2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

最後の一本、フジ・スペリア200 オリンパスM-1

2006_11_16_olympus_m1_003_012006_11_16_olympus_m1_003_02

恵比寿駅にこんなに可愛いデリ発見。スイカのペンギンがお迎えですw

2006_11_16_olympus_m1_003_05 2006_11_16_olympus_m1_003_072006_11_16_olympus_m1_003_08

2006_11_16_olympus_m1_003_14新宿南口付近でパチパチ。フォログラム7色に光ってますw  某百貨店の受付にいるお人形。カワイイ!この子は、受付のお姉さんと一緒に制服を衣替えします。同じデザインです。オシャレ!

2006_11_21_olympus_m1_003_15

早朝の空。キレイな色が出せました。

2006_11_21_olympus_m1_003_20

2006_11_21_olympus_m1_003_21

もうすぐこの車両がなくなるというので、撮ってみたが、イマイチ。。。

2006_11_21_olympus_m1_003_22

2006_11_21_olympus_m1_003_24

空は青く、花は艶やかに写ってます、はい。

ついに使い切ってしまいました。お疲れ様でした、フジのISO200ネガフィルム。今や、200のフィルムはほとんど無いわけですが、最後の足掻きで、数本入手しておいたものの期限が12月までなので、思い切って使っちゃいました。

このフィルム、往々にしてあっさり気味に写るイメージがありましたが、昨日と同じOM28ミリF3.5 で使うと、それほどあっさりさりでもなく、しっかり色が出ました。

このフィルムも最後とか言いつつ、何を撮ってるんだか、意味も無くパチパチ撮ってみただけですが、アップしちゃいます。

私のは、いつも適当な写真ばっかりですねぇ(苦笑)

恵比寿な時間 オリンパスM-1

2006_11_16_olympus_m1_002_03_2バカラのシャンデリア!

2006_11_16_olympus_m1_002_06_12006_11_16_olympus_m1_002_07_1

2006_11_16_olympus_m1_002_08_1

2006_11_16_olympus_m1_002_09_1タバコ呑みは、ガラス室に入ることになりました。。。

2006_11_16_olympus_m1_002_17_1

裏通りの家具屋さん?!

2006_11_16_olympus_m1_002_19

2006_11_16_olympus_m1_002_20_1

2006_11_16_olympus_m1_002_222006_11_16_olympus_m1_002_23_12006_11_16_olympus_m1_002_242006_11_16_olympus_m1_002_25_1久々の写真更新。今日は休みですが天気も悪いし、ウチでグダグダしております。Mシステムの標準と一緒にOMの28ミリF3.5が届いたので、このレンズを着けて、街撮りしてみました。フィルムは、まずコニカミノルタのセンチュリア200を入れてみました。

あらあら不思議。とってもコッテリと派手な色ではありませんか。このフィルムでこんなにコッテリはR1以来かも。いいっすねぇ。濃いの好きですから。OMレンズはあっさり地味色との話も耳にしましたが。。。本当のところはどうなんでしょう? とはいえ、このフィルム、もうすぐ終わっちゃうんですけどねぇ。。。

街には、もうクリスマスツリー。やっぱりツリーのオーナメントを撮ってしまいます。ガーデンプレイスもまた少し様変わりしていたので、パチパチしました。

ガーデンプレイスから恵比寿駅まで、連絡通路ではなく一般道路を歩くと、完璧にデザインされたガーデンプレイスとはうって変わって、昔風のお店や手作り看板があったりして、なんだか不思議な気分になりました。なので、アップしちゃいますw

やっぱり大好きMGMミュージカル DVD

Mgm_classic_box最近、写真関連のアップばかりですっかりおろそかになっていた、ミュージカル映画記事。

クリスマス前に、気になっていたDVDを何本かアメリカのアマゾンで購入しました。

これはMGMミュージカルばかりのセット。どれも既に見たことのある作品ばかりですし、日本でもVHSが発売されたり、テレビで放送されたりしてエアチェック済みの作品なのですが、やはりDVDのきれいな画像で見てみたいと思って手に入れました。

ワーナーが発売している、いわば正規品なので、原版から起こしているのでしょう。色がとてもよく、テクニカラーが際立ってます。

どのDVDにも私のお目当てである特典映像が収録されていて、撮影当時の状況を出演者が語ってくれたりしています。

また、カットされてしまったダンスシーンも収録されていて、とっても珍しい、振付師マイケル・キッドが出演者として踊るソロナンバーを見ることもできます。

とってもオタク趣味なんでしょうが、やはり、こういう裏話は見ていて興味深い。まだブツが到着したばかりで全てを見終わっていませんが、キレイな画像で映画を見れるのは、やはり気持ちのいいものです。シネスコサイズのものは、トリミングされずに収録されていますから、全体が画面に収まっているのもうれしい。テレシネでカットされると振り付けの全体像が把握できませんから。

ここのところ、アメリカ産のリージョン1DVDの紹介ばかりで申し訳ありません。特定のミュージカル作品は、日本では発売までに時間がかかったり、発売されなかったりすることが多々あるので、どうしてもアメリカものに走ってしまいます。ただし、日本ではじっくり待っていると、正規版の激安DVDが発売されることがあります。本国よりもはるかに安く、アカデミー受賞作が手に入るのも事実。

現在日本で入手可能な激安ミュージカルもいくつかご紹介しておきます。以下の作品は690円!で購入可能です。Photo_15 Photo_16Photo_20

Photo_21Photo_22

Holgaの不思議色 2 ホルガ120N

2006_11_18_holga_011_12

2006_11_16_holga_011_012006_11_16_holga_011_022006_11_16_holga_011_032006_11_18_holga_011_042006_11_18_holga_011_052006_11_18_holga_011_072006_11_18_holga_011_101

久しぶりにクロス現像処理をしてみました。意図して不思議色にしてみたわけですが、期待した色にはならず。。。普通にリバーサル現像した方が良かったかも。

コントラストの高い(強い?)、抜けるような青空になることを期待したんですが、今回は紅茶色に濁った仕上がりになりました。ちょっとベージュ系茶色が強すぎるので、フィルムスキャンの際に、オーバー目に読み込んで、赤みを飛ばしています。かなりハイキーになってると思いますがご了承あれ。

クロス処理だと出来上がってくるまでどんな色に転ぶか想定不可能なので、まあその点も面白いし、賭けみたいなもんです。ただし、フィルムによって結果に傾向はあるみたいで、フジ系のポジフィルムだと、緑や黄色がかったしあがりになったりすることが多いようですが、一概には言えないみたい。現像液の汚れ具合とかにも左右されるのでしょうね。とにかく今回は、紅茶色でした。最後の一枚に政治的意図はございません。畑に貼ってあってオモロかったから。こういう色で見ると、どこの国のポスターやら。。。

ポラロイドの話 ポラロイド こどものおもちゃ2

2006_11_14_omochapink_004_01

ホルガで撮ったのと同じツリー。ムム、右上、液が行渡ってないぞ、ヤバ。

2006_11_17_omochapink_004_04

フラッシュにテープを貼って、発光を抑えてます。やっぱり、右上がおかしくなった、ローラーか、それともフィルムに圧力が掛かってたか。。。この一本は、このまま行くしかしょうがないな。

2006_11_17_omochapink_004_06

600フィルムだと、ネオンサインも鮮やか鮮やか。ポラで撮る、レインボーカラーw

2006_11_17_omochapink_004_07

毛糸のボンボン飾りがキュートなツリー。近接60センチ撮影で、バッチリ。これなら、家でも作れそうなオーナメント。いいなあ。

--------------------

今日はホルガの続きをと思ったんですが、カメラ店で見かけた出来事を書いておきたかったので、ポラの話。

一昨日、新宿の量販店で。まず写真雑誌のコーナーを見たら、日本カメラでポラロイドSX-70の特集を発見。フィルムがなくなってからこの特集をやるって不思議だなあと思いつつ、パラパラと内容チェック。600フィルムが使えますよとかSX-70の基本情報。3人がSX-70を持って実地撮影など。フィルムは1箱実売価格が1600円相当なので、2万円分ぐらいフィルムを消費したとか書いてあった。でもなあ、そんなにたくさん撮る時は10パック入り11000円、ポイント分引いたら1箱990円相当のモノを用意するよなあ、普通、なんて思いつつ、雑誌は買わなかった。(ケチ度満開ですわw) ポラロイドのサイトや若者向けポラブックほどの内容ではなかった。。。しかし、なぜ今、SX-70特集なんだろうか?

その後、フィルムを見ていたら、壮年の男性が店員さんにフィルムを探してもらっている。男性の手には635と思われるレインボーのボックス型ポラロイド。店員さん、イマイチポラに詳しくないらしく、ポラロイドのフィルムはこの辺りにありますがぁ。。。と言っている。600フィルムだと教えてあげたかったが、それもなあと思い、「蓋をあけるとフィルムの種類がわかりますよ」とだけ言ってみた。それで600とわかって買ってったみたいです。店員さんに「ありがとう」と言われてしまった(苦笑)おせっかい婆ですねw

その後、カメラ売り場のポラロイドの前を通りかかったら、おじいさん二人が向こうからやって来て、ポラロイド売り場で立ち止まり「ああ、これこれ。」「ふーむ。」ってな調子で、現行商品のポラロイドOneを眺めてました。ここはすぐに通り過ぎたので顛末はわかりませんが、高いものではないから購入したことでしょう。

これって、暮れに向かって宴会やパーティー用に買いに来たのだろうか?それとも、読者の年齢層が高めの写真雑誌で特集を組んだから、「そういえば、ウチにもあったなあ、ポラロイド」なんて思い出して持ち出したりしてみたのだろうか。。。とにかく奇妙な日でした。

昨日、別件でフィルム売り場に行ったときは、若い女性が10パック入り600フィルムを、ドカンと買って行きました。これは、普通の光景。ポラ使いならマトメ買いするもんね。ちょっとホッとしたりして。。。

ポラロイドも若者への布教だけでは、フィルムが売れないから(ちょっと高く感じるからね。)中年以上をターゲットにし始めたかな?いずれにせよ、ポラフィルムは日持ちしないし、現像プリント代込みの値段で割高感があるから、いつ消滅しても不思議ではない。使う人が増えて、フィルム代が以前の価格に戻ってくれればいいなあ。。。なんて思ったりしてます、はい。

Holgaで不思議色 1 ホルガ120N

2006_11_14_holga_010_01

2006_11_14_holga_010_032006_11_14_holga_010_052006_11_14_holga_010_062006_11_16_holga_010_082006_11_16_holga_010_092006_11_16_holga_010_112006_11_16_holga_010_12

最近、毎日ホルガをぶら下げてるわけです。今日は、期限切れ熟成3年物のネガ。期限が切れてても普通に写ったりしてて、そんなもんかと思ってましたが、やっぱり、夕方の微妙な光だと色バランスが崩れてくれました。アンダー気味だとがたっと崩れるようですね。ある意味、こういうのを期待していたのです。

とはいえ、別の日、快晴の中で撮ってやると、かなりキレイに色が出てきます。後半も同じフィルムの続きですが、普通。色褪せたり、バランスの変な写真を望むなら、10年ぐらいの期限切れか窓辺などに晒すとか、過激なことをやらかさないといかんかも知れません。(爆)

しかし、鬱蒼と茂った緑のなかの紅い実は何でしょうか?気になって、この後も何度も撮ってます(爆)。紅葉があるかと思えば、まだ朝顔?もワサワサ咲いてたりして、異常気象のせいですかねぇ。。。まったくもって、おかしいです (??)

それにしても、私のホルガは日に日に画面の右下の像が崩れて二重に写るようになってきています。レンズが歪んだか?はたまた、フィルム面が浮いてるか?何か原因がありそうです。。。

続 消え行くフィルム ポラロイド ジョイカム SLR AF

2006_11_07_joycam_007_01

逆光に弱くて、白くなっちゃいます。

2006_11_07_joycam_007_02

やっぱり、虎は遠かった。。。

2006_11_07_joycam_007_04

ゾウさん、センターです。なんちゅう構図w

2006_11_07_joycam_007_08

動物園で焼きそば食べました。箸袋とお弁当箱が超キュート!

2006_11_07_joycam_007_07

キリンとペリカンって、仲良しだったのね。。。

2006_11_07_joycam_008_05

ペリカン(とダチョウ?)ばっかり、10枚ぐらい撮ってしまった。。。これはお食事中です。右上からお魚を投げてもらって、パクリと飲み込みます。一人、魚が喉につかえて、難儀してはりました。

2006_11_07_joycam_008_08

出口近くに恐竜の卵のオブジェが。。。作り物でしたがかわいかったのでパチリ。それにしてもこの日は快晴でした(^^)v

昨日に引き続き、ポラロイド。こちらも来年の4月までの命のフィルム。ポラロイド・ジョイカム。一年前にポラロイドを使い始めてから、存在が気になり始めたわけです。それまでは、同窓会のゲームでゲットしたチェキ!を持っていたし、しかも上手に使いこなせていなかったぐらいなので、ほぼ同じ画面サイズのジョイカムに、ほとんど興味がなかった。知らなかったのが実情でした。今年になって、フィルム終了が発表され、一眼AFだし最後だけでもと使い始めたのが、これです。

甘い甘い写真。こういう風景を写すには適してないようですが、まっいいか。

カメラをガチャっと組み立てたり、ガチャ・ジィーと音をたてて撮影するのがヘンテコで楽しい、本当に変なカメラです。あっという間にフィルムがなくなるのもこのカメラの特徴か。10枚だからねぇ。。。よくわかんない写真ですが、アップしちゃいます。

フィルム終了が発表された直後、ポラロイド本社の方が、「在庫があるから年末ぐらいまでは使えるのでは?」とおっしゃっていましたが、量販店にはもうフィルムがありません。消えましたね。私も十月ぐらいから買い溜めしたので在庫がありますが、追加購入は難しそう。ポラの場合、地方や郊外の店では最初から在庫していない場合が多い。購入者が少ないとすぐに期限が切れてしまうので、店頭販売していないことが多いんです。今後の購入はどうしますかねぇ。。。まだ本社にあるかなぁ。。。

残り少ないSX-70 ポラロイド1000

2006_11_07_sx70_1000_004_01

2006_11_07_sx70_1000_004_032006_11_07_sx70_1000_004_052006_11_07_sx70_1000_004_072006_11_07_sx70_1000_004_042006_11_07_sx70_1000_004_06

あと数箱になってしまったSX-70。もったいなくって使わずにいたら、期限切れ。マズイと思って多摩動物公園で使ってみました。このフィルムは感度が低いので、使い方が難しい。日陰に入ると途端にシャッタースピードが遅くなるので、シャッターを押す衝撃でブレてしまいます。この日も、3枚はブレブレの大失敗。1箱で10枚しか撮れないので、これは痛い。。。

それと、ポラロイドのフィルムは期限が切れると液漏れしやすくなります。これも液漏れを起こしました。白い液でべたべたになりましたが、家に帰ってから濡れティッシュでふき取り、液漏れした箇所にセロテープを貼って補修しました。(期限が切れてなくても液漏れすることがあるのでポラは要注意!)

絞って撮影しているので、全体に青みが目立ちますが、天気がよく明るいと、きれいなはっきりした色も出るのだと再認識。このフィルムが終わってしまうのは本当に残念です。

望遠レンズではないので、何の動物が写っているのかわかりづらいですが、それもご愛嬌ってことで。。。一番最初は虎なんですが。。。日陰に居て、見えやしませんw 綱渡りしているのは、オランウータン。真上を通っていきましたw 動物はかわいいねぇ(^^) 

秋の陽に800を使ってみる リコーXR-7

2006_11_09_xr7_020_042006_11_09_xr7_020_092006_11_09_xr7_020_12

2006_11_09_xr7_020_162006_11_09_xr7_020_172006_11_09_xr7_020_202006_11_09_xr7_020_262006_11_09_xr7_020_322006_11_09_xr7_020_342006_11_09_xr7_020_35

頂いた期限切れフィルムの中に、ISO800のフィルムがあったので、日中AE付きの撮るとどうなるかなあと、試してみました。800はアグフア・ヴィスタの時に、10本ほど購入したことがあるけど、上手に使えず。ズームコンパクトカメラだとレンズが暗いので800が便利と聞くけど、ウチにはズームコンパクトはないし、普通のトイカメラに入れると、超オーバーでざらざらになったりして、なんだかなあ。。。

今回は、XR-7なので、露出計も働くし、適正な露出で白飛びせずに写せるかなと、やってみました。かなり絞っていたせいか、そこそこ写ってます。なるほど。。。大伸ばししなかったら、粒子も気づかないかもしれません。

買いだめしたコニミノの800(1本100円也)があるので、今度からこれを使ってみることにしよう。夕方から夜景なら、使い道がありそうですね。これからイルミネーションの時期だし、よし、決まったぜ!!!

それにしても、フィルム売り場が縮小されて、隅へ追いやられてますねぇ。新宿ハルクのフィルム売り場も3階へ移動してしまいました。DPEは2階のままで場所だけ移動。フィルムは3階なので、ついでにカメラ用品見るためには移動しなくては。。。ちょっと面倒だな。でもそれだけ、フィルム(カメラ)の需要がなくなった、デジコンがクリスマス商戦の主流だということなんでしょうね。あーあ。。。

ちなみに、カメさんは秋でも並んで甲羅干ししてましたwww

新宿~初台をHolgaる ホルガ120N

2006_11_14_holga_009_022006_11_14_holga_009_032006_11_14_holga_009_042006_11_14_holga_009_052006_11_14_holga_009_062006_11_14_holga_009_072006_11_14_holga_009_082006_11_14_holga_009_122006_11_14_holga_009_102006_11_14_holga_009_11

ここのところホルガをぶら下げて歩いてます。軽いから持ち歩きやすい。でも、日差しが弱くなってきたので、ISO100のフィルムだと厳しくなってきたようです。そこで、今回は、コダック・ウルトラ400UCを入れてみました。400だと、まだ少しオーバーになるかな。。。と心配しましたが、全然問題なし。今の日差しなら日中に400を使っても真っ白に飛ぶことはないようです。またビルの谷間などでは、400でもアンダー気味になったりするので、これから冬にかけては400のフィルムを入れるほうが、安心なようです。スピードは1/100ぐらいだけど、絞りはやっぱり、F8より11に近い、11と考えるぐらいで良いみたいです。

新宿から初台のオペラシティーまで歩きながら、少し、パチパチしました。もったいなかったのは、フィルムを巻き取りすぎたこと。。。信号待ちしながら、フィルムを送ってたら、9番のコマを勢い良く行き過ぎてしまい、1コマ、空白にしてしまいました。12コマしか撮れないから、この1つは、悔しかったなぁ。。。

気の早い、クリスマスツリーを準備工事していたのも撮って来ました。今日あたり点灯式かな?

展覧会に行ってきました 伊東豊雄 建築|新しいリアル 東京オペラシティアートギャラリー

先日、新宿から初台まで徒歩でテクテク、東京オペラシティに行きました。隣の新国立劇場情報資料室はよく利用しますが、このギャラリーに入場したのは初めてです。

アートギャラリーで、なにやら建築関係の展覧会があるらしいというので行ってみたのですが、なんと、夏にここでとりあげた「せんだいメディアテーク」を設計デザインした人の展示でした。

私としては「かなり」楽しい展示で、会場で思わず「おおおっ!」と声を漏らしてしまいましたw 途中、靴を脱いでインスタレーションを見て回ります。それがとっても楽しかったwww

彼の設計史のコーナーを見てたら、メディアテークだけでなく、銀座や原宿など遠くから面白いなあと思って、写真を撮ったビルもこの人の作品でした。どうやら、私の好みの建物にこの人の作品が多いらしい。

展示はとにかく模型がたくさんあって、間近に見られるのが楽しい!とっても精巧に作られてて、小さな人間に顔まで作ってある。素晴らしいですよぉ。

新宿方面にお出向きの際には、是非ぜひ!!! クリスマス・イブまでやってます。

ちなみに、ぐるっとパスを使えば、割引ではなく入場できます。大人1000円の入場料なので、これはお得。(ぐるっとパスは2000円。すでに多摩動物公園で600円分と併せて、1600円消化!あと何件美術館に行けるかな?)

またマウントが増えちゃった。。。 オリンパス M-1

2006_11_12_olympus_m1_001_022006_11_12_olympus_m1_001_03

2006_11_12_olympus_m1_001_05

2006_11_13_olympus_m1_001_142006_11_13_olympus_m1_001_152006_11_13_olympus_m1_001_202006_11_14_olympus_m1_001_34 2006_11_13_olympus_m1_001_22

2006_11_13_olympus_m1_001_29

ペンスケッチ展参加者の中で、OMマウントの嵐が吹いていました。が、私には関係ないと思ってました。ニコン、ミノルタ、ペンF、エキザクタ、LにKと既に6種類ものマウントがあるし、これ以上増やすことはないだろうと。。。でも、増えちゃいました(爆)。

伯父から「デジカメしか使う機会がないから、使う?」と連絡があり、使う使うと気軽に返事をしたら、(O)Mシステム一式がやってきました。白黒用のカラーフィルターや交換用アイピース、フード、レンズケースなどOMグッズ満載www 本体はMで標準レンズもM。広角28ミリと望遠135ミリはOMでした。たぶん伯父さんが初めて自分のお給料で買った一眼レフだと思うので、私も大切にせねば。。。ちょっと緊張するwww さすがに水銀電池は切れていたので、電池アダプターを購入、電源を入れたら露出計も動いています。ラッキー!

さっそくポジを入れて、試写。露出とスピードを変化させて同じ風景を撮ってみたりしましたが、違いの見分けがつかないので速度も出てるみたいです。これもラッキー!!OMって、シャッター幕だったのね。使うまで知りませんでしたwww

標準レンズ、光に透かして見るとうっすら曇っている気がするんですが。。。これって、オリンパスのレンズに良く出るという曇りなのでしょうか。。。カメラ屋さんに見てもらったら、カビではなくて中の曇りでこれぐらいなら写りにはほとんど影響しないと思うけどと言われました。こういうのって、どうしたらよいのだろうか。。。試写では強い逆光で撮らなかったのもあるけれど、見た目には曇りの影響は感じられませんでしたが。。。何かアイデアがあったら、教えてください。

試写をアップしちゃいますです。最後のバービーちゃんが気に入ってますwwwショーウィンドウを写した割には上手く撮れた!それにしても、日本は気が早い。すでにメリークリスマスって。。。サンクス・ギビングスも終わってないのに。。。

秋だなあ ホルガ 120N

2006_10_20_holga_008_022006_10_21_holga_008_042006_11_03_holga_008_082006_11_03_holga_008_092006_11_05_holga_008_12

ホルガで撮ったら、すっかり秋の日差しなのだなあと実感。10月末から11月初めに渡って、チョコチョtコと撮った写真。期限切れのプロビア100Fですが、暗いのなんのって。

周辺もかなり落ちました。1/100のF11弱のカメラだから、この時期になったら、ISO100よりも160や400など感度の高めのフィルムの方が明るく写りそうです。

とはいえ、覗き写真みたいなトンネル効果もここまで派手ならかわいく見える。(でもないか。。。)とりとめもない写真ですが、アップしちゃいます。

多摩動物公園 その3 アグフア オプティマIIIs

2006_11_07_agfa_optima_iiia_003_02006_11_07_agfa_optima_iiia_003_042006_11_07_agfa_optima_iiia_003_062006_11_07_agfa_optima_iiia_003_082006_11_07_agfa_optima_iiia_003_112006_11_07_agfa_optima_iiia_003_162006_11_07_agfa_optima_iiia_003_182006_11_07_agfa_optima_iiia_003_202006_11_07_agfa_optima_iiia_003_232006_11_07_agfa_optima_iiia_003_24

性懲りもなく、動物園が続きます。今日は、まだ登場していなかったカメラの登場です。アグフアのオプティマIIIsという、ちょっと前のレンジファインダー。距離計付ですが、コダック・シグネット35みたいに、キリッとシャープにピントが来ることはなく、ポワっと厚ぼったく写ります。(それも好きです。)

人気のあるコンパクトなオプティマシリーズとは全然違って、ゴロンとした金属の塊。カメラ自体にはストラップをつけるカンもないので、専用の茶色い革ケースに入れて首からぶら下げます。これが驚異的に重い。

デザインは1961年ものということもあり、とってもお洒落で、「時計仕掛けのオレンジ」とかにも出てきそうな雰囲気。ニコンが「オート35」を作るときのお手本にしたって言うほど、カッコイイです。

撮影はセレン?露出計が付いてるので、電池を入れなくてもしっかり明るさを判別してくれるのはうれしいですが、とにかく重い。重い。重い。ズシっと来るんですねぇ。。。

これは、昨年末、アグフア・フィルム終了ってことで、アグフアをアグフアで撮りたいなと思ったのと、書き物進まずでストレス発散の衝動買いが相俟って、購入したもの。去年最初に撮ったのも、そういえば動物園(上野)でしたねぇw コニカミノルタやアグフアヴィスタでも撮りましたが、今回はアグフア・ウルトラを入れてみたので、ウェブ上にアップしてみます。やっぱり、アグフアらしさが良く出るような気がしますw 気のせいかな?!

多摩動物公園 その2 ミノルタフレックスIIb

2006_11_07_minoltaflex_001_09_12006_11_07_minoltaflex_001_122006_11_07_minoltaflex_002_022006_11_07_minoltaflex_002_072006_11_07_minoltaflex_002_082006_11_07_minoltaflex_002_112006_11_07_minoltaflex_002_12

最近、自分の中で中判(ブローニー)が来てますw 主にホルガやフジペットと玩具系ブローニーを使っていますが、ここはやっぱりピントあわせが出来るカメラも使いたいところ。修理から帰ってきたまま、ずっと撮らず置きっ放しになっていたミノルタフレックスに今月ついに、フィルムを通しました。

先週末に期限切れリバーサルを入れてみましたが、正しいフィルムの進め方をすっかり忘れてしまい、修理をお願いしたお店に電話して、使い方を聞きました。(恥)(フィルムのスタートマークを合わせたら、巻き取りノブの中央ボタンとその下のボタンを「同時!」に押す。私は同時に押さなかったので、カウンターがゼロに復帰しないしカウントせずにズルズル最後まで巻けてしまっていたwww)使い方が分かったので早速使いました。一本目は期限切れポジ、二本目は新品の白黒です。

この日はフードを持っていかなかったので、逆光気味の斜光で撮った写真には、しっかりとフレアとゴーストが出ましたw なんせ1952年頃のレンズですから、こういう光には弱いらしい。ミノルタ35のロッコールも似たような現象が出るので、しょうがないんだろうな。フードを着ければ軽減すると思います。

順光ではほとんど問題なく撮れたと思います。ピントもよく来る(^^)v

この二眼レフを抱えて写真を撮っていたら、遠足で来ていた小学生の男子の声が。。。(カメラ?! すげぇ~!) オバサン、思わずニヤリ。ちょっと優越感! 男の子は機械、好きなんだなぁ~と思った瞬間でした(笑)

多摩動物公園 その1 フジカハーフ

2006_11_07_fujica_half_004_00

2006_11_07_fujica_half_004_01

2006_11_07_fujica_half_004_02

2006_11_07_fujica_half_004_03a

2006_11_07_fujica_half_004_04a

2006_11_07_fujica_half_004_07a

2006_11_07_fujica_half_004_11a

2006_11_07_fujica_half_004_09a

2006_11_07_fujica_half_004_12a

2006_11_07_fujica_half_004_14a2006_11_07_fujica_half_004_152006_11_07_fujica_half_004_17

2006_11_07_fujica_half_004_01a_1

 

          

先日、初めて多摩動物公園に行ってきました!実は、夏前にも行ったことがあるのですが、その日は、駅に降り立ってから休園日だと知り、改札を出ずに引き返しました。今回はとってもお天気が良かったので、こりゃあエエと勢い勇んで出かけたのでしたw

お天気は良かったのですが、風が強くって目にゴミが入りまくりましたが、風にも負けず、ゴミにも負けず、パチパチパチリと写真を撮りまくってきました。

しかし、この動物園、多摩の丘と傾斜を利用して作られているため、一周回るだけでもかなり、足に来ます。。。数台のカメラを担いでいたので、ちょっとキツかったかな。。。それに斜面に動物が居るので、太陽が動くと日陰になってしまう位置もあり、サル山などは先に行けば日が当たってたのに。。。と思ったり。

カメラは久しぶりのフジカハーフ。フジカだからフジを入れようと思って、ベルビアを使ってみました。やっぱり、相性はいいみたいです。ニコンよりも、この古カメラの方がしっくり来るって如何なものかとも思いますが。。。明るめにスキャンしたので、画面上では少し飛ぶかもしれませんが、ポジスリーブ上ではしっかりした色が出てます。やっぱりフィルムって同じフィルムメーカーのレンズと合うんでしょうかねぇ?!このカメラ、露出が明るめに設定されている(あるいはオーバーになっちゃってる)ので濃いフィルムが合うだろうという「勘」がバッチリ当たった今回でした。一本で80枚ぐらい撮れたので、後ほど同じポジからの写真を掲載する予定ですw

秋だ。秋だ。 ニコンF80s

2006_10_21_nikon_f80s_059_032006_10_21_nikon_f80s_059_062006_10_21_nikon_f80s_059_072006_10_21_nikon_f80s_059_132006_10_29_nikon_f80s_059_322006_10_29_nikon_f80s_059_342006_10_29_nikon_f80s_059_352006_10_29_nikon_f80s_060_012006_10_29_nikon_f80s_060_092006_10_29_nikon_f80s_060_112006_10_31_nikon_f80s_060_28 

2006_10_30_nikon_f80s_060_16                                                                                                                                        半袖を着ていたと思ったら、朝晩、急に冷え込むようになってきました。東京の外れに住んでいるので、都心よりぐっと冷える気がします。今朝はフリースを出しました。

気温の高い日が続いていたので、街路樹や花たちもどうしたらいいのかわからなくなってるのでは?青々していた葉っぱが紅くなり、ポトポト落っこちたりしています。パチパチと撮ってみましたが、季節的に何か妙なものもありましたw 

フィルムは、上から瓢箪までがコダックHD400、後半はアグフア・ヴィスタ100です。ヴィスタって、やっぱりウルトラとよく似た色が出るようです(*^^*)

簡単カメラは難しい! フジ クリアショットU

2006_09_26_clearshot_u_005_132006_09_28_clearshot_u_005_10_12006_09_28_clearshot_u_005_082006_09_28_clearshot_u_005_052006_09_28_clearshot_u_005_032006_09_28_clearshot_u_005_012006_09_28_clearshot_u_005_02006_10_05_clearshot_u_006_062006_10_07_clearshot_u_006_052006_10_07_clearshot_u_006_042006_10_07_clearshot_u_006_032006_10_07_clearshot_u_006_022006_10_07_clearshot_u_006_0

                                                                        

              

                        

何事も根気がなくてなかなか続かないのだけど、よくまあ一年も写真熱が続いてるもんです。いろんなカメラに手を出し始める発端になったのがこのカメラといっても過言ではない、かな?

コンパクトデジカメで散歩写真を撮ったら楽しかったので、気軽な気持ちで「久しぶりにフィルムで写真を撮ろう」、「安い簡単フィルムカメラを買おう」ってことで最初に買ったのが、クリアショットU。量販店でフィルム付3000円ほどでした。これを持って、ぶどう狩りに行ったり、新宿の街撮りなんてやってみたら楽しいけど「それなり」に写り過ぎ、実家から古カメラを送ってもらう羽目になったのでした。

フィルムで撮ろうと思った頃は、アグフアもコニカミノルタも撤退を発表してなかったし、ニコンだって元気でした。私のラブコールから逃げるように皆さん「辞める宣言」をなさいまして、困ったもんです。

一月ほど前、久しぶりにこのカメラを取り出して写してみたのですが、結構難しいってことが発覚。11月の今なら問題ないと思いますが、まだ日差しが強かったので晴天の日中にISO400フィルムを使うとかなりオーバーで粗くなりました。その代わり、400を入れても一速一絞り(1/100秒、F8)なので、暗いところでは暗い(当たり前か。)その為用にフラッシュが付いてますが、お店などではフラッシュは使いたくないし。。。ホルガよりも微妙に明るい設定が(3/4絞りぐらいか?)光を選びます。

考えたらこの設定ってまるっきりトイカメラ!昔の子供向けのカメラなども大体1/100秒、F8ぐらいではないかと思います。焦点距離が33ミリフルサイズと広角気味だし、フジのレンズだからよく写りますが、トイカメラのまとも版、写るんですの使い捨てない版です。

天気と光を見て適正なフィルム選びが出来れば、意外に楽しめるかしら。。。(このカメラにはフジヴィーナス800のネガフィルムが同梱されていた。)これも、勉強が必要なのね。ううううう。

私だって…ガーリーフォト(爆) ニコンF80s

2006_07_20_nikon_f80s_015_010012006_07_20_nikon_f80s_015_020012006_07_20_nikon_f80s_015_030012006_07_20_nikon_f80s_015_040012006_07_20_nikon_f80s_015_050012006_07_20_nikon_f80s_015_060012006_07_20_nikon_f80s_015_07001

またしても夏に撮った写真です。あしからず。

考えてみたら、私の写真って女の癖に鉄道とか車とか風景とか男性っぽい題材が多い!(爆) まあ、豪快なオバハンですから、仕方がないといえば仕方ないのですが、たまには女の子っぽい写真も撮ってます(*^^*)という自己主張として、アップしちゃいます。オバハンが女の子ってのも如何なもんかと思うけど、気にしない気にしない(笑)

これは、原宿裏通りのカフェで新進気鋭のイラストレーター・みやしたゆみさんの個展が行われていた時に撮ったもの。とってもかわいい彼女の作品が棚にちらっと写ってます。作品そのものを写すのは憚られたので、店内を撮らせてもらいました。

しかし、AFカメラでこういうモノをアップで撮るのは難しいのかしら。ピントが合ってないような。。。やっぱり、ある程度オートフォーカスで合わせた後、マニュアルで焦点を決めた方が良いんでしょうかねぇ。思ったところにピントが来ないで写しちゃってる感じです。

それよりも、お茶飲む前に写せばいいのに、カップが空っぽになってから写してるし。。。ガーリーフォトの修行が足りないようです。もうちょっと精進精進。

またこういう写真にも挑戦したいと思いますです。ハイ。

夏のピーピング・トム(*^^*) 京セラ サムライZ

2006_08_31_samuraiz_004_07a2006_08_31_samuraiz_004_08a2006_08_31_samuraiz_004_112006_08_31_samuraiz_004_12a2006_08_31_samuraiz_004_142006_08_31_samuraiz_004_26

                        

                                                       

                               

                           

                                  

                     アップ用の写真を探していたら、夏の終わりのサムライ、まだアップしていないことに気づきました。実は大失敗。ちょっと笑えるので、アップしてしまいます。

久々にサムライZを使うので、「そうだ、フードを使えばキレイに写せるかも?」と思ったのが、間違いの始まり(苦笑)でした。このカメラ、露出が明るめなので夏の明るい日差しの中だとかなりハイキーな写真になるのです。レンズフードを使えば、少しは余分なヒカリをカットできるのではと思ったわけですが。。。

前半はフードなし、あるいはズームの望遠側で撮った写真。ハイキーでしょ?これ、オート使用で露出の調整をしてません。普通に撮るとこんな感じになりがちです。(若干は天気によりますが。。。)

2006_08_31_samuraiz_004_212006_08_31_samuraiz_004_27a2006_08_31_samuraiz_004_28

                              

                        

                   

                        途中から、43ミリ径の標準用汎用ゴムフードを着けたら、ケラれました(爆)このカメラのレンズ、短い側がこんなに広角だったとは気づいてませんでした。(見りゃあわかりそうなもんなのに、アホ!)

トンネル効果っていうよりも「覗き」効果になっちゃって、なんかヤラシイwww

最後の2枚は、新宿地下街のショーウィンドウなのですが、なぜこんなのを撮ったのか?実は、ディスプレイされているのは、ロウソク。

ウサギやキノコの形の可愛いキャンドルなのですが、気温とライトの熱さでほぼ全部、ぐにゃりと倒れてるんです。これがかなり可笑しくてwww もっとアップで撮っとけばよかった。失敗ですが公開しちゃいます(爆爆)デバガメ写真っすwww

リコーGR1sで試写 Ricoh GR1s

2006_10_18_gr1s_192006_10_18_gr1s_18

2006_10_21_gr1s_03

2006_10_21_gr1s_052006_10_21_gr1s_08 2006_10_21_gr1s_16

2006_10_21_gr1s_09

2006_10_21_gr1s_17

中古カメラ屋さんや雑誌でいまだに人気の高いGR1s。これを貸していただくという幸運に恵まれたので、R1で相性の良かったコニカミノルタセンチュリア400のフィルムを入れて撮ってみました。

初期型のR1が気に入っているので、上級機のGR1sやGR1vにはかねてからモノスゴク憧れていて、購入を検討していたので、買う前に試写できたのはとってもありがたいことです。だって、人気機種は高いですからねぇwww

さて、使ってみた感触は?私にとっては、とっても微妙でした。R1への慣れがあり、同じ系譜だと思っているから、全てにおいて違いが気になってしまったのです。。。作られた年代が違うし、上級機なのだから違って当然、違わないと可笑しいのですが。。。

まず手に持った感触が随分違う。GR1sの方がほんの少し厚みがあり、重い。外装がツルっとしてなくてザラザラした感じ。あくまでR1を意識しているから感じることなのですが、これらの違いって、かなり違ったカメラだという印象を持ちました。

そしてシャッターを切った感触は。。。似ているけど違う。R1もジーと巻き上げ音がしますが、こちらはジィーとおっとりした音。上級だからお上品なのかなwww

撮影しながら気になったのは、ダイアル。段階露出が出来たり、露出調節が出来るようにてっぺん部分にダイアルがついているのですが、こういうAFのコンパクトを使用する際、自分に必要なのだろうか。。。と思ってしまいました。下手をすると意図しない時に動いてしまいかねない。(実際、ニコンの一眼はよく気づかないうちにズレて失敗します。)以前読んだ雑誌でGR1sはプログラムモードしか使わないので、テープで固定しているという人の気持ちがわかりました。

写した感じはR1よりもほんの少しさらに広角な感じです。周辺はやはりすこしトンネルが出来る感じでした。R1よりもずっとしっとりと落ち着いた感じで、光の計り具合が違うからか明暗がある風景も捉えてくれてます。そのあたり、やはり進化しているのね。

とはいえ、私みたいなトイカメラっぽいのが好きな人としては、こんなにそつなく写してくれなくてもいいよって気もして。。。へそ曲がりです(爆)というわけで、憧れていたGR1s君は元のお家に帰っていきました。要するにこんなに高価なカメラは私には似合わないなあと感じた次第です、ハイ(爆)

R1に慣れてしまうと、R1の手触りが良い。GR21という人気で高価な超広角も必要なさそう。どこかでR1の色違いでも見つけて、パノラマ枠を外し広角24ミリで遊ぼうかな(爆)

八周年だって! バラその3 ニコンF80s

2006_10_21_nikon_f80s_058_282006_10_21_nikon_f80s_058_292006_10_21_nikon_f80s_058_302006_10_21_nikon_f80s_058_312006_10_21_nikon_f80s_058_322006_10_21_nikon_f80s_058_342006_10_21_nikon_f80s_058_362006_10_21_nikon_f80s_058_35

一応、お祝い事って事で、もう一回バラで行きます。

ここのところ、写真、撮れていないので、ネタがないってのもありますが。。。

それにしても花の種類ってたくさんあって、名前が覚えきれません。ブログにも載せられません。覚えきれないもんねぇ。。。

ハチネンモタエタダンナハエライ。アトゴバイグライヨロシク!ハハハハハ。

新宿御苑 バラ2 ニコンF80s

2006_10_21_nikon_f80s_058_162006_10_21_nikon_f80s_058_172006_10_21_nikon_f80s_058_192006_10_21_nikon_f80s_058_202006_10_21_nikon_f80s_058_212006_10_21_nikon_f80s_058_222006_10_21_nikon_f80s_058_242006_10_21_nikon_f80s_058_252006_10_21_nikon_f80s_058_27

スキャンの色がどうのこうの言う以前の問題で、どこにピントが合ってんのかよくわからない写真がならんでますが。。。

まあ、いろんなバラがあるのねぇ、ってなことで許していただくとして。。。

たくさん撮ったので、まだ引っ張ります。(新作がスキャンできてない!)

新装開店一周年 バラその1 ニコンF80s

2006_10_21_nikon_f80s_058_092006_10_21_nikon_f80s_058_102006_10_21_nikon_f80s_058_112006_10_21_nikon_f80s_058_122006_10_21_nikon_f80s_058_132006_10_21_nikon_f80s_058_142006_10_21_nikon_f80s_058_15

写真やカメラの話題を中心にブログを展開するようになって、早一年。随分とブランクのあった写真撮影ですが、この一年間、カメラも増えたしフィルムもたくさん使ったように思います。カメラもこれだけ増えると、出番の多いのとそうでないのが顕著になってきます。そろそろ少し整理しなきゃならない時期かな。。。なかなか出来ないことですが。。。

今回は、初夏に仲間入りしたのにおそらく一番フィルムを通しているニコンF80sに生産終了したベルビアを入れて秋のバラを撮ってみました。ベルビア、ISO50が一般の人には使いにくいのか昨年末に生産終了した割にはまだ店頭に並んでおり、今回私が購入したものは期限切迫で8本入りが半額というもの。(相変わらず、ケチケチ写真です。)高級なリバーサルのはずですが、1本300円未満のお手軽価格だったので見逃せず、買ってしまったので、せっせと撮るしかありません(爆)

新宿御苑が秋のバラの時期を迎えたということだったので、カメラを持って出陣。実は春にもバラを撮りに行ったのですが、その時はけっこう痛んでいる花が多くて撮るのに苦労しました。今回はお花は痛んでおらず、とってもキレイでした。ただ、出かけたら光の具合がイマイチ気に食わなかったのが残念ですけど。。。レンズはニコンUsにセットされてた28-80ミリ標準ズームGレンズだけで、花びらがキレイじゃないと撮れないから、ここぞとばかりに花をドーンとセンターに置いて日の丸写真をいっぱい。バラの色によって露出補正を変えればよかったのでしょうが、面倒なのでプログラムオートでパシャパシャ撮っちゃいましたw

以前他のカメラでベルビアを使った時に超アンダーなポジになったので、今回は最初からすこし露出をプラスして撮ってみました。その分、少し明るくなったかな?でも、ウチのスキャナでいつもの設定で読み込んだらキレイな色が出ない。。。赤い花びらなど飽和しまくって赤い塊になってしまう。ということで、今回は自動露出をやめて初めての設定でポジを読み込みました。ですから、皆さんのPCでどういう色が出ているか、予想がつきません。へんてこな色になってなきゃいいのですが。。。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »