だけ明るく、白飛びせずに済みましたw

カフェでお教室のお友達を数枚撮ったときは普通にフラッシュ焚きましたがこれも問題なし。このフラッシュ持って歩けば、どこでも撮れちゃいますねぇ。こりゃ、楽しい!!! 3コマ分残っちゃったので小金井公園に行って日中撮影で使い切りました。

カラーネガではあるけれど、ブローニーの自家現像はやったことがないし、ちょうど一回分のモノクロ現像液が残っていたので練習用ということで白黒処理しましたw

やってみて反省点がいくつか。。。(1)リールに巻く際ブローニーは幅が広いからフィルムの端を持って少し曲げるのにコツと慣れが必要。強く持ちすぎるとBB写真の右下の爪跡風な折れがついてしまう。(2)リールの巻き始めが35ミリより少々難しく、正しく巻けているのかわかりづらいので、巻きを失敗すると一番最後のコマみたいなことになる。(おそらく一周目が正しく巻けてなかったので乳剤面と接触してた。)

まあこんな失敗はあったものの、お門違いの現像処理と大きな画面だったにもかかわらず、ムラや水玉状の失敗などはなく、ボツも1コマだけで出来上がりました。

カラーネガフィルムをモノクロ処理するとヌケの悪~いネガが出来上がります。でもモノクロモードでスキャンするとちゃんと画像が出てきます。おそらく暗室でプリントするには時間が掛かって大変だと思いますが、スキャナーだとレベル補正でネムサを補正すれば、簡単に扱えます。期限切れでキレイな色が出そうにないカラーネガならこれで処理するのもありかな?

とにかく初心者はいろんな冒険をするのが楽しいのであります(爆)邪道なことをガンガンやって遊ぶと致しますですwww(こんなことをやってるうちに腕が上がるに違いない。希望的観測!)

吉祥寺の動物園 京セラ サムライZ

2007_09_02_samuraiz_011_05

2007_09_02_samuraiz_011_06

2007_09_02_samuraiz_011_06a

2007_09_02_samuraiz_011_07

2007_09_02_samuraiz_011_01a_22007_09_02_samuraiz_011_20a_22007_09_02_samuraiz_011_272007_09_02_samuraiz_011_25

2007_09_02_samuraiz_011_25a

2007_09_02_samuraiz_011_29

2007_09_02_samuraiz_011_29a

フィルム現像の練習を兼ねて動物園で撮った写真をアップします。

けっこう暑い日だったので動物たちもちょっとお疲れモード。だら~っと昼寝してる姿が可愛かったりしてw

夏のリスはスリムで動きが速い速い。なかなかフレームにおさまってくれません。何枚か撮ったけどシャッターを切ってる間に頭が木の影に入っちゃったりして失敗でした。

本物の動物だけでなく、作り物の動物も少々パチリ。こちらはおさまり良し。当たり前かw トンボも居ました。

平日の動物園は空いてますが、この日は日曜日だし混んでた。外に出ると大量の自転車。皆さん近場から来てるんですねぇ。動物園というより公園に遊びに行く感覚なのかな?ここなら動物に触れることも出来るし車が走っていないし土や遊具もあるし、小さな子供の遊び場にはイイかもしれません。大人の私にも楽しいですwww

2007_09_02_samuraiz_011_09

最後の一枚はブレちゃいましたが。。。サムライZっていくつかボタンがあって変わった撮影が出来るようになってます。こういう機能を使ったことがなかったので試してみました。この一枚はゴルフのスイングのマークのボタンを押してみました。カメラ本体が動いちゃいましたが、ゾウさんの鼻が多重露光になっているのはわかるかな?こういう風に写せるって知りませんでした。オモロイオモロイ。

連写ボタンもあったのでチャレンジしてみましたが、ハナコさん動きが遅くって同じようなコマの連続になってしまった(苦笑)また今度もう少し動きの速いもので試してみようと思います。

初、カラー現像 Kodak Instamatic 133X

2007_09_09_kodak_133x_002_01001_2

2007_09_09_kodak_133x_002_02001

2007_09_09_kodak_133x_002_05001一緒に歩きながら撮っているのでぶれたりしてますが気にしないw

2007_09_09_kodak_133x_002_06001

ぺこちゃんもお祭りモードwww

皆さん、カワイ~イと頭を撫でたり、携帯電話で写真を撮ったりしてましたw

2007_09_09_kodak_133x_002_09001

2007_09_09_kodak_133x_002_10001

2007_09_09_kodak_133x_002_15001

2007_09_09_kodak_133x_002_18001

2007_09_09_kodak_133x_002_170012007_09_09_kodak_133x_002_19001

2007_09_09_kodak_133x_002_16001

昨日日曜日、ブローニー用のネガ袋を買いに吉祥寺に出かけました。ついでに井の頭公園で試写でもしようと思っていたら。。。何とお祭りではありませんか!そこでお神輿の追っかけをして写真を撮る事に。

持っていたのはインスタマチック。本来126フィルムというのを使用して真四角な写真が撮れるカメラですが昨日持っていたのは35ミリカラーネガを自分で詰め替えたもの。使用済みのカートリッジを現像所から返却してもらいダークバッグの中で詰め替えました。初めての挑戦だったので上手く撮れるものなのかどうかわからなかったので実験も兼ねてました。

詰め替えフィルムの実験結果は、ちょっと微妙でした。。。裏紙の穴(フィルムを1コマ分送るためのもの)と35ミリフィルムのパーフォレーションが完全に一致しないので、どうしてもズレが生じます。キレイに1コマ分送られていたり、コマが重なってしまったり、さらには1コマ分飛んでしまったりとマチマチにはなりましたが24枚撮りのところ20枚ぐらいは撮影できていました。詰め替えですからこんなもんでしょう。(大雑把ですw)

画像の下側は126フィルムでもパーフォレーションがある側なので35ミリのパーフォレーションとほぼ同じ幅なのですが画像の上側は本来いっぱいイッパイまで画像が写ります。35ミリフィルムの詰め替えではその部分に穴が来てしまいます。(35ミリ使用のホルガと同様です。)スキャンが面倒なので今回は上下のパーフォレーション部分をカットして横長の画面でスキャンしました。(コマによって不揃いなのは重なってしまった部分をカットしたからです。あしからず。)

ちゃんとした製品の126フィルムなら堀内カラーに出すところですが、期限切れコダックゴールドを詰め替えたものだし失敗してもいいやぁってことで自家現像に挑戦しました。

カラー自家現像には「ナニワカラーキットN」を使いました。これ一回溶かすと日持ちしないらしいから、他にもなにかオモチャカメラで写真を撮って現像せねばwww 最後の方ではクロス現像に挑戦しようと思います! カラーは液温管理が難しいとのことでしたが、気温が高いのでそれほど苦労せずに30度をキープ出来ました。

現像の手順は「カラーキット」の説明書どおりではなく、少しアレンジしてみました。モノクロ現像と同じように現像液と同じ温度の水で前浴。現像は時間通り。停止に定着液と同じ温度の水浴、定着は時間通り。その後予備水洗してQW、本水洗とやってみました。工数が2つほど増えるけれど液が混ざらないし温度も維持できるのではないかと思ってやってみました。初めてやったにしては現像にムラも出なかったし今後もこれでやろうかと思います。ちょっと黒めのネガになったのは現像時間が長かったのか、曇るはずが快晴で光量が多すぎたのか。。。まあこんなもんですかねぇw

なんだかものすごくマニアックな世界に入っていってる気がしますが、まあこれもいいかなwww 何本かやればプロラボ出すより安上がりだしwww

久しぶりに使ってみた コダック シグネット35

2007_08_28_signet35_003_0

2007_08_28_signet35_003_01

2007_08_28_signet35_003_02 2007_08_31_signet35_003_05

2007_08_31_signet35_003_08

2007_08_31_signet35_003_15

2007_09_02_signet35_003_20_2

2007_09_02_signet35_003_23_2

2007_09_02_signet35_003_25

シグネット35を検索していてこのサイトを訪れてくださる方も多いみたいです。最近登場していなかったので久しぶりにと思って連れ出しましたが、なんだかとりとめのない写真ばかりになっちゃいました。参考にならないなぁ、これじゃ。。。

いきなり鉄な写真から。この聖橋に立つとどうしても電車を撮りたくなっちゃうんですよねぇ。。。あとは公園の遊具を撮ったり、近所に咲いてた花を撮ったり。最短が60センチぐらいなので、ヒマワリとか大きな花なら写せます。基本的には花向きではないかなぁ。。。

動物園とかだと鳥が小さくなりすぎる。本当はバストアップで人物とか撮るとちょうどいいかもしれません。あと、人工物を撮るとシャープな感じ。

2007_08_31_signet35_003_18

2007_08_31_signet35_003_17

最後の2枚は新宿で。

梅雨頃再上陸が話題になったバーガーキング。最初のうちはハンバーガー買うのに100分待ち状態でしたが、今は落ち着きました。比較的すぐに買えます。

お店の外のテラスでチキンサンドを食べながら椅子がカッコよかったのでパチリ。ついでに最近カメラバックとして愛用しているモンローバッグも写しちゃいましたwww こんなに派手なトートバッグにカメラ入れて歩いてます。男性陣は自分の好みのカメラバッグを探すのも撮影散歩の楽しみの一つらしい。でもゴッツかったり色が渋すぎたりと、女性を満足させてくれるカメラバッグってなかなか見つからないもんです。カメラやフィルムだけでなくハンカチやポーチとかお財布とか持ち歩くものが多い。そこでたっぷり入る普通のバッグに中仕切りクッションを仕込んで使っています。リュックの日は中仕切りをリュックにお引越しすればそちらがカメラバッグに早替り。便利なので3サイズの中仕切りを用意してその日の気分でカバンを変えてま~す。

今回の写真はあんまりだなぁ、トホホ。 近いうちにリベンジしよ。。。

モノクロな原宿3 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_21

2007_08_26_autohalf_s_005_21a

2007_08_26_autohalf_s_005_23

2007_08_26_autohalf_s_005_25

2007_08_26_autohalf_s_005_26a

2007_08_26_autohalf_s_005_27a

2007_08_26_autohalf_s_005_28

2007_08_26_autohalf_s_005_30

2007_08_26_autohalf_s_005_30a

2007_08_26_autohalf_s_005_31

2007_08_26_autohalf_s_005_31a

2007_08_26_autohalf_s_005_32

                          

                 

                         

                      

                   

表参道ではまだまだ「よさこいダンス」が続いていましたが、チラ見しながら景色をパチリ。あとでネガを見てみるとこの辺りから露出の調子が安定してきたような気がするような。。。日陰とかコントラストの強いものもそれなりになってきました。セレンからの電気が上手く回るようになってきたんだとイイなぁw

表参道のオシャレなビル、夕方の少し傾いた木漏れ日がキレイだったのでパチリ!表参道ヒルズもパチリ。ヒルズ内は坂が多くてあまり入る気が起こらないのですが、外観は新しいビルにしては圧迫感がなく結構好きです。

ウェンディーズの角から裏道へ。タコス屋さんまだありました。この通りもお店が増えましたねぇ。昔はもっと一軒家やアパートがあったように思いますが。。。それにしてもこれでもかというような電線!店舗が増えると電気の容量も増えるから増設増設でしょうか。

バイクや落書きなどハードなものもパチリ。竹下通りの交差点でもパチリ。なんだか物足りない風景ですねぇ。。。パレフランスのビルが解体されて久しい。たしかここには超高層ビルが建設される予定なのですがどうなったんでしょうか?当初の計画では今年の3月頃には出来上がっているはずだったような。。。あんなに大きなビルさえも解体して建て替えてしまう原宿。本当に変化の激しい街です。

竹下通りのネオンサインの看板。コロコロとお店が変わる竹下通りですが、この店、25年前からあります。(一瞬アルバイトしたことがある!すぐに辞めてラフォーレ原宿のバイトに変えちゃいましたがw) 店長、昔と同じ人だったみたい。ヒェ~!

駅に向かいながら一軒ハガキを貰っていたお店があることを思い出し、ちょっと迂回。お店チェックを済ませてから裏道を戻りました。なぜかロンドンのチューブ風の看板とプレスリーとロデオの牛が!面白かったのでパチパチ。

街はすっかり変わったけど、やっぱり原宿は妙にオモロイ街ですw

モノクロな青山2 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_16a

2007_08_26_autohalf_s_005_132007_08_26_autohalf_s_005_15a2007_08_26_autohalf_s_005_15_22007_08_26_autohalf_s_005_162007_08_26_autohalf_s_005_18a

2007_08_26_autohalf_s_005_13a

2007_08_26_autohalf_s_005_14

2007_08_26_autohalf_s_005_19

2007_08_26_autohalf_s_005_20

2007_08_26_autohalf_s_005_20a

                         

                       

                      

                    

                       

                       

公演鑑賞後、久しぶりの青山だったので少し散策。たしかこの辺りにトイカメラショップがあったなぁ。。。なんて思いながら歩いてみました。カメラ屋さんは日曜日で休業してましたが、その近くにラ・プラースというオシャレな空間が出来ているのを発見。すでに一年ぐらい前からあったみたいですね。こちら側に行くことがほとんどないので全く知りませんでした。ウッドデッキの低くて広い空間。246沿いにこんな空間があったなんて。。。驚き!

裏道に入ってみるとお風呂屋さんがある場所です。もうすぐ開店時間だったので年配の方が15人ほど列を作ってました。民家の合間にはクリーニング屋さんもあるしお稲荷さんもあるし、普通に住宅街なんですが、一本向こう側はラ・プラース。なんとも和洋折衷というか不思議な空間になってますw

いつも思うけど、東京って都会だけど田舎です。不思議な街。。。

つづく

モノクロな原宿・青山1 リコーオートハーフS

2007_08_26_autohalf_s_005_00

2007_08_26_autohalf_s_005_0

2007_08_26_autohalf_s_005_00a

2007_08_26_autohalf_s_005_01a

2007_08_26_autohalf_s_005_03

2007_08_26_autohalf_s_005_03a

2007_08_26_autohalf_s_005_04a

2007_08_26_autohalf_s_005_26

2007_08_26_autohalf_s_005_10a

                                                                                                                              

                     

                       

                       

                     

日付が前後してしまいましたが8月末に撮ったもの。先日カラーフィルムで試写した修理後のオートハーフを連れ出してみました。今回はプロスト400の自家現像。自宅で初めて現像した分なので色々失敗もあるみたいですが、その点は目をつぶって下さいませ。。。

この日は青山のスパイラルホールでダンス公演があったのでそれを観に出かけました。JR原宿駅から表参道を通って246に出ればいいやと気軽に出かけましたが、原宿駅に着いてビックリ。エライ人。夏休み最後だから混んでるのかなぁ、それにしてもスゴイ人だなあと思っていたら、何とこの日は表参道でよさこいイベントの日だったのでした。ゲゲっ!表参道をさっさと抜けることが出来るのだろうか。。。不安になりつつもカメラを取り出し撮りながら急ぎ足で歩く私(爆)

よさこいは延々と続いておりましたが、とにかくスパイラルへ到着。公演観ました。

つづく

吉祥寺の動物園 ホルガ120N

2007_09_02_holga_35mm_003_15

子供がこれ見て「裸でイナバウワーしてるよぉ!」と叫んでました(爆)

2007_09_02_holga_35mm_003_16

2007_09_02_holga_35mm_003_18

2007_09_02_holga_35mm_003_181実際はこれぐらいは写ってます。2007_09_02_holga_35mm_003_19

2007_09_02_holga_35mm_003_27

2007_09_02_holga_35mm_003_212007_09_02_holga_35mm_003_33

2007_09_02_holga_35mm_003_35

ハナコさんは還暦を迎えました。 おめでとうさんですw2007_09_02_holga_35mm_003_36

そんなに見つめられると思わずシャッターを押しちゃいますよぉwww

動物園の中では日が蔭って来たのでそこそこ落ち着いた調子で撮影が出来ました。

完全に日陰だった金魚の写真が一番安定した露出に読み込めました。

やっぱり動物はカワイイなぁ(^^)

穴もスキャンする ホルガ120N

2007_09_02_holga_35mm_003_01

2007_09_02_holga_35mm_003_011

2007_09_02_holga_35mm_003_032007_09_02_holga_35mm_003_0312007_09_02_holga_35mm_003_05

2007_09_02_holga_35mm_003_0512007_09_02_holga_35mm_003_072007_09_02_holga_35mm_003_0712007_09_02_holga_35mm_003_13

2007_09_02_holga_35mm_003_131

                       

                     

フィルム現像を始めたので、さっそく変則写真を撮ってみました。久しぶりのホルガ35ミリバージョンですwww

習った現像方法がISO400の白黒フィルムのやり方だったので、曇りだったしプロスト400を入れてみました。しかし、いやあ、難儀したぁ。。。現像が下手なのもありますが。。。

曇っているとはいえ、9月はまだまだ光量が多いんですねぇ。。。F8強、シャッター速度1/100のホルガだとオーバー気味になっちゃいます。フィルムが推奨する露光ガイドに照らすと日陰でも一段以上のオーバー、明るいところでは2~3段オーバーになります。ネガだとラチチュードが広いので、充分画像は拾えています。普通の写真のように穴なしでスキャンするとそれなりに写ってます。ですが、パーフォレーションを含めてスキャンするとなると大変なことに。。。

ネガを見た感じではオーバーで黒いけど画は出ているので暗室でプリントする分にはなんとかなりますが、スキャンはアナログプリントと同じではありません。スキャンする時に、穴の素通しの部分を真っ黒の基準として判断し濃度を決めてしまうのでコマ間部分の本来黒になって欲しい部分などはグレーとして判断されてしまいます。

スキャナーにモノクロネガ設定で読ませると上記の症状が顕著にあらわれてしまう。。。一枚目や最後のように日陰で適正より暗めかな?という写真はそれほど影響がないんですが、空が入ったりして明るいオーバーのものはいけません。ネガ設定だともっと白くて、デジタル補正で黒を強くするとモアレ模様のようなノイズが出てきます。

そこで、モノクロリバーサル設定でスキャンしました。反転画像としてコマ間部分を含めて読み取り後、反転。レベル補正でコマ間部分を黒の基準色に選んで調整したのが今回アップした画像です。これならノイズがのって来るほどのことがなくソコソコ穴つきが楽しめるかな?

ホルガでパーフォレーション入りの写真を撮る時は天気に合わせて、適正におさまる感度のフィルムを選ぶことをお薦めします。絞りもシャッター速度も変化できないトイカメラの場合、全コマ適正露出を保つのは難しいけれど、この時期ならISO100で充分のようです。撮る場所と時間に合わせてフィルムを選ばないと。。。反省です。

谷中散歩 リコーXR-7

2007_08_12_xr7_022_50mm_17

2007_08_12_xr7_022_50mm_18

2007_08_12_xr7_022_50mm_20

2007_08_12_xr7_022_50mm_21

2007_08_12_xr7_022_50mm_22

2007_08_12_xr7_022_50mm_23

2007_08_12_xr7_022_50mm_24

2007_08_12_xr7_022_50mm_25

お盆に撮影が出来なかった関係でネタがなくなって来た。ヤバイ!(爆)

これは倒れる前日、谷根千散策をしていた際に撮ったもの。ここに辿り着くまで白黒撮影をしていて、フィルム4本終了したので最後にカラーでも写しておきました。

ものすごく暑い日で熱中症になりそうでしたが自販機で飲物補給しながら御茶ノ水から日暮里まで歩きました。(その疲れで石が動いたのかも。。。)日差しの強さは写真からも感じられる、かな? フィルムはフジ・スペリア100です。

この辺りは以前にも撮影しているので、今回はまだ写していなかったものを!最初のは「乱歩」という喫茶店の看板。舌を出してるのがカワイイw 次は指人形さんのウィンドウです。これって井出らっきょうさんがモデルなの?井出さん本人の写真が置いてありました。

この後、手作りパイのお店でバナナパイとパウンドケーキ、10円饅頭も買い、お惣菜屋さん(激安!)では揚げ物などチョコチョコと買い物して日暮里駅から帰宅しました。どれも昔懐かしい味で美味しかったぁ。またオヤツ、買いにいこっとwww

美術館へ行こう (修理した) リコーオートハーフS

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_02

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_02a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_06

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_06a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0_2

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_0_3

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_09a

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_10

2007_08_10_ricoh_autohalf_s_004_11

                             

                          

                      

                       

                      

お正月に富山で購入したオートハーフS。前回は露出が変でも工夫したら撮れるという記事を書きました。でもやっぱり直せるうちに直してもらうのが良さそうかなと思い、7月に修理に出しました。

修理後の試写がこれ!アグフア・ヴィスタ100の12枚撮りを入れてオート露出でパチパチしてみました。

修理したてのせいかオート露出がアンダー気味に感じます。以前他のカメラを修理した時もフィルム1本目はアンダー気味、3本目ぐらいから安定した経験があるので、これから使っていくうちにイイ具合になるかな?と楽観視しています。少し暗めな感じがロモっぽい気もしないではない。これって、イマドキ?(爆)

タイトルの「美術館へ行こう」なんですが、庭園美術館がイイんです。9月17日までディアギレフが率いたバレエ・ルッスの衣装や衣装デザイン画などの展示をしています。フォーキンが着用した衣装など実物も(触れられませんが)間近で見ることが出来ます。男性ダンサーが意外と小柄だったんだなぁと改めて思いました。

このような展示はなかなか間近で見れないことが多いので、ニジンスキーやディアギレフ時代のロシアバレエに興味がある方やバレエ好きの人、近代~モダンアートに興味のある方は出かけてみてはいかがでしょう。お薦めの展覧会でした。

庭園美術館のあとは一駅電車に乗って恵比寿の写真美術館へ。金曜日は夜遅くまで開館しているので夕暮れ時に出かけても大丈夫。私が観に行ったマーティン・パー展は終わりましたが、鈴木理策さんの写真展が今日から始まります。昭和のドキュメンタリー展も開催中。聞くところによるとイイらしい!

今日から9月。芸術の秋です。美術館巡り、いかがですか!!!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »