2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

怪しい?谷根千 ニコンF80s

2007_05_21_nikon_f80s_117_01

2007_05_21_nikon_f80s_117_02

2007_05_21_nikon_f80s_117_03

2007_05_21_nikon_f80s_117_07

2007_05_21_nikon_f80s_117_09

2007_05_21_nikon_f80s_117_16

2007_05_21_nikon_f80s_117_17

2007_05_21_nikon_f80s_117_18

2007_05_21_nikon_f80s_117_19

2007_05_21_nikon_f80s_117_22

2007_05_21_nikon_f80s_117_23

2007_05_21_nikon_f80s_117_24

2007_05_21_nikon_f80s_117_25

2007_05_21_nikon_f80s_117_26

2007_05_21_nikon_f80s_117_29

2007_05_21_nikon_f80s_117_32

2007_05_21_nikon_f80s_117_37

谷根千に来たら根津神社は外せない。でも既にEESでも撮影している場所なので、何かいい方法はないかなぁと思い、超広角のニコンにカメラを持ち替えました。コダックのリバーサル、エクストラカラー100を詰めて撮影開始。撮っている時はノーマル現像するつもりでしたが、現像に出す時に思いつきでクロスプロセスでお願いしました。(堀内カラー仕上げ)

結果がこれ。クロス処理はいつも結果が読めないのですが、今回はネガ状スリーブが紫色のまるで白黒ネガのようになって帰ってきましたw ちょっとビックリしたw

スキャンしてみるとナントモ不思議で怪しいセピア調のカラー写真でした。バキッと濃い色味になるかと思ったら、渋い色になっちゃいました。ちょっとガッカリ。

でもしばらく見ていると、イイかもしれないと思えてきた。根津神社から日本医科大学を団子坂へ抜けたのですが、この周辺、推理小説の舞台になった場所でもあるし、夏目漱石縁の地でもあるし、褪せた色味が明治や大正の世界を今を近づけてくれるような気がしてきました。

クロスプロセスの色は現像した時の出たトコ勝負なのでまったく予想が出来ないけど、たまにやると楽しい。早く現像のやり方を勉強して自分で現像できるようにしたいですねぇ。その際には、普通の色でも残したいのでネガで撮るカメラとクロスプロセス用のカメラ2台体制で(爆)

谷根千 2 オリンパスペンEES

2007_05_21_penees_006_17a

2007_05_21_penees_006_19_1

2007_05_21_penees_006_18a_1

2007_05_21_penees_006_20a_1 2007_05_21_penees_006_19a

2007_05_21_penees_006_21a_1

2007_05_21_penees_006_24_1

2007_05_21_penees_006_24a_1

2007_05_21_penees_006_25a

2007_05_21_penees_006_25

2007_05_21_penees_006_26

2007_05_21_penees_006_26a

2007_05_21_penees_006_27

2007_05_21_penees_006_27a

2007_05_21_penees_006_28

ふと空を見上げると棕櫚の木のむこうに飛行船が飛んでいました。小さくてよく見えませんがw

ヒマラヤ杉で有名なみかどパン。民家の合間の三叉路にポツンと一軒だけあるお店。きっと昔は子供たちがわんさかおやつのパンやジュースを買いに来たんだろうなぁ。。。なんとなく子供の頃、学校の帰り道に寄り道したお店を思い出すような店構えです。今も営業してらっしゃるようでした。隣にはトタンや赤いポストが懐かしい御宅がありました。

少し戻ってもう少し足を伸ばして丁子屋さんの店先をパチリ。その先の商店街には、私好みの看板がたくさん。パチパチと撮っているうちにフィルムがなくなってしまいました。つづく

谷根千 1 オリンパスペンEES

2007_05_21_penees_006_05

2007_05_21_penees_006_05a

2007_05_21_penees_006_06

2007_05_21_penees_006_07a

2007_05_21_penees_006_08a2007_05_21_penees_006_09

2007_05_21_penees_006_06a

2007_05_21_penees_006_09a

2007_05_21_penees_006_12

2007_05_21_penees_006_13

2007_05_21_penees_006_13a_1

2007_05_21_penees_006_16a

                       

                      

                        

                       

                        

テレビの「ちい散歩」という番組でも紹介されていたので一度写真を撮りに行きたかった谷(中)根(津)千(駄木)。日暮里駅から散歩してみました。駅の屋根が尖がっててカワイイのでパチリ。それにしても駅前には高いモダーンなビルがいくつか建設中で、そちらもパチリ。

ゆうやけだんだんから続く商店街に期待して出かけたのですが、うーむ。。。本屋さんの看板やお煎餅屋さんの店先などイイ感じのところもありました。ただお店自体は昔ながらの営業ですが、牛乳屋さんの看板のようにレトロ感を出したオシャレな看板を新たに掲げている店がほとんどで少々テーマパーク化していました。古い看板好きな私としては残念なことに被写体になるものが無かったので商店街を通り抜け、先へと進みました。

のこぎり屋根で有名な製版屋さんや指人形のノボリ、なんだか昔懐かしい雰囲気の古銭屋さんなどちょっとイイ感じ。

燦燦と降り注ぐお日様の光を感じながら坂をのぼってみました。つづく

またまたやってしまった リコーオートハーフE

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_02

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_04

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_08

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_09

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_10_1

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_112007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_12

2007_06_20_ricoh_autohalf_e_001_13

                       

                     

一番最近の新入り君、オートハーフE(ホワイトフラワー柄)の試写結果です。フィルムは大幅期限切れのコダック・ゴールド100。色が渋いのは期限切れのせいだと思うので、その点は気にしないでください。

先日出かけた時にふと新宿の中古屋さんに立ち寄ったのが運の尽き(or良かったのか)。

今回は露出オート不良のジャンク品に手を出してしまいました。あーあ。わかってて買うんだからどうしようもない。もちろんお店の人もオバサン相手なので「壊れてるから写んないよ」と親切に忠告して下さいました。なのに延々とイジクリまわした末に「これ下さい!」。もうどうしようもありませんねぇ(爆) だって、今、オートハーフを集めてるんだなwww

確かにオート露出がヘンテコでマトモに動かないようですが、セレンは生きてるような気もしないでもない。。。とりあえず、この子はレンズが汚くなかったし、マニュアルで絞りが変化したので連れて帰りました。

空シャッターではエラーが出なかったけど、オートハーフはフィルムを入れてみないと巻き上げの調子などがわからないので、とりあえずフィルムを装填して何枚か試写。

マニュアル操作にするとシャッター速度が30分の1になるということなので、ISO100で夏の晴天ってことでF22に絞り込んで写してみました。結果がこれです。

焦点距離2.5メートル固定のレンズですが、絞り込んでいるので1.5メートルの至近距離でもボケずに床の桜や提灯が写ってます。遠景も甘いけれど文字が読める程度には写ってます。ファイルを圧縮してこの程度なので大伸ばししなければイケソウ。逆光で撮っていないので、どの程度レンズが痛んでいるかはわかりませんが、空をたくさん入れても白くボケたりしていないのでカビやクモリの心配はなさそうです。

修理に出すかこのまま使うかは悩みどころですが、とりあえず使えるジャンクをゲットしたのでヨシとしますかwww ああドロ沼(爆)

ハレルヤ(1929) DVD

Photo_24

Hallelujah  ハレルヤ (1929) 98分 字幕 B/W MONO

監督: King Vidor

出演: Daniel L. Haynes, Nina Mae McKinney

MGM

特典 音声解説

特典映像  劇場予告編

Eubie Blake in Pie, Pie, Blackbird、 Cast: Nina Mae McKinney, The Nicholas Brothers

The Black Network 、Cast: Nina Mae McKinney, The Nicholas Brothers

超久しぶりに映画DVDの紹介です。

先日行われたトニー賞に合わせて、ミュージカル映画の廉価版が数本発売されました。その中の一本がこの作品。

1929年の白黒映画でオール黒人キャストのトーキー当初の作品として非常に貴重な映画です。

作品の内容は、当時の人種差別的偏見が反映されている点もあり、これをドキュメンタリーとして鵜呑みにして見てはならない訳ですが、南部の黒人労働者の生活を垣間見られるという点ではドキュメンタリー的要素も強く、史料的要素のある作品でもあります。

このような歴史背景に関しては、今回のDVD特典の音声解説がきちんと説明を加えているので本編を観たあと、音声解説で見直してみると面白いと思います。

現代の感覚からするとミュージカルのカテゴリーに入るかどうか微妙ですが、トーキーが始まったばかりの公開当時、ミュージカルとして宣伝されたということなので、このカテゴリーに入れておきます。また特典映像がスゴイ!ニコラス・ブラザーズの幼少のダンスが見られます。

今までニコラス・ブラザーズのダンスシーンのみは抜粋で見ることが出来ましたが、今回は短編2本がノーカットで見られます。ミュージカルファンやタップファンには特典映像だけでも楽しいぐらい。スゴク可愛い二人が凄い足技で魅せてくれます。

画質は完全リストアではないので、傷が入っていたりするものの正規版だけに見やすい程度の良いものだと思います。

これで980円!量販店でポイントなど使うと800円程度で入手可能。映画史の中でも重要な作品だと思いますし、一度ご覧になって下さい。

笠上黒生駅から銚子駅まで ニコンF80s

2007_05_20_nikon_f80s_116_01

2007_05_20_nikon_f80s_116_02

2007_05_20_nikon_f80s_116_04

2007_05_20_nikon_f80s_116_05

2007_05_20_nikon_f80s_116_07

2007_05_20_nikon_f80s_116_08

2007_05_20_nikon_f80s_116_09

2007_05_20_nikon_f80s_116_10

2007_05_20_nikon_f80s_116_12

2007_05_20_nikon_f80s_116_13

2007_05_20_nikon_f80s_116_16

2007_05_20_nikon_f80s_116_252007_05_20_nikon_f80s_116_20

2007_05_20_nikon_f80s_116_21

2007_05_20_nikon_f80s_116_28

連続アップです。

超広角で撮ったので、何もかも歪んでますが、なんかステキなものがたくさんありました。

ウォッセ21は展望タワーもありキレイでした。それほど広くはないけれど、色々な魚が手頃な価格で並んでいます。カマスとキンキの一夜干しを家用にお買い上げ。一尾ずつパック包装されているので持ち帰りにも便利。カメラを入れてたリュックに一緒に入れても大丈夫でした。小ぶりとはいえ、都内では考えられないようなお値段。安ぅ!(カマス、メッチャ美味かったw)

そろそろ日も傾いてきたし、夕方の電車に乗り遅れると遅くなるのでウォッセからタクシーで銚子駅まで向かいました。(1000円ぐらい)バスもありますが本数が少ないので、電話でタクシーを呼ぶのが正解。もちろんもう一台あとの特急なら歩いて戻り、電車で移動しても間に合います。

銚子駅に早めに到着したので駅前商店街でドナルド君をパチリ。この人、何処にでもいるけどここのはキレイな顔立ちでした(笑)駅の構内で写真など撮っていると出発の時間、帰りは爆睡しているうちにあっという間に東京駅でございました。(完)

フィルムはアグフア・ビスタ100.

おまけ2007_05_20_penees_006_04_1

ペンEESで逆光で撮ったら 盛大なフレア!

偶然ですが、この線路の彼方へ吸い込まれていくような雰囲気が出て、気に入っちゃいましたw

笠上黒生駅からウォッセ21 オリンパスペンEES

2007_05_20_penees_005_19a

2007_05_20_penees_005_20

2007_05_20_penees_005_20a

2007_05_20_penees_005_21a

2007_05_20_penees_005_22

2007_05_20_penees_005_22a

2007_05_20_penees_005_24

2007_05_20_penees_005_25

2007_05_20_penees_006_0a

2007_05_20_penees_006_02

2007_05_20_penees_006_01_1

                     

帰りの電車まで時間があるのでウォッセ21という水産卸売りセンターまでお買い物に行きました。電車で笠上黒生駅まで戻り、小さな駅に降り立つと牛乳のベンチが出迎えてくれました。この駅は内陸よりなので海までは20分以上歩かねばなりません。ダンナには「あんたは、すぐ立ち止まって写真撮るから何時着くことやら。置いてくよ!」とクギをさされ、「さっさと歩きま~すw」と宣言した舌の根も乾かぬ間に撮り始めました(爆)

だって、水産物の加工工場や冷凍倉庫、醤油工場、瓦屋さんなどがあるみたいで、撮りたいものだらけなんだもん。置いてけぼりをくっても道はまっすぐだから逸れそうにないしwww しめしめ。ペンとニコンで激写が始まりました(^o^) 写真を撮ってたので長い道のりもあっという間。海まで到着してしまいました。ダンナに呆れられたのは言うまでもありません。気にせぇへん、気にせぇへん。 つづく

フィルムは前半がリアラエース。後半、海の写真からアグフア・ビスタ100.

「鉄」なもの まとめて ニコンF80s オリンパスペンEES ポラロイドSX-70

2007_05_20_nikon_f80s_114_23_1

犬吠駅は駅百選の一つです。

2007_05_20_nikon_f80s_114_25

この辺り、醤油の産地でもあります。

2007_05_20_nikon_f80s_115_01

右は漁協。

2007_05_20_nikon_f80s_115_07

白い船、カッコいい。

                                         連続アップです。

ニコンの超広角でも犬吠駅や港など撮ってみました。ペンEESよりもワイドな画面は一味違うかな?

ここからは、鉄子全開www 2007_05_20_nikon_f80s_115_12

2007_05_20_nikon_f80s_115_13

2007_05_20_nikon_f80s_115_14

2007_05_20_nikon_f80s_115_17

2007_05_20_nikon_f80s_115_19

2007_05_20_nikon_f80s_115_20

2007_05_20_nikon_f80s_115_21

2007_05_20_nikon_f80s_115_28

2007_05_20_nikon_f80s_115_27

朝ドラ「澪つくし」にも登場したという外川駅。手書きの料金表などレトロな風情があって素敵!

ニコンには港以降、アグフア・ビスタを入れていたので銚子電鉄の赤い車両が目の覚めるような赤に写ってくれました(^^)v

2007_05_20_penees_005_18_2

2007_05_20_penees_005_18a_1

この2枚はリアラエースのEES。ニコンとずいぶん色が違います。

2007_05_20_polaroid_sx70_002_05

やっぱりこのレトロな車両はSX-70でもと写したら、ギャァ~。

現像液が行き渡りません。ローラーがイカレタカ???

2007_05_20_polaroid_sx70_002_06

気を取り直して撮り直し。

今度はちゃんと写りました。

良かった。ホッw

もう一歩後ろから撮れば全部入ったかな。。。

レトロな車両がさらにレトロに写りました(爆)

港で昼食 オリンパスペンEES

2007_05_20_penees_005_00

2007_05_20_penees_005_0a

2007_05_20_penees_005_01a

2007_05_20_penees_005_01

2007_05_20_penees_005_02

2007_05_20_penees_005_04a

2007_05_20_penees_005_06a

2007_05_20_penees_005_08_1

2007_05_20_penees_005_09

2007_05_20_penees_005_10a

2007_05_20_penees_005_11

2007_05_20_penees_005_13a

2007_05_20_penees_005_16

2007_05_20_penees_005_16a

                 

                     

                  

                        

                       

                      

                     

犬吠埼でも食事は出来ますが、漁港に来たからには「美味い魚が食いたい!」

でも、どこが美味いか何にも調べてこなかった。。。

駅で観光案内なども貰って見ましたが味まではわからない。こういう時はオバちゃんパワー全開ですw 駅前にボランティアで観光案内してるオジサンとオバちゃんが居たので直撃取材。「魚の美味しいのは?地元の人なら何処に行く?」とwww 「一日乗車券持ってるの?じゃあ、電車で外川まで行って港で食べるとイイよ。本当は教えたくないんだけどねぇ。。。****は安くて美味しいよ~!」と教えてくれちゃいました!アリガトウ!!!

ボランティアガイドの方の言葉を信じて、電車を待ってイソイソと出かけました。終点の外川駅は小さな駅で観光客もほとんど居ない。潮風にやられた缶やバイクなんかがあったりして、風情あり。民家の合間を海に向かって5分ちょっと歩くと海に突き当たりました。教えてもらったお店は釣船宿と地魚料理の店。着いた時には既に満席だったので外で写真を撮りながら待っていると席が空きました。

大失敗したのは写真撮り忘れたこと。食べることで頭の中が一杯で、料理の写真を撮らずです。。。いつも忘れる(爆)私たちは魚の定食をいただきましたが、カマスが2尾乗ってたりボリューム満点で大満足。隣の席の青年たちは800円の天丼系を頼んでましたが、これもスゴイ!30センチぐらいのアナゴだったりかき揚だったりが丼からはみ出して乗ってました。銀座なら3500円って感じでした。港で昼食が絶対お薦めですよ!

この時、フィルムはちょっと気合を入れて、発色がイイと評判のリアラエースを入れました。だがしかし、現像してスキャンしてみると色が変。。。リアルどころかカブリが出てる感じです。日差しが強かったからこのカメラはフィルターを着けていないので、紫外線が被ったとガッカリ。かなりヘコミました。アップした画像はかなり細かく補正をかけています。ドライバの自動補正ではマトモな色が出ず、ダンナの顔色も病人みたいでした。

でも次に入れたアグフアではこういう色にならない。どうも紫外線カブリではなさそうなんです。もちろん紫外線の影響もゼロではないと思いますが、このフィルム、無茶苦茶スキャンしにくいみたい。アナログ機でお店プリントすればキレイな色が出るかもしれませんが、家のスキャナーには向かないようです。ピンクの花などはどす黒い紫になってしまったり。。。このカメラとの相性も良くないのかもしれません。このカメラでは使わないでおこうと思います。メモメモ。つづく

犬吠埼 超広角 ニコンF80s

2007_05_20_nikon_f80s_114_02

2007_05_20_nikon_f80s_114_07

2007_05_20_nikon_f80s_114_08

2007_05_20_nikon_f80s_114_03

2007_05_20_nikon_f80s_114_11

2007_05_20_nikon_f80s_114_13

2007_05_20_nikon_f80s_114_15

2007_05_20_nikon_f80s_114_16

2007_05_20_nikon_f80s_114_19

2007_05_20_nikon_f80s_114_202007_05_20_nikon_f80s_114_22

                                    

                                  

                                  

                                  

                                  

                              

                              

                                

                               

                              

広い海には超広角とバシバシ写しちゃいましたw

12-24ミリのズームレンズですが、12ミリ側だとカメラのちょっとした角度で水平線が歪むようです(爆)

危惧されていた逆樽型の歪みが散見されますwww ご愛嬌ってことでw

それから、レンズが魚眼みたいに丸いから、すぐに太陽の光を拾っちゃいます。

光が入っちゃってるところにピンク色のゴースト?が出てます。それもご愛嬌でwww

マリンパークの入り口に恐竜が出没したのでグッと寄ってみました。意外とカワイイ顔してる。

日差しが強いだけに少し雲が太陽の前を横切ると一瞬にして暗くなります。太陽の偉大さを感じるなあ。カメラ屋さんの広告が気になったけど、どこにあるのかわかりまへんw

テクテク歩きながら、駅に戻りお昼ご飯にいたしましょうか。 つづく。

フィルムはフジ、スーパー100。

犬吠崎 オリンパスペンF ポラロイドSX-70

2007_05_20_polaroid_sx70_002_01

2007_05_20_polaroid_sx70_002_03

2007_05_20_polaroid_sx70_002_04

2007_05_19_penf_030_31a

2007_05_19_penf_030_32a_1

2007_05_19_penf_030_33a

2007_05_19_penf_030_34a_1

2007_05_19_penf_030_37

2007_05_19_penf_030_37a

                                                       

                            

                            

                               

                             

                               犬吠埼がとにかく気持ちよかったので、写真を撮りまくってしまいましたw

こんなに晴れた日にこのポラロイドを使ったことがなかったので、すこし絞ってみたりしましたが、色が濃くなりすぎた。標準で撮ったのがこれですが、しっかり絞られてるみたい。すこし開けて撮影しても良いようです。露出計、しっかり生きてるんだと再確認。良い買い物だったのねえwww

ペンFも改めてその実力?に驚きです。コダック400UCが入っていたので、この快晴は無理かなと思い、絞りきり最速で写したら、難なく写せてしまいました。(フィルム推奨値通りF16&500分の1)半絞りぐらい開けてもイイぐらい。このカメラ、意外とシャッター速度が出てる事に驚いた。実は、今まで絶対失敗すると思って日中にはISO400を入れたことがなかったのです。これならあまり気にすることなくフィルムを選ぶことが出来る!

カメラって使ってみないとわからないもんです。いや、こんなに使ってても新しい発見があって面白いですwww つづく

フジペット君、海を眺める フジペット

2007_05_20_fujipet_018_03_1

2007_05_20_fujipet_018_04

2007_05_20_fujipet_018_07

2007_05_20_fujipet_018_09

2007_05_20_fujipet_018_10

2007_05_20_fujipet_018_12

                      

                                                        

連続アップです。

フジペットにフジ160NS(期限切れ)を入れて撮ってみたのですが、少々絞りすぎたかな?ちょっと奇妙な色になってしまいました。スキャン、しにくい。。。

一つ一つ丁寧に補正をかければ色は回復すると思いますが、自動補正のままアップしてしまいましょうw(手抜きかな、すんません。。。)

水平線が右下がりになっちゃってます。レンズも歪みもかなりはっきりわかっちゃいますが、気にしない、気にしない。

たぶんフジペット君、こんな海は見たことなかっただろうと思います。50歳にして初めて大海原を見た気分はどんなだろうか(^^)

きっと喜んでくれただろうと思います。フフフ。

銚子の旅はまだまだつづく

銚子への旅 ニコンF80s

2007_05_20_nikon_f80s_113_02

2007_05_20_nikon_f80s_113_05

2007_05_20_nikon_f80s_113_08

2007_05_20_nikon_f80s_113_19

2007_05_20_nikon_f80s_113_20

2007_05_20_nikon_f80s_113_21

2007_05_20_nikon_f80s_113_22

2007_05_20_nikon_f80s_113_25

2007_05_20_nikon_f80s_113_26

2007_05_20_nikon_f80s_113_28

2007_05_20_nikon_f80s_113_32

2007_05_20_nikon_f80s_113_30

2007_05_20_nikon_f80s_113_35

2007_05_20_nikon_f80s_113_36

2007_05_20_nikon_f80s_113_37

                 

だいぶ前に既に一部公開済みの銚子への旅行w 遅ればせながら公開したいと思います。今週は少し梅雨らしい天気になるみたいですが、これから夏の時期、暑いとは思うけど出かけると楽しそうなので、その参考にでもなれば。。。これからまた青春18きっぷの時期だし、鈍行で行くのもよし。この日は速い電車に乗って出かけたので快適でした。

中央線で東京駅まで行き、朝早くからオープンする駅ナカのパン屋さんで焼きたてパンとコーヒーを飲んで特急の発車時間までマッタリ。それから総武線の地下ホームへと降りて行き黄色い特急に乗り込みました。(「しおさい」という名前です。写真を撮り損ねた。。。)東京駅の地下に総武線のホームがあり、またそれが横須賀線とつながってるなんて!全然知りませんでした。これに乗ったらしばらく地下鉄状態でヒューっと地上に出たと思ったら錦糸町で、いつもの黄色い総武線の横を走ってましたw うーむ、なんだかスパイが秘密の地下通路を通って近道したみたいな気分www

特急と言うだけあってほとんど停車しないので、早朝寝ぼけたまま出かけて銚子に着くまで爆睡したらあっという間に銚子に着いてしまうと思われます。東京=銚子間30秒ぐらいかもw 今回はもの珍しかったので車窓の景色を楽しんでいるうちに到着。

JRの銚子駅の端っこに銚子電鉄の小さな駅があるのでそこから銚電に乗り換えて犬吠へ。「弧廻手形」という1日乗車券が620円なのでそれを購入して乗車すると犬吠駅でぬれ煎餅が一枚もらえます。おとくお得w 駅の写真や電車も撮ったし(前回のアップ参照のこと)お煎餅の味見もしたので岬に向かって歩きだすと、いきなりお葬式。うわ、デッカイ花輪!しかも絢爛豪華!!!関西人にはどうしても違和感が。。。関西のは見た目地味なので。。。

道端の花も南国の色だなぁ、人が居ないなあ。。。なんて思いながら歩いていると、いきなり目の前に海が広がりました。大興奮!!!きゃあきゃあ叫んでました(爆)

派手な色の水族館もあるし、潮風にやられたペンキの文字がこれまたステキでパチパチ撮りまくりw なんといっても海の色がトルコブルーにエメラルドグリーンで美しい!

青い空と海に白い灯台が映えること映えること。岬の斜面にはチョコチョコと花や植物が植わってます。海に気を取られると見逃しそうになりますが、野草なんだけど無くなってしまわないように大事にされているようです。この花はなんだろう。ハマ大根かな?

干潟みたいなのはあるし、浜辺の岩はマーブル模様でキレイだし。ステキw この岩は三畳紀、ジュラ紀、白亜紀なんて恐竜が出てきそうな時代からその後の時代までの堆積物がライブで見られる場所。国の天然記念物らしい。こんな珍しいものが太陽を燦燦と浴びながらキレイな海の前で見られただけでも行った甲斐があります。

ここまでフィルムはベルビア(ISO50の)をISO40設定で使用。レンズはシグマの超広角12-24です。周辺光量が落ちてるのは花形フードの影かも。

つづく

一度やってみたかった リコーR1

2007_05_17_ricoh_r1_034_35_1

2007_05_17_ricoh_r1_034_33

2007_05_17_ricoh_r1_034_28

2007_05_17_ricoh_r1_034_24

2007_05_17_ricoh_r1_034_22

2007_05_17_ricoh_r1_034_20

2007_05_17_ricoh_r1_034_19

2007_05_17_ricoh_r1_034_09

2007_05_17_ricoh_r1_034_08

2007_05_17_ricoh_r1_034_07

2007_05_17_ricoh_r1_034_03

今日も連続アップです。

ネットサーフしていて前々からやってみたかったのが、R1の24ミリ改造。パノラマ側でフルサイズ写真を撮るっていうあれです。パノラマ用のマスクをペンチで引っこ抜くとか色んな方法があるみたいですが、せっかくのお気に入りカメラを壊すのは忍びないので挑戦していませんでしたが、すぐに元に戻せる方法があったのでそれに挑戦。

ものすごく単純なことでパノラマ用マスク羽根が下りてこないようにつっかえ棒するというもの。私はティッシュ箱のダンボールを小さく切って詰めてみました。どんな風に撮れるのかわからないし、期限切れのISO100を入れてみました。それがこの写真。

凄まじいケラレ(爆)パノラマにすると絞りがF8固定になるようで、こんな夕方にISO100フィルムを詰めて出かけた私が悪うござんした。まあでも何が起こるか良くわかっていいかもしれないのでヨシとします。

しかもそんな暗いカメラをドーム球場に持って行くという無謀さwww 撮る気あるんかいなwww もうずいぶん前になっちゃいましたが、この日は田中幸雄選手の2000本安打が出る予定だったので何としても観戦せねばならなかったのでした。で、こんな暴挙に(爆)

絞りがF8ですからフラッシュ焚いてる時は良いんですが、球場の明るさだと超スローシャッター。ブレブレ写真を大量生産しましたwww 24ミリなので球場のほぼ全体が入り切るところがスゴイ!しかし人がちっこすぎぃ(爆)

中央線で乗り合わせた少年野球チームの子供たちがグラウンドに大量にいるんですが、アリンコみたいにチッコイw 5回終了時のYMCAを踊るBBとお姉さんたちも小さすぎて辛うじてフォーメーションがわかるかなってぐらいになっちゃいました。客席の男の子のメガホンのブレ具合から如何にスローシャッターかお分かりいただけるかと思いますです。(このカメラ、スローは2秒まで切れます。)

予定通り2000本安打は達成され歴史的瞬間に立ち会えたので、試合は負けたけどヨシ!ドーム周辺の夜景など撮ってフィルムを使い切り帰宅しました。夜景はほとんど手ブレブレ。普段の調子で片手で撮ってはいけませんね。反省反省。(^^;)

中華街 夕方 オリンパスペンF

2007_05_16_penf_030_0a

2007_05_16_penf_030_01a

2007_05_16_penf_030_02a

2007_05_16_penf_030_03

2007_05_16_penf_030_03a

2007_05_16_penf_030_04a_1

2007_05_16_penf_030_06a

2007_05_16_penf_030_07

2007_05_16_penf_030_08

2007_05_16_penf_030_10a

2007_05_16_penf_030_11a

2007_05_16_penf_030_12

2007_05_16_penf_030_12a

2007_05_16_penf_030_14

2007_05_16_penf_030_15

2007_05_16_penf_030_15a_1                                    

                                

                    

                               

                            

                           

                           

横浜まで来たら中華街は外せないだろうってことで、馬車道駅から地下鉄に乗り、終点中華街へ。

この日はそんなに乗り降りしませんでしたが、みなとみらい線一日乗車券なので3回乗ればお得って感じ。便利です。

みなとみらいの遊園地周辺ですでに夕方になってしまったので、中華街に着いた時にはモノスゴク中途半端な時間帯になってしまいました。明るくもなく暗くもなく。路地が多いので明るかったり暗かったり。

ISO100じゃ暗すぎるだろうとコダック400UCを入れてみました。こんな時間からハーフカメラに36枚撮りを入れたら大変なんだが、まあしゃあない。

ペンF片手に中華街を歩くのは初めてだったので、かなり楽しかったです。本当は店先で売っている肉まんとか、もっともっと色々撮りたかったんだけど、ちょっと勇気がなく看板やオブジェ系中心に撮ってみました。

考えたら横浜中華街って友人と食事会で来たり横浜スタジアムの帰りにご飯を食べたりと食べる目的でしか立ち寄ったことがなかったので初めて目にするものがたくさんありました。否、見えていたのに見てなかったんでしょう。人間飢えてると視野が狭い(苦笑)

カワイイものがたくさんあったので、パチパチしてたら6時過ぎ。すぐそこにハマスタが!ああ、野球見たい!とは思いましたが、虎ではないのでグッと堪えて裏道の小さなお店で坦坦麺を頂きました。安くて美味しかったwww

食後は携帯電話で虎の戦況をチェックしながら、みなとみらい線に乗って帰りましたw

横浜、曇っちゃった。。。 オリンパスペンEES

2007_05_16_penees_004_12a_1

2007_05_16_penees_004_13_1

2007_05_16_penees_004_14

2007_05_16_penees_004_14a

2007_05_16_penees_004_17

2007_05_16_penees_004_18a

2007_05_16_penees_004_20a

2007_05_16_penees_004_21

2007_05_16_penees_004_24a

2007_05_16_penees_004_25

2007_05_16_penees_004_30

2007_05_16_penees_004_30a

2007_05_16_penees_004_34

2007_05_16_penees_004_34a

2007_05_16_penees_004_35

                         

                        

                        

                        

                        

                       

家を出た時は晴れてたのでイイゾ~!と思ったんですが、電車に乗ってるうちに曇り空に。なんだかドンヨリした写真になってしまったのが残念。なのでここはもう一度リベンジに行くことになりますが、それは後ほど。

いやあ、横浜は行っても球場の往復ぐらいなもんなので「みなとみらい」の方がこんな感じだったとは知りませんでした。

そんなに広い地域ではないのだけど、今も色々と開発中らしく歩くごとに違った風景が目の前に現れます。こりゃあ、被写体に事欠かないわ。

みなとみらい線各駅構内は映画みたいにキレイだし、私ゃすっかりおのぼりさんw

外に出てみりゃあ新しいビルがニョキニョキしてるし、道は広いし。美術館がドーン、池がびろーん(池には鴨が泳いでましたw)クイーンズなんとかっていうショッピングビルがドカーン!昔の船のドックが広場になっていたり、遊園地があったり、なんか色んなものが並んでます。しかし、平日の夕方だからか人は少ない。。。良いんだろうかこれで。

観覧車を通り過ぎて馬車道駅側へ向かうと、あらら、急に昭和なイメージに。屋形船に団地です。輸入関係の倉庫みたいなのも並んでるし、しかも昔の雰囲気のまま。このギャップが激しすぎ。

一目見ただけでは、この土地をどういう風にしたいのか、今ひとつコンセプトが見えてこない都市づくりな気がしますが、写真を撮るには面白そうな場所です。この日はロケハンってことで夏の間に何度か出かけてみることにしましょうwww

紫陽花 ポラロイドSX-70

2007_06_16_polaroid_sx70_002_07_2

2007_06_16_polaroid_sx70_002_08

2007_06_16_polaroid_sx70_002_09

2007_06_16_polaroid_sx70_002_10

連続アップです。

紫陽花ってSX-70フィルムに似合いそうな気がしたのでご近所で撮ってみました。

風が強くてシャッターを押す時に揺れまくってしまったのでボケたりしてますが、まあまあ雰囲気出せたかな?

しかし、入梅したものの東京は暑い!あれから一度もまともに雨が降らないし今日は蒸す。う~~~。冷房が体質的に合わず嫌いなのでこういうのは困るなあ。う~~~。

紫陽花も早い内に撮らないと干からびかけてます。(ガクの端っこが傷んできてるみたい。なんだか可哀そうで。。。)

そうそう、私のSX-70カメラの誕生日がわかりました。1974年3月18日、Aシフトで製造されたんだそうです。

http://www.rwhirled.com/landlist/sx70sn.htm

ってところでシリアルナンバーを入れると誕生日を計算してくれるのを見つけました。面白い。

久しぶりの登場 オリンパスペンEES

2007_05_15_penees_004_00

2007_05_15_penees_004_00a_1

2007_05_15_penees_004_0

2007_05_15_penees_004_01a

2007_05_15_penees_004_041

2007_05_15_penees_004_06

2007_05_15_penees_004_06a

2007_05_15_penees_004_07

2007_05_15_penees_004_08

2007_05_15_penees_004_09

2007_05_15_penees_004_09a

2007_05_15_penees_004_10

                                     

                      

                           

                      

前回登場してからあっという間に一年近く経ってしまいました。

こりゃあイカンとここのところ連れて歩いてますw

去年撮った時、コダック100UCがイイ感じの色を出してくれたので、今回も100UCを入れてお散歩しました。思ったとおり、このカメラとの相性は良いみたいwww お天気が良い日にはパッキリクッキリかつ柔らかいポップな色が出てくれました。

ここの信号や矢印は何度も何度も登場しているのだけど、何回撮っても飽きないのねぇ。何ででしょうかねぇ?まあ、それぞれのカメラがどんな風に撮れるのかの指針にもなるからちょうど良いってのもありますけど、ペンキっぽい色合いと空の色が好きなんでしょうね。(*^^*)

このカメラと似た機種を子供の頃に使った記憶がある気がするんです。グレーの皮で目測のカメラ。でも実家からは出てこなくて(出てきたのはペンFだったw)、なんとなく懐かしいのでヤフオクで落札。届いた時は如何にも長期間使われてなかった様子でした。その後、ペン修理の匠にOHしていただいたら、新品のようにピカピカになって戻ってきました。

あまりにピカピカでもったいなくてなかなか使えなかったりして(爆)それじゃあ本末転倒勿体無いので現在バリバリ稼働中ですwww

まだそれほどいろんな種類のフィルムを通していないので、各種メーカーのフィルムを通して一番合うフィルムを見つけなくちゃいけないんですが、今のところコダックUCが良さそうです。今後、いくつか違うメーカーのフィルムで登場する予定ですのでお楽しみに!

こういうのが一番困る! ベロモ・ヴィリア

2007_05_05_belomo_vilia_002_04a

2007_05_05_belomo_vilia_002_06a

2007_05_05_belomo_vilia_002_07a

2007_05_05_belomo_vilia_002_08a

2007_05_05_belomo_vilia_002_11a

2007_05_06_belomo_vilia_002_15a

2007_05_08_belomo_vilia_002_22a

2007_05_08_belomo_vilia_002_23a

2007_05_08_belomo_vilia_002_25a

2007_05_25_belomo_vilia_002_26a

2007_05_25_belomo_vilia_002_27a

前回登場してからずっと使っていなかったことを思い出し、感度400のフィルムを入れてみたもののなかなかフィルムを撮り切らないうちに日差しが強くなりすぎて、終わらずにいたヴィリア。先日、フィニッシュしようと持ち出したらなんてことはない、すでに撮り終えていたらしく一回シャッターを切ったらもう巻けませんでした(爆)このカメラはジャンクなのでフィルムのカウンターがちゃんと動かない。だから何枚撮ったかわからんのですw

現像してみたら、なんと5月5日の写真が入ってるし。。。如何に長い間放置プレイだったかが良くわかります。

なぜ、こんなにも放置してしまうのか?理由は、このカメラって撮っている時にそれほど楽しい気分を起こさせてくれないんですねぇ。。。ベークライトというかプラスチックのボディは見た目カワイイのですが、これにビニールのケースを着けると意外に重く大きくて持ちにくい。それから目測のピントリングがガタガタユルユルな感じで気分的に「写真撮ってます」感を盛り上げてくれないところがあります。全マニュアルなので露出計を一緒に持って行かなきゃと思うのもあるし。

だけど、現像してみると「私の写真じゃないみたい」なトイカメラちっくでイマドキな画像が出来ちゃうんですねぇ、これが。。。こういうテイストは嫌いじゃない。だったら使えば良いんですが、カメラ自体の使い勝手は好きになれない。。。

同じジャンクのフルマニュアルでもフジペットは私には使い勝手が良くて色んなところに連れて歩いているのに、この差は何なんでしょうか?う~む。また出番が減ってしまいそうで可哀想です。どうしたものやら。。。

ちなみに今回のフィルムはAGFA Vista400。これ自体は普通ですが、入手方法が普通ではなかったw 実はShop99で買ったレンズ付フィルムを解体して取り出しました。ネットで情報を得て京都やその他各地でShop99を覗いていたのですが、このカメラを置いてるところがなかった。諦めていたら近所の店舗にありましたw(灯台下暗し)カメラからフィルムだけ取り出して使ってみましたが、何の問題もなかったですw ただ、解体すると本体部分がゴミになってしまうので、この方法は今回きりにしようかなと思います。。。エコじゃないからヨロシクナイですもんねw

久々に商店街 高円寺 ニコンF80s

2007_05_14_nikon_f80s_112_02

2007_05_14_nikon_f80s_112_03

2007_05_14_nikon_f80s_112_07

2007_05_14_nikon_f80s_112_12

2007_05_14_nikon_f80s_112_13

2007_05_14_nikon_f80s_112_15

2007_05_14_nikon_f80s_112_18

2007_05_14_nikon_f80s_112_19

2007_05_14_nikon_f80s_112_20

2007_05_14_nikon_f80s_112_21

2007_05_14_nikon_f80s_112_25

2007_05_14_nikon_f80s_112_28  2007_05_14_nikon_f80s_112_17

超広角を持って高円寺を歩いてみました。薄曇の夕方に暗いレンズなので、色が暗いですが、いくつか面白いものが撮れたかな?

高円寺はいつもJRの南側に降りてしまうので北側の商店街を歩いたのは初めてでした。南側はJRから東京メトロの駅方面にかけてカフェや古着屋さん雑貨屋さんなど、若者向けのお店がポツポツと増えているんですが、北側は一味違いました。

もちろんこちらにもオシャレな洋服屋さんや雑貨屋さんなどがありますが、もっと日常的な店が多いみたいです。魚屋さんや薬屋さん、自転車屋さんなんかがありました。

商店街の突き当りにはレトロな感じの病院とかもあったりして、ステキ!脇道を入るとひょっこりと公園が現れたり。路地の先に井戸があったり。

それに商店街の上の高圧電線が横切ってました。すんごいことになってますw

もっと天気の良い日に撮ればよかったかな?レトロな商店街というよりも現在新しくなりつつある商店街という所でしょうか?今度はお昼ご飯を食べに行き方々撮ってみようかなw

緊急?報告 ニコンF80s

2007_06_12_nikon_f80s_119_01

2007_06_12_nikon_f80s_119_03

2007_06_12_nikon_f80s_119_04

2007_06_12_nikon_f80s_119_09

2007_06_12_nikon_f80s_119_13

2007_06_12_nikon_f80s_119_11_1

2007_06_12_nikon_f80s_119_14

2007_06_12_nikon_f80s_119_18

2007_06_12_nikon_f80s_119_21

2007_06_12_nikon_f80s_119_22

(*^^*) 大層なタイトルの割りに出遅れててちっとも緊急ではないんですが。。。

先日話題にものぼりましたDNPから発売になった「センチュリア200」を使ってみました。このご時勢に新しいフィルムが登場すること自体、ある意味トンでもないことですが喜ばしいことでもありますw

発売前から噂になっていましたし、既に色々な方のブログでも報告されていますが、このフィルムコダックのゴールドシリーズと見て間違いないと思います。

根拠は次に挙げる点 *フィルムケースが同じ *パトローネの遮光材の貼り方が同じ *フィルムベースの色が同じ *フィルムに入っている文字やバーコード?の書式が同じちょうど最近のコダック・スーパーゴールド400を使ってたのであまりにも似ていて笑えましたw

中身はコダックと同じだと思いますが、いくつか利点もありました。ISO200なのでダイソーフィルムと同じ感度ですが、撮影後のスリーブの感じはかなり違います。ダイソーほどペナペナしていないし、現在のところカールしたり物凄くゴミが付いたりすることがありません。色もしっかり出ます。ダイソーは中国製でしたがセンチュリアはアメリカ製です。中国製のものはロットによってちゃんとした色が出ないものがあったように思います。

町で5本パックなどで売られているスーパーゴールド400もアメリカ製です。今、夏場だからもあるかもしれませんが、こちらも以前のHD400に比べるとゴミが付きにくいです。でも現像済みフィルムは期限がたっぷりあってもカールしやすいようです。それに比べると発売直後のセンチュリア200は全くカールせずに仕上がってきました。同じコダックでもプロラインの400UCなどはカールしたことがないので、コダックのフィルムは保管に気をつけないといけないのかも。。。

発売されたばかりでおそらくまだフレッシュだからかトラブルが少ないのかもしれませんが、今では珍しい感度200であること、24枚撮り150円という価格を考えると使えるなぁと思います。ハーフカメラなら50枚相当でちょうど良い分量。まだ売っているお店が限られているようですがケチケチ写真にはもってこいですwww

パカパカパカ ニコンF80s  

2007_05_13_nikon_f80s_110_31

2007_05_13_nikon_f80s_110_32

2007_05_13_nikon_f80s_110_33

2007_05_13_nikon_f80s_110_34

2007_05_13_nikon_f80s_111_02

2007_05_13_nikon_f80s_111_09

2007_05_13_nikon_f80s_111_13

2007_05_13_nikon_f80s_111_14

2007_05_13_nikon_f80s_111_16

2007_05_13_nikon_f80s_111_18

2007_05_13_nikon_f80s_111_24

競馬が好きというわけではないんですが、天気のいい日に競馬場に行くのは好きです。今の家から近いからでしょうね、遠かったらわざわざ行かないと思いますがw

この日も晴れ時々曇りのお天気、GIレースがあったので出かけてみました。工事中だった観戦スタンドが完成して、すごくキレイになりました。超広角レンズでスタンドをパチパチして、馬場内へ。馬場内の芝生でゴロゴロするのが一番気持ち良いんですw(何しに行ってんのやらw)

それにしても、この広角レンズだと何でも画面に入っちゃいますねぇ。デカイはずのスタンドが小さく写ってますw でも普通ではなかなか一枚に収まらないJRAの看板もうつせちゃいました。

広角だけだと馬が居るのか居ないのか、さっぱり見えないほど小さかったので、ダンナの望遠ズームを借りました。馬が見えます、見えます。300ミリ(だったと思う)あるとこれぐらい大きくなるのね。

望遠レンズ、それぞれのカメラ用に一応何本か所有してますが、ほとんど使わないので、距離感がつかめてません。何ミリを使うとどれぐらい大きくなるのか、よくわからん。。。

街中で望遠レンズは使えないですから必然的にほとんど宝の持ち腐れなんですが。。。一度ぐらいはバズーカみたいな超望遠レンズでゴールに入ってくるお馬さんの鼻の穴を狙ってみたいもんです(*^^*)

薔薇 番外編 オリンパスペンF

2007_05_11_penf_029_33a

2007_05_11_penf_029_35

2007_05_11_penf_029_35a

2007_05_11_penf_029_37

2007_05_11_penf_029_31a

2007_05_11_penf_029_33

2007_05_11_penf_029_32

連続アップです。

わざわざ御苑とかに薔薇を撮りに行ったわけですが、後日、意外なところにキレイなバラがたくさんあることを発見!

レトロな味の「こだわりアイス」を食べたり昼寝したり。

次回はここの写真です。パカパカ

バラ バラ その他 オリンパスペンF

2007_05_11_penf_029_20

2007_05_11_penf_029_20a

2007_05_11_penf_029_22a

2007_05_11_penf_029_24

2007_05_11_penf_029_24a

2007_05_11_penf_029_25

2007_05_11_penf_029_26a

2007_05_11_penf_029_27

2007_05_11_penf_029_27a

2007_05_11_penf_029_29飽きるほどバラを撮ってるので何枚も登場してしまいます。すいません。

でもこの日、気に入ったのはバラよりも下から2番目の落ち葉と最後の高架の写真でした。

バラを撮りに行って薔薇は満足に撮れないって。。。修行が足りなさ過ぎかなぁ。。。

薔薇 薔薇 薔薇  オリンパスペンF

2007_05_11_penf_029_00a

2007_05_11_penf_029_01

2007_05_11_penf_029_01a

2007_05_11_penf_029_03

2007_05_11_penf_029_05a

2007_05_11_penf_029_08a

2007_05_11_penf_029_09_1

2007_05_11_penf_029_10

2007_05_11_penf_029_11

2007_05_11_penf_029_14a

2007_05_11_penf_029_15a

2007_05_11_penf_029_17

2007_05_11_penf_029_18

2007_05_11_penf_029_19a

                           

                      

ペンFを手にすると必然的に花を撮ってしまいます。

実はこの日もペンFでバラを撮ろうと思ってアグフア・ウルトラを詰めて新宿御苑に出かけました。

ペンF用のレンズは50-90ミリのズームと100ミリの望遠を持っているのですが、結局いつも38ミリの標準レンズを着けて出かけてしまいます。

このレンズだと30センチまで寄れるのと小型軽量なので使い勝手がイイんですw 鞄の中で邪魔にならないサイズでおさまるからどうしても標準で出かけてしまいます。

このレンズ38ミリなので、フルサイズレンズに換算すると53.2ミリぐらい。標準でも長めに相当します。遠景を撮ると思ったより画角が狭いと感じます。最近超広角を多用しているせいもあり、その差は歴然!!! 超広角で景色を撮ったあと、ペンFにカメラを持ちかえると思わず「うわっ!」と声が出てしまいます(苦笑)エライ狭い。入んねぇ~~~って感じ(爆) なので、花とか看板とか比較的目の前のものを撮ることになります。

ピント合わせも3メートルより先は刻んでないのでやっぱり景色を撮るようではないんでしょう。縦位置の画面も花にピッタリ。

しかし、今回は失敗談も。それはカメラの構え方! ここのところニコンF80sで撮ることが多いので、基本が縦位置で撮れるペンFなのにもかかわらず、カメラを立ててしまいました。ファインダーを覗いて「あっ」(爆) 

身体はアホなんです。条件反射的に縦で撮りたい、ハイ、カメラ立てると瞬時に動いちゃうんですねぇ。。。如何に頭を使ってないかがわかります。アホなんは私の頭かwww

そろそろ終わりかな? ニコンF80s

2007_05_11_nikon_f80s_109_13

2007_05_11_nikon_f80s_109_14

2007_05_11_nikon_f80s_109_15

2007_05_11_nikon_f80s_109_18

2007_05_11_nikon_f80s_109_19

2007_05_11_nikon_f80s_109_20

2007_05_11_nikon_f80s_109_22

2007_05_11_nikon_f80s_109_24

2007_05_11_nikon_f80s_109_25

2007_05_11_nikon_f80s_109_27

2007_05_11_nikon_f80s_109_30

2007_05_11_nikon_f80s_109_32

そろそろ春バラの時期も終わりに近づいてきました。でもまだ見れるところもあるみたい。今週はバラで行きます。

新宿御苑にバラを撮りに行ったのですが、ここは春秋ともにバラが見られてきれいですね。200円ってのも手頃だしw なので皆さん、デジカメで撮ってます撮ってます。最近のコンパクトデジカメは最短距離が1センチぐらいですから、花にビターッとカメラをくっつけて皆さん撮ってますwww

私はマクロレンズを持ってませんから、相変わらずの花写真です。ちょっと天気が良すぎて? ま、いいや。それにしてもいろんな色のバラがあるもんです。写真ではなかなか微妙な中間色が出せませんが。。。

2007_05_11_nikon_f80s_109_07

番外。

ホオノキ。

朴葉焼きなど食べ物に使われることの多い葉っぱが有名ですが、花がこれ!肉厚でアマゾンにでも咲いていそうな大きな花www

バナナに似た甘い香りが強いので広範囲まで匂いが届きます。

甘い匂いと書けばステキに聞こえますが、私、この匂いが苦手。。。第一印象が悪かった。。。以前、御苑に出かけた時、園内が甘ったるい。「なんじゃ、このトイレの芳香剤みたいなニオイ???」と思ってニオイをたどって行ったら咲いていたのがコレ!だから私には「匂う」というより「臭う」イメージが刷り込まれてしまいましたw このニオイがあまりに強いと私、長居が出来ません(苦笑)今年は風向きのおかげか写真を撮る方向へは臭って来なかったので助かりました。

飛騨高山で朴葉焼きなどは体験済みだったけど花は何処にでもあるものではないので、知らなかったのでした。まだこのニオイを嗅いだことのない方は来年お試しください。好き嫌いの分かれる香りだと思います。(花の寿命が短いので体験したい方はHPでチェックして出かけるとイイかも!)

今年も野球、行ってますw ニコンF80s

2007_05_11_nikon_f80s_110_07

2007_05_11_nikon_f80s_110_02

2007_05_11_nikon_f80s_110_03

2007_05_11_nikon_f80s_110_04

2007_05_11_nikon_f80s_110_05

2007_05_11_nikon_f80s_110_08

2007_05_11_nikon_f80s_110_09

2007_05_11_nikon_f80s_110_13

2007_05_11_nikon_f80s_110_11

2007_05_11_nikon_f80s_110_18

2007_05_11_nikon_f80s_110_25

2007_05_11_nikon_f80s_110_27

記念すべき400個目の記事は野球。現在交流戦真っ只中、虎はアキマヘン(^^;)がBBの日本ハムはトップを突っ走っております(^^)v 

斉藤ハンカチ王子の人気沸騰で大騒ぎだった神宮球場。関東で生観戦するには一番よく行く球場ですが、球場そのものも気に入ってます。屋根がない球場はやっぱりイイナ!

この神宮球場、オフの間にかなり改装したらしく売店とかトイレとかずいぶんとキレイになりました。こういうところに清潔感があると女性ファンも小さな子供連れも球場へ通いやすくなりますねw 

ナイターの開催日、まだ明るいうちに球場入りしてそこいらをパチパチ。ちょうど今日6月12日から第56回全日本大学野球選手権が始まることですし、観戦に出かけるのもいいかも!(神宮球場と東京ドームで開催されます。)早稲田以外の大学を応援するのも楽しそう!行ってみようかな? へへへ。

この日は私が一人で観戦したにもかかわらず、珍しく勝利した試合でしたw ヒーローは現在イチオシの林威助(はやし・いすけではありません。リン・ウェイツゥ。)世界大会では台湾の4番も勤める、虎の期待の星!あっという間に28歳になっちゃったけど一応「若虎」w うーん、期待してます。

明日・明後日は西武対阪神戦を観戦予定ですけど、どないなることやら。。。リンちゃん見学に特化して出かけよかなwww 望遠準備せねば(爆)

花花花 オリンパスペンF

2007_05_10_penf_028_13

2007_05_10_penf_028_15a

2007_05_10_penf_028_16a

2007_05_10_penf_028_18

2007_05_10_penf_028_18a

2007_05_10_penf_028_21a_12007_05_10_penf_028_22

2007_05_10_penf_028_21

2007_05_10_penf_028_22a_1

2007_05_10_penf_028_23a

2007_05_10_penf_028_24a

                                  

                       

近所を歩いただけなのに、かなりの種類の花があるもんです。

出来るだけ道端の写真を撮るようにしてるから、玄関先のプランターに植えられた花たちは撮ってないんですが。。。

今ほど写真を撮ってなかった頃は花が咲いていることそのものにさえ気づいていなかったかも。

目に見えていても見ていないってことはよくありますから。

ご近所植物観察写真を撮っていると高校生の時を思い出しました。

高一の時のこと。私の場合、自主的に遅刻するは、早退するはで授業サボりまくりましたw 私服通学だったので補導されるわけでもなく、大学生のような気まま生活を送っておりました(爆)なので、必然的に一時間目の授業の出席率が著しく悪くて毎年進級が危ぶまれる事態に。。。(映画観に行ったりしてましたw)

当時、一年生の理科の授業は基礎理科IとかIIとかいうような名称だったと思うのですが、Iが化学と物理系、IIが生物と地学系に分かれていた(ように思う)はずで、理科IIの出席時間が全然足りなかったw (たぶん一時間目だったんでしょうねぇ。ほとんど出た記憶ないもの、一時間目w 週に2回かな、出たのは。)

理科は好きだったのでテストは書けた。そこで先生、困ったんでしょう。年度末の成績を出す時期になって呼び出し。「出席日数が足りないからこのままでは成績がつけられん!課題を出すからやって来い。」とのこと。

前述のとおり、高校では写真部に所属してまして、このペンF!で撮ってました。そこで私の課題は「学校の敷地内にある植物の写真サンプルを出来るだけたくさん撮影してくること!」 フィルムを3本?渡されて撮り終えたら撮影済みフィルムを提出すれば終わり。なんともラクチンな課題でしたw (長閑な時代だったのねぇ、公立ですが。。。)

とってもイイ成績をつけていただいて進級したものの二年次に生物を選択履修しなかった(爆)得意科目だったから、先生は二年で私が生物を選択すると見込んで甘くしてくれたんだろうけど、物理と化学を選択してしまいましたwww 薄情な生徒でした。 

因果応報とはよく言ったもので、この時物理を選んだのは大きな間違いで、テストでO点とって理系への道は断たれましたとさ。 (後にも先にも0点とったのはこの物理だけだと思う。一問目の計算式を間違えたらその後、全部間違ってた。) 生物と化学を選択しておきゃあよかったよ。

ホントによくサボったので、高校の授業内容の記憶はほとんど皆無に等しいのだけど、このことは鮮明に覚えておりまする。(*^^*)

梅雨っぽくなってきたけど オリンパスペンF

2007_05_10_penf_028_00

2007_05_10_penf_028_0a

2007_05_10_penf_028_01a

2007_05_10_penf_028_02

2007_05_10_penf_028_03

2007_05_10_penf_028_04a

2007_05_10_penf_028_05

2007_05_10_penf_028_05a

2007_05_10_penf_028_06a

2007_05_10_penf_028_08

2007_05_10_penf_028_08a

2007_05_10_penf_028_09

だんだん雨の日も多くなり、梅雨っぽくなってきました。この時期、まだ咲いてはいるもののお花の写真が撮りづらくなってくる。紫陽花ばかりになってしまったりして。。。

天気のイイ日に撮り貯めていた花の写真をアップ。

どの花もウチから半径500メートル以内の道端に咲いていた花たち。

カメラと露出計だけを首から下げてサンダルつっかけて撮りに行きましたw

今年初めてPenFにフィルムを入れた日なので、フィルムは期限切れのコダックゴールド100。カメラを休ませすぎて調子が悪くなってないか心配でしたが、とりあえず大丈夫かな。

日差しが強かったけど絞りを開けたかったので、ケンコーのND4フィルターを使用。このフィルター使うと少し色が暗くなるかな。。。あまり気にしないことにしよう。標準レンズなのに花がこんなに大きく撮れる!ペンFってお利口さんだわぁw 

道端や駐車場にかがみこんでひたすら花を撮る変なオバサンはご近所の人からするとかなり怪しいだろうなぁ。。。フィルムをスキャンしながら昨年の写真をチェックしていたら、ほぼ同じ日に同じ場所で同じ花を撮影してました。芸がないですね(苦笑) その内、「今年もオバハン出たでぇ~」とかって近所で言われるようになるかもしれん(爆)

トイカメラではないんだけど フジ クリアショットU

2007_05_05_clearshot_u_006_21a

2007_05_05_clearshot_u_006_20a

2007_05_05_clearshot_u_006_19a

2007_05_05_clearshot_u_006_17a

2007_05_05_clearshot_u_006_16a

2007_05_05_clearshot_u_006_15a

2007_05_05_clearshot_u_006_13a

2007_05_05_clearshot_u_006_12a

2007_05_05_clearshot_u_006_10a

2007_05_05_clearshot_u_006_09a

2007_05_05_clearshot_u_006_07a

2007_05_05_clearshot_u_006_06a

今日も連続投稿w

このカメラも写真がアップされないカメラの代表格?だからアップします。

現在、日本ではPoint&Shootカメラに匹敵する適切な呼び名が見つからないし、トイカメラに分類されているようです。

実際にはフジフィルムが簡単軽量お手軽カメラとして作っていたものなのでトイカメラではないんですけどねw

現在は出荷も終了してしまったのですが、製造中はトイカメラとして使ってみた方はいるみたい。それから小学生など子供のカメラとして使われていたりもしたようです。そんな書き込みは検索で引っかかってくるんですが、画像はほとんど無し。リバーサル入れてみようかなとか言ってた人、やってみたのかしらん???

ホルガとほぼ同じ仕様だからポジ入れようが何入れようが撮れるのは撮れるはず。天気と被写体を選ぶけどw

とにかく軽いカメラではあるので、首からぶら下げて歩いても忘れてしまいそうですw ただ、ぶら下げて歩くには可愛らしさが無いデザインなんだなぁ。。。これでショッキングピンクとかゴールドとかサイケ模様とか奇抜な何かがあれば、アクセサリーになるんだけど。絵でも描くか(爆)

あと先に巻き取っちゃうタイプなのでその点は残念ながらあまり好きではないです。また機会があったら使ってみましょうw

ある晴れた日に ミノルタツイン28

2007_05_04_minolta_twin28_004_031

2007_05_04_minolta_twin28_004_04

2007_05_04_minolta_twin28_004_07

2007_05_04_minolta_twin28_004_081

2007_05_04_minolta_twin28_004_12

2007_05_04_minolta_twin28_004_13

2007_05_04_minolta_twin28_004_14

  2007_05_04_minolta_twin28_004_16

2007_05_04_minolta_twin28_004_22

2007_05_04_minolta_twin28_004_27

2007_05_04_minolta_twin28_004_28

2007_05_04_minolta_twin28_004_30

2007_05_04_minolta_twin28_004_34

2007_05_04_minolta_twin28_005_12a

2007_05_05_minolta_twin28_005_22a

2007_05_05_minolta_twin28_005_23a

このブログぐらいでしか登場しないカメラでシャッターを切る。どういう絵を撮りたいのかさっぱりわからないカメラだからとにかくシャッターを切る。

このカメラを初めて登場させた時のタイトルは「バブルの遺産」だったと思う。ネット上を調べてみると1991年3月、バブルが弾けた直後に発売されたカメラだった。最近、このカメラのデータはネット上に登場するようになったのだけど、このカメラで撮られた写真がいっこうに増えない。だからせめてもとアップしてますw

16年も前のカメラだから稼働してる個体がほとんどないのだろうとは思いますが。。。でもねぇ。。。いくら潰れたとはいえ天下のミノルタカメラでっせぇ。

ニャーニャーホルガでさえ、女の子たちが本屋で「カ~ワイ~イ!」と手に取ったりして、ブログに写真を載せてたりするのにカメラ屋のカメラの写真がほとんど無いなんて。。。悲しすぎる。とはいえ、その理由もわからないではないんだけど。

近くを撮っても遠くを撮ってもイマイチピントがスッキリと来ないんすよね。う~ん。でもたまに使ってやることにいたします。

ちなみに今回のメイン撮影は西の秋葉原といわれつつある新たな「オタク」の聖地?!立川でございます。モノレールの後ろに写る第一デパートには鉄道模型屋さん、古銭屋さんに加えフィギュア屋さんとかアニメや趣味の本に特化した本屋さん、クワガタ屋さんなどが入った有難いビル(爆)ウチの旦那に教えてもらいましたw (旦那、オタクなのかなぁ。。。うーむ。)

ただし、このデパート駅前再開発計画に入っているらしく近いうちになくなってしまいそうな感じ。いつまで続くのかなあ。。。微妙。。。昭和レトロなデパートで味があるんだが。。。

湯本から帰宅 ポラロイドジョイカム

2007_04_30_joycam_013_10_1

2007_04_30_joycam_014_02

2007_04_30_joycam_014_01

2007_04_30_joycam_014_04

2007_04_30_joycam_014_05

2007_04_30_joycam_014_07

2007_04_30_joycam_014_08

2007_04_30_joycam_014_09

2007_04_30_joycam_014_10

帰りはこちらの旧型車両w

連続アップです。

オモロイ看板があったので、ポラでパチパチ。でっかい干物には感動w 大阪並みにデカイwww ウサギも2階から覗いてるしw これらは一連のお土産物屋さんの奥の方にあるので、しっかり歩いていかないと見逃すかもw

これまたデッカイ手焼き煎餅!二人で一枚買おうということになり、焼き手のお兄ちゃんと話をしながら焼いてもらい、写真も撮らせていただきました。ありがとう!顔ぐらいの大きさのお煎餅をバリッと音をたてながらイタダキマシタwww

ポラはやはりこのぐらいの距離で人物を撮るのが一番得意かもしれませんね。お兄ちゃんカッコよく写りました。

駅に戻るとなんとなく不思議な標識。駅長名義で自家用車ダメの標識って珍しい。

暮れなずむ登山鉄道をパチリして、駅のホームで電車を待っているとやって来ました、旧型車両。焦ってシャッター押したらブレた。。。ここで箱根はオシマイです。お疲れ様でした!

箱根湯本 ニコンF80s

2007_04_30_nikon_f80s_108_03

2007_04_30_nikon_f80s_108_06

2007_04_30_nikon_f80s_108_08

かろうじて2ショット?!

2007_04_30_nikon_f80s_108_10

2007_04_30_nikon_f80s_108_16

2007_04_30_nikon_f80s_108_17

2007_04_30_nikon_f80s_108_18

2007_04_30_nikon_f80s_108_19

2007_04_30_nikon_f80s_108_22

2007_04_30_nikon_f80s_108_23

2007_04_30_nikon_f80s_108_24

2007_04_30_nikon_f80s_108_26

箱根湯本まで下りてきたら、すっかり夕方の雰囲気になっていました。帰りの電車が決まっているのでそれまで少し時間潰し。お茶でも飲もうかと、あじさい橋を渡って向こう岸にあるフジヤホテルまでいくことに。橋の上から川を眺めると親子づれやカップルがのんびりとしてました。ホッとする風景。橋の上には人力車もいましたw

ホテルのラウンジで一服。ゆったりキレイだし、お手洗いもお借りして帰り支度万全。夕方になると駅前は外国人観光客も多くて混雑気味なので、こちらまで来てしまう方がゆったりと休めました。穴場かもwww 

一休みしたので駅前のお土産物屋さんを見物することに。イメージ通りのお土産屋さんが並んでいて、かなり満足www お土産に看板写真をたくさん撮らせていただきました。

つづく

写真美術館 ニコンF80s

2007_04_30_nikon_f80s_107_05

2007_04_30_nikon_f80s_107_08

2007_04_30_nikon_f80s_107_10

2007_04_30_nikon_f80s_107_11

2007_04_30_nikon_f80s_107_12

2007_04_30_nikon_f80s_107_13

2007_04_30_nikon_f80s_107_15

2007_04_30_nikon_f80s_107_16

2007_04_30_nikon_f80s_107_18

2007_04_30_nikon_f80s_107_21

2007_04_30_nikon_f80s_107_22

2007_04_30_nikon_f80s_107_23

2007_04_30_nikon_f80s_107_24

2007_04_30_nikon_f80s_107_28

連続アップです。

ケーブルカー公園下駅と強羅駅の間に箱根写真美術館というのがあるというので徒歩で下りながら立ち寄ってみました。カメラマンの方の小さな私設美術館ですがカフェなども併設されていてカワイイ美術館でした。入り口の赤いジョウロも可愛くてパチリさせていただきましたw

線路沿いに下りながらケーブルカーを写したりして。ケーブルカーも「鉄」の内ですかねぇwww

ふと足元を見ると柄入りマンホールの蓋を発見。パチリ。

そんなこんなしながら、強羅駅から登山鉄道に乗り、下り始めました。車内からトンネルをパチリ。皆さん、お疲れのようでwww

箱根ケーブルカー4 ニコンF80s

2007_04_30_nikon_f80s_106_03

2007_04_30_nikon_f80s_106_05

2007_04_30_nikon_f80s_106_06

2007_04_30_nikon_f80s_106_08

2007_04_30_nikon_f80s_106_11

2007_04_30_nikon_f80s_106_13

2007_04_30_nikon_f80s_106_17

2007_04_30_nikon_f80s_106_20

2007_04_30_nikon_f80s_106_22

2007_04_30_nikon_f80s_106_23

2007_04_30_nikon_f80s_107_01

2007_04_30_nikon_f80s_107_02

2007_04_30_nikon_f80s_107_03

ケーブルカーで下り、「公園上」駅で降りました。この日「箱根の山は天下の券」という電車・バスフリーパスを持っていたので乗り降りは自由。(小田原駅や箱根湯本駅で発売。)ちょっと乗って降りてもまた乗れる。お得ですw

「天下の券」があれば、強羅公園にも無料で入園できるのでここで一休み。持って行ったおにぎりを食べながらお花を眺めてホゲ~っとしました。公園の中を散策・撮影しながら「公園下」の出口から出ました。つづく

箱根 3 フジペット ポラロイドジョイカム

2007_04_30_fujipet_017_01_1

2007_04_30_fujipet_017_02

2007_04_30_fujipet_017_03

2007_04_30_joycam_013_09_1 2007_04_30_fujipet_017_05

2007_04_30_joycam_013_07 2007_04_30_joycam_013_03

2007_04_30_joycam_013_04

本日も連続アップです。                           

早雲山駅からはロープウェイが出ているのですが、この時はまだ新型ロープウェイへの架け替え工事中で桃源台までは通じていなかったので、ロープウェイに乗るのは止めました。すでに6月からリニューアルオープンして、ロープウェイで快適に向こう側まで行けますよぉ!また行きたいなあ!

今回は乗らなかったので、写真をパチパチ撮りました。フィルムはどちらも期限切れです。ブローニーは頂き物のフジ160NS(2002年期限切れ)5年が経過してます。もともと風景を撮るフィルムではないんですが、私は風景メインなので使っちゃいます。大きな問題はないのですが、このフィルム、感度160ないのではないかなぁ。。。この日はとても天気が良かったのでF22に絞ったら、アンダーでした。シャッター速度が50分の1ぐらいなのでF16~22で適正だと思うのですが、暗かった。ネガフィルムは古くなると感度が落ちるのかな?もしかするとそうかもしれませんね。ISO100のつもりで使うと良いかもしれません。

ジョイカムはフィルムが生産終了なので在庫分はすべて期限切れです。まだたくさん買い溜めしてあります(^^;) ダメにしてしまう前にもっと撮らねば。。。ひぇ~! つづく

箱根 2 ニコンF80s

2007_04_30_nikon_f80s_104_28

2007_04_30_nikon_f80s_105_02

2007_04_30_nikon_f80s_105_04

2007_04_30_nikon_f80s_105_06

2007_04_30_nikon_f80s_105_08

2007_04_30_nikon_f80s_105_09

2007_04_30_nikon_f80s_105_13

2007_04_30_nikon_f80s_105_15

2007_04_30_nikon_f80s_105_17

2007_04_30_nikon_f80s_105_26

2007_04_30_nikon_f80s_105_27

2007_04_30_nikon_f80s_105_28

久しぶりに強羅駅に降り立ちました。ん十年経ってるのでかなり変わったようで、記憶の中の情景とは重ならなかったけど、やっぱり駅前にはお饅頭屋さんがありました。(記憶ではメッチャボロッちいイメージでしたが、今はエライ綺麗です。)

駅前のお店が、昭和風な観光地のイメージで可愛かったのでパチパチ。ここまで来たら、やっぱりケーブルカーに乗りたいなぁと上まで上がることにしました。

ケーブルカーも新しい車両なのか結構キレイでした。とにかく一番上の早雲山まで行ってみました。天気が良くて日差しも強くて、気分最高! 景色もキレイ。

駅前に張り紙の看板が出ていて、650円で温泉に入れるとのこと!せっかく強羅まで来たのだし、一風呂浴びようと出かけました。駅前1分のところに温泉があるなんてステキw新宿区の保養宿泊施設らしいですが、日中、宿泊客は外出するのでお風呂は空いていて広々。露天風呂もあってタオル付650円はお得でした。

骨の髄までホッコリした気分で出発。とりあえず駅に戻りました。つづく

乗りました、ロマンスカー 箱根1 ニコンF80s

2007_04_30_nikon_f80s_104_01

2007_04_30_nikon_f80s_104_03

2007_04_30_nikon_f80s_104_04

2007_04_30_nikon_f80s_104_05

2007_04_30_nikon_f80s_104_06

2007_04_30_nikon_f80s_104_13

2007_04_30_nikon_f80s_104_14

2007_04_30_nikon_f80s_104_15

2007_04_30_nikon_f80s_104_17

2007_04_30_nikon_f80s_104_21

2007_04_30_nikon_f80s_104_25

2007_04_30_nikon_f80s_104_26

2007_04_30_nikon_f80s_104_27

2007_04_30_nikon_f80s_105_01

ん十年振り?にロマンスカーに乗って箱根へw 新しい車両の展望席!ここに座るの初めてだから乗る前からパチパチパチパチ、撮りまくりましたwww

運転席に上る前に運転手さんがご挨拶!自動でコックピットが降りてきて自動で蓋がしまります。オモロイ!私もこの子供みたいに一番前で立って景色見たかったぁwww

車窓からもパチパチしているとあっという間に箱根湯本に到着w 湯本駅から強羅行きの箱根登山鉄道に乗りました。車内からパチパチしているとまたしてもあっという間に強羅に到着!電車に乗ってるだけでフィルム交換してる私って、何やねん(爆)

登山鉄道の途中駅は小さくて無人だったりするんですが、パスモが使えるようになったらしく、ホームにICカードを読み込む機械が立ってました。便利になったもんだねぇ。

天気がよくて良かった良かった。さてどこに行きましょか?

オーバー気味のオートハーフ リコーオートハーフS

今日は、ちょっとカメラオタクな内容ですが。。。

お正月に旅先で購入したオートハーフS。最初の試写で光漏れしたので、モルト(遮光剤)代わりにお習字の下敷きを両面テープで貼り付けて、光が漏れなくなりました。(亀戸を参照)。

でもフィルム感度を適正にした写真は、暗めの商店街などでは写りが良かったけれど、明るい場所では白っぽく露出オーバー気味になっていました。

シャッターが粘って速いシャッターが切れない可能性もありますが、もう一つ考えられるのは露出計となるセレンの経年劣化。1965年生まれのカメラですから、セレンが弱っている可能性が高い。私の個体は薄っすらながら適正露出の黄色マーク、露出不足の赤マークが出ているので、セレンが完全にダメにはなっている訳ないので、フィルムを入れるときにASA感度を調節して対応してみることにしました。

「オートハーフは写りがイマイチ」なんて意見もあるようですが、それは嘘だと思います。たしかに2.5mの固定焦点なので近くのものにピントが合わないこともありますし、シャッター速度も125分の1の一速ですが、かなりシャープなレンズが搭載されているので、天気の良い日に絞り込んだ状態で撮影すれば深度が深くなり、かなりの範囲がくっきりと写るように作られてます。

ボワっとしたあいまいな写りの原因は大抵の場合、古いセレンが弱っていて絞り込めていないのが原因だろうと思います。40歳以上のカメラですからどこかが弱ってても当たり前。人間と同じでしょう。使う側が調子を合わせてあげればいいんだと思います。このカメラはトイカメラとは違い、絞りを設定できるので自分で絞りこんで撮影すればバッチリです。しかし、オートハーフと言うからには、露出計を使わずAE機能を使って何も考えずに押すだけで撮りたい。だから露出がアバウトでもOKのISO100ネガフィルムを入れて、ASA感度を小刻みに変化させながら試写しました。

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_14_2

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_12a_1

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_11_1

  

                   

                    左からASA100、ASA200、ASA400で撮影したものを同じ条件でスキャン。(写真をクリックすると大きくなります。)足元を撮っているのでピントの合う距離よりも近いのですが、結構写ってます。

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_100m2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_200m2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_400m

                           

                     

遠くの白いビル。ASA100だとボワっとソフトフォーカス気味が絞れてるとラインがクッキリしてきます。

近景も遠景も少しずつ違いが出ているのでセレンAEが死んでいないことは明らか。絞りも微妙な変化に合わせて動いていることが確認できます。(実際にはここに掲載したよりもさらに細かく3分の1段階ずつASAを変化させました。ちゃんとグラデーションになってます。)今回の試写の結果を見ると、私のオートハーフSはASAを1段と3分の1~2変えてやるとちょうど良いようでした。

今までこのカメラで撮った感触から、1段以上は変化させた方が良いと思っていたので、段階で撮影した後、ASA400に固定して周辺を撮ってみたのが以下の写真。カメラが苦手そうなところばかりを写してみましたが、良く撮れました。これなら文句はありません。 

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_17

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_17a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_19a_1

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_20a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_21a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_23a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_25a

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_29

2007_04_29_ricoh_autohalf_s_003_30a_1   

                                                            

オートハーフの写りがイマイチだなあと思っている方、一度、オート設定でASAを変化させて試写してみるのをお薦めします。ポジフィルムでチェックするのが一番ですが、ネガでも違いは確認できるので、期限切れや激安フィルムを入れて同じ所を撮れば、修理が必要かどうかチェックできますよぉ。100円現像なら格安です (^^)v 

昔話 リコーR1

2007_04_28_ricoh_r1_033_26a

2007_04_28_ricoh_r1_033_25a

2007_04_28_ricoh_r1_033_21a

2007_04_28_ricoh_r1_033_19a

2007_04_28_ricoh_r1_033_17a

2007_04_28_ricoh_r1_033_16a

2007_04_28_ricoh_r1_033_13a

2007_04_28_ricoh_r1_033_12a

2007_04_28_ricoh_r1_033_11a

2007_04_28_ricoh_r1_033_06a

2007_04_28_ricoh_r1_033_07a

2007_04_28_ricoh_r1_033_04a

2007_04_28_ricoh_r1_033_03a

 

前回に引き続き、R1の原宿。何だか自分がとってもレトロ人間になったような気がしますが、思ったことをツラツラと。。。

原宿が懐かしかったり驚いたりするのには訳があるに違いないと思います。毎年、ものすごく短いスパンで大きなビルが壊され、建て替えられ、また壊されて。。。だから驚く。

でも、よく考えると大きな区画整理みたいなのは行われてなくて、お店やビルが変わっても同じ大きさの土地に違う形のモノが建つというパターンが多い気がする。そのせいか、これだけ目まぐるしく変化しているにもかかわらず、郷愁を誘うのかもしれないな。

私が原宿に住んでいた頃は、隠田商店街は本当にいわゆる商店街で、カッコつけていた私は普通すぎて買い物することもなかった。学生寮だったので自炊することがなかったせいもあるけど、買い物するなら紀伊国屋とかコープ・オリンピア地下のスーパーとか、外国のお菓子などを置いているお店に出かけたもんです。現在の隠田商店街は八百屋さんの向かいにDKNYってな場所になりましたが、この辺りは元々アパートが多くて、まだ残ってます。遊歩道沿いに一軒家やアパートを改造したお店などが横に並んでいるので、こんな地図が必要になったんですねぇ。。。

ガラス張りの窓に「T-SHIRT」と書かれている写真。ここは以前、「カフェ・ド・ロペ」というオープン・カフェでした。大抵、外国人が座っていてファッション系風の人がよく居た店。ガキンチョの私なんかには恐れ多くて入れなかったw シェーキーズとかロッテリア、竹下通り角のケーキ屋さん専門でした。東京カフェ文化のハシリのお店だったような気がしますが、今はありまへん。

更地に残る煉瓦の階段。これを見てどこかわかる人がいたらスゴイかもwww 「カフェ・ド・ロペ」の脇道を入った突き当たりに「OH!GOD」「ゼスト」「ラ・ボエーム」などが入ったビルがありました。今はこんな更地です。今の原宿はカフェやレストランもたくさん出来て夜遅くまで食べられる店がありますが、私が住んでた頃は飲食店は少なくて夜8時になると急に静かになる町でした。そんな中遅くまで開いてたのがここ。ビデオ・バーにビリアードなど飲食以外にも遊べる雰囲気がありました。ここに住んでた頃は外から眺めるだけでしたが、もう少し大人になってから青山の仕事帰りに仲間たちと遊びに行った思い出があります。決して広くないお店ばかりでしたが、10人ぐらいで詰め掛けて食べたり食べたり食べたりwしました。どことなく怪しい雰囲気?!が懐かしい。

今でも白いGAPのビルを見るとスッキリ綺麗だと思いつつ、違和感があります。今の方がビルが低いので開放感があって景色は良いんですけどねぇ。

ここには、ガラス張りの黒いビル、「セントラル・アパート」がありました。とにかく、ドーンと角を占領してました。その存在感が印象に残っているので違和感があるのでしょう。アーティストがたくさん住んでたり仕事をしていたビルで、洋服ブランドのアトリエもあったりして、ファッションショーで使った服などを買いに行ったりもしました。これも懐かしいなあw

あと一年で新しい地下鉄が原宿を通るようになります。これでまた雰囲気が変わるのかしら?

とはいえ、原宿は普通の住宅街でもあるわけでして、路地にはワンちゃんの看板が!やっぱり不思議な町です。

カラーな原宿 リコーR1

2007_04_28_ricoh_r1_032_21a

2007_04_28_ricoh_r1_032_20a

2007_04_28_ricoh_r1_032_19a

2007_04_28_ricoh_r1_032_18a

2007_04_28_ricoh_r1_032_17a

2007_04_28_ricoh_r1_032_12a

2007_04_28_ricoh_r1_032_10a

2007_04_28_ricoh_r1_032_08a

2007_04_28_ricoh_r1_032_04a

2007_04_28_ricoh_r1_032_03a

2007_04_28_ricoh_r1_032_02a

2007_04_28_ricoh_r1_032_0a

今日も連続アップです。

とりとめもなく、シャッターを切った写真たち。。。

モノクロな原宿 リコーR1

2007_04_28_ricoh_r1_031_27

2007_04_28_ricoh_r1_031_26

2007_04_28_ricoh_r1_031_25

2007_04_28_ricoh_r1_031_24

2007_04_28_ricoh_r1_031_21

2007_04_28_ricoh_r1_031_18

2007_04_28_ricoh_r1_031_16

2007_04_28_ricoh_r1_031_15

2007_04_28_ricoh_r1_031_12

2007_04_28_ricoh_r1_031_08

2007_04_28_ricoh_r1_031_07

2007_04_28_ricoh_r1_031_06

2007_04_28_ricoh_r1_031_04

2007_04_28_ricoh_r1_031_0

前回、白黒の原宿が気に入ったのでまたしても白黒フィルムを詰めて出かけてみました。プラプラ歩きながらのスナップです。しょうもない写真ばかりですが。。。

上京して最初に住んだのが原宿で、10代最後の一年、この街を歩き回った記憶が懐かしいのかもしれません。ついついスナップしたくなります。

道まであふれる洋服たち。四半世紀たっても、修学旅行生が駆けつける街というのも珍しいかな? とはいえ、この街は日々毎日変化し続けているわけで、タケノコだって昔のタケノコ族とは大違いで、流行のメイド&ゴスロリでした。

この時は、蜷川実花さんの写真集出版記念で写真展をやってました。とってもカラフルな写真で元気が出る感じ。観に行ってよかったです。生プリントはやっぱり迫力満点。

ユニクロの写真は、カップルばっかり写っちゃいましたねぇw ラブラブねw ここは新しく出来たお店で、Tシャツ専門店でした。上の階で写真展を開催中というので出かけましたが、新装開店と相まって、Tシャツの箱とかギャラリーに積みあがってました(苦笑)

エレベーターではなく非常階段を降ったので、途中の窓から足元をパチリ。明治通りの一本裏は、こんな感じに落ち着いた住宅街です。表通りには大きなポスターやアウディのビルなどあり、洗練された雰囲気ですが、その合間には「電機工場」。このギャップが東京だなあと思うところ。たまりまへん(*^^*)

買ってしまいました。。。 ポラロイドSX-70

2007_04_26_polaroid_sx70_001_03_1

2007_04_26_polaroid_sx70_001_04

2007_04_26_polaroid_sx70_001_05

2007_04_26_polaroid_sx70_001_06

                            

                           

                         

                             

                            

                                  

                             

                           

連続アップで行きますw                           

高いポラロイドカメラは買わないと心に決めていたのに、やっぱりどうしても欲しくて、一眼レフのポラロイドSX-70を買ってしまいました。

製造中止になったSX-70フィルムを最後に数箱買い置きしていたのもあり、せっかくのフィルムなのだから、ちゃんとしたカメラで撮りたいものだと思ってしまったのでした。たった数十枚のフィルムのためにカメラを買うかよ!って感じなんですが。。。

物欲には勝てまへん(*^^*)

2007_05_01_polaroid_sx70_001_09藤の花を撮ったり、近所の花を撮ったり、うーん、イイ感じです。やはりボックス型よりも接写が出来るのが面白い。

少々青みがかった独特の色もイイ感じかなw

SX-70フィルムはすでに期限切れしてますが、まだ何とか撮れるようなので、チビチビと使ってます。あと少しでこのフィルムもなくなるけど、それまでたのしもっと!!!

2007_05_01_polaroid_sx70_001_10

                           

                     

                    

亀戸のまち リコーR1

2007_04_26_ricoh_r1_030_26

2007_04_26_ricoh_r1_030_23

2007_04_26_ricoh_r1_030_22

2007_04_26_ricoh_r1_030_19

2007_04_26_ricoh_r1_030_17

2007_04_26_ricoh_r1_030_14

2007_04_26_ricoh_r1_030_12

2007_04_26_ricoh_r1_030_11

2007_04_26_ricoh_r1_030_09

2007_04_26_ricoh_r1_030_06

2007_04_26_ricoh_r1_030_05

2007_04_26_ricoh_r1_030_04

2007_04_26_ricoh_r1_030_0

2007_04_26_ricoh_r1_030_02

藤まつり、どんどん人がやってきて混み出したので早々に引き上げ、駅に向かいながら商店街周辺を散歩してみました。

自分の住んでいない町って、駅前周辺を歩くだけでも色々と発見があって、面白いものですwww ついつい、シャッターを切ってしまいます。駅前商店街の写真もずいぶん増えました。

何気ない普通の風景なんですが、どれも面白く感じてしまいます。

鯉のぼり祭りなんていうのもあるんですねぇ。商店街ずうっと鯉のぼりが張り巡らされてました。

最後の写真は、ただの公園の写真なんですが。。。なぜか、入り口の像がファンキーでして、ついついパチリしてしまいました(爆)

2007_04_26_ricoh_r1_030_02_part_1

(部分拡大)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »