2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新宿夕景 リコーR1 | トップページ | 秋祭りも一段落 リコーXR-7 »

渋谷区の商店街 リコーYF-20

2006_09_19_ricoh_yf20_002_10

2006_09_19_ricoh_yf20_002_112006_09_19_ricoh_yf20_002_13

2006_09_19_ricoh_yf20_002_14

2006_09_19_ricoh_yf20_002_15

2006_09_19_ricoh_yf20_002_16

2006_09_19_ricoh_yf20_002_18

2006_09_19_ricoh_yf20_002_19

2006_09_20_ricoh_yf20_002_21

2006_09_20_ricoh_yf20_002_222006_09_20_ricoh_yf20_002_23

今週は、お出かけ続き。写真展の会期中だったり、昔のお仕事のヘルプだったりと、バタバタしていて、更新をサボってます。。。とりあえず、通り道を歩きながらパチリしたものをアップ。こういう店だけ並べると渋谷とは思えないよなあ。。。麻生外務大臣宅のすぐ近くなんですけどねぇ。。。この理髪店では、つい最近ドラマのロケをしてました。

雨も降ったりして、なかなか写真を撮れないでいますが、最近はいわゆるカメラ好きな人が手を出しそうも無い、「ダサいカメラ」にフィルムを詰めていることが多いです。このカメラもその一台。お正月過ぎの頃、オークションで100円かそこらで入手したジャンク系。ASA感度を合わせ押すだけの固定焦点、電池巻上という何にも出来ないカメラ。発売が1987年と、なんとまあ微妙なw 約20年前です。前年に「写るんです」が発売されたりして、押すだけで簡単、キレイに撮れるカメラが続々と登場した頃かな?

送られてきたカメラに電池を入れたら、ウィーンウィーンと巻き上げモーターが回りっぱなし。うるさいうるさいw 何度か電池の抜き差しをして、本体を平手打ち!してみたりしていたら、とりあえず静かになったので春に一本フィルムを通しました。その時、画像がそんなにキレイに思えなかったので、しばらくお蔵入り。本棚に放り込んでました。

最近、カメラが増えすぎたし、またウィーンウィーン言ったら、捨てちゃおと思って電池を入れたら、静かでおとなしい。。。どうやら機械も人間の気持ちが分かるらしく、捨てられたくはないらしいw 半年振りにフィルムを入れて持ち歩いてみました。それが、これ。

決してシャープな画が撮れる訳ではないけれど、何も考えずにシャッター切るだけでイイのはある意味、魅力的。飲み会にも連れてゆきフラッシュ撮影したけれど、その場の雰囲気を残すには十分でした。この辺りの機種はバブル期に2万円ぐらいしたんですから、それなりに写って当たり前。とはいえ、今は送料あわせても500円位で手に入る。100円フィルムを詰めて、100円現像したら、レンズ付フィルムよりも遥かにお得です。

私のはボディが真っ赤で、角角してる。とっても80年代調なところも、今となってはレトロな気分。もっともダサく感じる時代のデザインが逆に新鮮だったりしてwww こうしてまたしても変なカメラ街道を突っ走ってしまうのでした。

おまけ 渋谷じゃないけど。。。花や木陰もこれぐらいには写せました。

2006_09_20_ricoh_yf20_002_27

2006_09_20_ricoh_yf20_002_28

« 新宿夕景 リコーR1 | トップページ | 秋祭りも一段落 リコーXR-7 »

コメント

いいよ、いいよ。
渋谷じゃない見たい。。。。

といってもこのあたりの人から言わせたら、今の繁華街の方が渋谷じゃないみたいっていわれるね、きっと。

大崎だって、渋谷、新宿、池袋だって30年、40年前はこんな感じだったロウと思います。

「3丁目の夕日」は東京タワーが出来た頃の銀座界隈の雰囲気をよく再現してました。やっぱり、写真には古い家並みの方が写るなぁ。。。

だって、ベテランの人が良く「写真は光と影を写すんだ」っていいます。
確かに、最近のあたらしい施設とかは、あかるすぎ。
バーとか雰囲気のあるスポットに行けば、絵作りは簡単だけど「絵がきれいになりすぎる」、まるで他の人が撮った様な感じ。

やっぱり昔カメラには、その時代にあった絵を撮らせてあげたいなぁ。

なんだか不思議ですよねぇ。。。
このお豆腐屋さんの正面には今人気のショコラの店があるし、
おしゃれなブティックもあるのに。。。
写真で切り取るとこんな風に懐かしい町並みになってしまう。

昔のカメラを使うと、ホントに懐かしい風景を撮りたくなるものですwww

はじめまして。
自宅からこのカメラが出てきて、以前使ったなぁと思い出しながら検索していて
こちらのページに立ち寄らせていただきました。
私もカメラが好きで、一時期ハーフのペンシリーズを買い揃えたりしていました。EESあたりがいまも好みです。
いまはデジカメが多いのですが・・・
このYF-20、ピントも固定でレンズも暗くて、カメラ好きの人は当時も今も見向きもしないと思うのですが、
晴れた屋外では十分きれいに撮れてびっくりしたのを覚えています。
ハーフのEE-3などと比べると、こちらのほうが写りは好みでした。
大柄なプラスチックデザイン、さわがしい巻き上げに1/125固定の頼りないシャッター。
でもなんとなく愛着があります。

ブログは更新停止中でしょうか?
また別のカメラの楽しい記事も読ませていただきますね。

のこのこさん
コメントありがとうございます。
一時、リコーカメラにハマりまくりまして、ジャンク箱でみつけたこのカメラでも撮ってみました。

最近は忙しく写真を撮りにも行っていないし、撮る時はお手軽にiPodで記録的にパチリとやってしまうので、なかなか更新できる状態にありません(^_^;)
放置状態なので、なんとかせねばなりませんねぇ。

ただ、ちょっと珍しいかな?と思うカメラの事を書いているので、閉鎖せずに置いてあります。
他のページもお楽しみいただけたら幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119744/12080801

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷区の商店街 リコーYF-20:

« 新宿夕景 リコーR1 | トップページ | 秋祭りも一段落 リコーXR-7 »