2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヨーロピアンな色あい ニコンF80s | トップページ | フィルム、フィルムというけれど リコーXR-7 »

懐かしい風の風景 ポラロイド1000

2006_07_14_sx70_1000_002_03_12006_07_17_sx70_1000_002_042006_09_16_sx70_1000_002_102006_09_16_sx70_1000_003_032006_09_16_sx70_1000_003_042006_09_16_sx70_1000_003_05

                           SX-70 Film

2006_05_sx70_1000_001_01_1

2006_05_sx70_1000_001_02

                                                                                                 Polaroido 600 Film+ND4

                                                                                                                                                                                                                                                      最近、ポラロイドにハマっています。その場でジワァーっと画像が出てくる感じが、暗室でプリントしている時と同じくかなり楽しい。ここ十年ぐらいの最近の機種は中古品とはいえほとんど使われていないので、大抵の場合問題なく動きます。自動露出やAFの機能も壊れている事は稀。少なくとも90年代のコンパクトカメラよりはジャンク箱に入ってても壊れてません。
また、街の写真屋さんやドンキなどでは新品が売れ残っていることも。オークションやポラロイドをメインに扱っている雑貨屋系のお店で(中古で)1万円ぐらいするカワイイ機種も斬新なデザインがアダになって売れず、2000円以下で買えたりします。
今、異常に人気の高い680/690SLRやSX-70などは高い上に状態の良いのがなかなか手に入りませんが、BOX型は見た目もカワイイから飾れるし、使えるし、楽しいです。

このカメラは春にジャンク箱から315円で救出してきたポラロイド1000。白地にレインボーラインが入った超普及機。もっともポラロイドらしいBOXだと思います。SX-70フィルム仕様なのでフィルムの販売終了とともに捨てられたみたい。

このクラスのカメラになると30年物ですから、cds露出が怪しくなります。私のも少々オーバー気味。でもそれが功を奏するのか現行の600フィルムを入れても白っぽく画面が飛んで、SX-70っぽい雰囲気を醸し出してくれます(爆)
600フィルムを入れるにはNDフィルターを装着する必要があるので、中古のフジカ8用を購入。口径がレンズ枠とほぼ同サイズなので、両面テープで枠に貼り付けて使用します。SX-70フィルムを使う時は、ペリっと剥がして使えばOK。少々ネバネバが残りますが、在庫のSX-70を使い終わったらNDフィルターを付けっぱなしにせねばならないのだし、ヨシとします。

低感度のゆっくりシャッターなので、撮影は光の量にものすごく左右されます。一度にキレイに撮るのは至難の業(爆)アーケードなど暗めの場所ではシャッタースピードが遅いので、手ブレします。出来るだけ晴れた屋外で撮るのがいいみたい。
そしてぐっと絞る!絞らないと白~く飛びますwww

春から撮り貯めた中から、なんとか成功したものを中心にアップしました。おウチや会社で眠っているポラがあったら、使ってみませんか?

« ヨーロピアンな色あい ニコンF80s | トップページ | フィルム、フィルムというけれど リコーXR-7 »

コメント

いいかんじ、いいかんじ。
青み、黄色みのもやっとした独特の発色が出てますね。

1枚目のペンギンさんが、空を飛んでいるようにも見えてメルヘンです。
遊歩道のガードがある路地裏の風景もグッド。

ただ、最後の2枚の額縁は???
写真が壊れちゃうかんじ、、、、、。

へへへ。(^^)v

これで撮ると、昔懐かしいようなポラロイドになるのが気に入ってます。

ペンギンは、構図としては(たぶん)まったくもってよろしくない!んですが、この微妙な空間がとっても気に入ってしまいました。
偶然の産物かな。よく見ると5匹のラインが十字を切っていて、そんなに不安定でもないのかな?まあ、そんなことはいいや。
カラーコピーで大きく伸ばして部屋の壁に貼って、毎日楽しんでます。
遊歩道の金太郎さんは、通りすがりに目に入り、二歩ほど通り過ぎたのを戻って、しゃがみ込んで撮りました(笑)もうちょっと上まで入れたかったんだけど、ちょっとずれた。。。

最後の2枚はキャンペーンのフレームです。年に一度くらいキャンペーンで柄入りが出て、最安値で売られるのです。レゴならかわいいかな?と思って買ったのですが、風景とかを撮るとうるさい。
まあ、この2枚はNDフィルター装着テスト用だったのでヨシとします。人やペットをフラッシュで撮る時なんかにいいみたいです。
日本では未発売ですが、アメリカでは今の時期、ハロウィーン用のカボチャ柄入りが売られていて、お化けの仮装した子供たちを撮ったりすると、かなりカワイイ!
でも、こういう遊びのあるものは、使い方が難しいので、現在は白枠のみ使用してます。はい。

あちゃ~、フィルム枠にプリントされていたわけですね。
それは不可抗力か。
僕はつくちゃんが、茶目っ気を出してフォトショップであとから加工したのかと思った。
そんな、意味無い、面倒なことはしないか、うん。

ポラロイドは、仕上がり自体がまったりしてるんだから、枠のプリントももっとトーンを押さえれば良いのになぁ。。。
スナック菓子のなかの”アタリ”みたいに、時々おまけが混じってるってのも、なんかアメリカ人らしい仕掛けですね。

日本人じゃ、フィルムの性能がどうとか、そんな無駄なことするなら価格を安くしろとか、、、、。
エコノミックア○マル的な発想になっちゃうのかな。

いずれにしても、やっぱりポラロイドだ~!みたない感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119744/12290349

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい風の風景 ポラロイド1000:

« ヨーロピアンな色あい ニコンF80s | トップページ | フィルム、フィルムというけれど リコーXR-7 »